Create issue ticket

考えれる621県の原因 発作性高血圧

  • 褐色細胞腫

    合併症 発作または持続性の血圧、不整脈、耐糖能低下や糖尿病、高脂血症が 多くの患者でみられる。運動や食事などの刺激により急激に血圧が上昇する血圧クリーゼや心筋梗塞様発作も認める。悪性褐色細胞腫では多発の骨、肝、肺 転移、心不全、腸閉塞、重篤な感染症を合併することがある。 6.[nanbyou.or.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    ギラン・バレー症候群(ギラン・バレーしょうこうぐん、英: Guillain-Barré syndrome、以下GBSと記する)は、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。重症の場合、中枢神経障害性の呼吸不全を来し、この場合には一時的に気管切開や人工呼吸器を要するが、予後はそれほど悪くない。日本では厚生労働省の治療研究(難治性疾患克服研究事業)の対象となっているが、医療給付(難病医療費助成制度)の対象ではない。 1859年にフランス人医師ジャン・ランドリー(仏: Jean Baptiste Octave[…][ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    カテコラミンは血圧を上昇させるはたらきがあり、頭痛,発汗,代謝亢進,血糖を起こさせます。カテコラミンが持続的に放出されている場合は持続血圧を、発作的に放出される場合は、発作血圧を呈します。 持続性の高血圧では、高血圧の大多数(90%)を占める本態性高血圧症の症状と鑑別できないので、時々看過されていることがあります。[hokuriku-hosp.jp] 【解答群】 (1) 失神発作 (2) 気管支喘息 (3) 回盲部潰瘍 (4) 腎血圧 (5) 腹部大動脈瘤 【解答選択】 a (1)、(2)、(3) b (1)、(2)、(5) c (1)、(4)、(5) d (2)、(3)、(4) e (3)、(4)、(5) 目次 Q&A1 Q&A2 眼科問題 血液疾患 vW病 消化器関連の問題 血液疾患[e-resident.jp] 血圧脳症:激しい頭痛・悪心・嘔吐ではじまり、意識障害・痙攣 発作を生じる重篤な状態。アダラートをまず舌下で使用する。平均血 圧で30%前後の降圧を目標とする。アポプロンは意識レベルを低下させ るので使用しない。又ヒドララジンは脳血流を増加させるので好まし くない。 c.[ibaraisikai.or.jp]

  • 高血圧症

    表1 標的臓器 0 合併症 血圧 動脈硬化 脳 脳内出血 血圧脳症 脳梗塞 一過脳虚血発作 眼底 うっ血乳頭 網膜静脈血栓症 心臓 血圧心疾患 (左室肥大) (うっ血性心不全) 狭心症 心筋梗塞 腎臓 0 腎硬化症 血管 解離性動脈瘤 大動脈瘤 動脈硬化性閉塞症 高血圧治療の目的は単に血圧をコントロールする、下げるだけでなく[adachi.fukushima.med.or.jp] 血管が破けたり詰まったりして起こる病気の代表が 心臓発作 や脳卒中で、突然発症することも多く、緊急が高く、後遺症がのこる場合もあります。 血圧がひきおこす主な障害 血管は全身に存在しますので、その障害も全身におこります。障害は長い期間をかけ進行するので、症状が出た後では、元に戻すことは困難です。[xn--88jxbe6994azd5b.com] 通常の(全身の)血圧症と診断された場合は、動脈の側壁にかかる血圧が過度に高くなっているため、心臓発作や脳卒中のリスクが高い状態にあることになります。 肺高血圧症は高血圧症の一種で、肺に発症します。睡眠時無呼吸や慢性閉塞性肺疾患(一般にCOPDと呼ばれています)などの さまざまな要因 によって引き起こされます。[janssen.com]

  • 過換気

    「偽褐色細胞腫」として,発作に頭痛,胸痛,めまい,悪心,動悸,潮紅,発汗などの身体症状と,多くは200/110mmHgを超える血圧を呈するが,軽度のカテコールアミン上昇のみで画像診断上も褐色細胞腫が否定された21症例(連続700例の高血圧症例中)が報告され 706) ,その精神的背景が注目されている。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 急性過換気

    発作に頭痛,胸痛,めまい,悪心,動悸,潮紅,発汗などの身体症状と,著明な血圧上昇を呈する二次性血圧として,褐色細胞腫がある。褐色細胞腫の診断と治療に関しては別項を参照されたい。[minds.jcqhc.or.jp] 同様にパニック障害(パニック発作)や過換気においても,頻脈,動悸,頭痛,呼吸困難などの症状を伴った発作血圧上昇が認められる。パニック障害は血圧と相互に関連し,心筋梗塞や脳卒中など心血管病のリスクとなることも報告されている。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 家族性褐色細胞腫

    発作血圧があり、採血でノルアドレナリン、アドレナリンなどが上昇し再発が疑われました。 MIBGシンチでは、左腎上部から腎門内側に水滴状の集積、さらにその足方にも小さな集積がみられ、2か所に再発病巣が疑われました。手術で確認されました。 注射24時間後に撮影の画像。[hosp.ncgm.go.jp] また本態血圧を合併している方では血圧が残存するため、長期間の経過観察必要となります。 褐色細胞腫 症状 発作血圧、治療抵抗性高血圧、家族性の褐色細胞腫、高血圧 糖尿病、麻酔や外科手術や血管造影中の血圧上昇などが当てはまる方は、この病気が疑われます。 動悸、不安感、顔面の蒼白、頭痛などの症状が多く認められます。[juntendo-urology.jp] また本態血圧を合併している方では血圧が残存するため、長期間の経過観察必要となります。 (2) 褐色細胞腫 症状 発作血圧、治療抵抗性高血圧、家族性の褐色細胞腫、高血圧 糖尿病、麻酔や外科手術や血管造影中の血圧上昇などが当てはまる方は、この病気が疑われます。 動悸、不安感、顔面の蒼白、頭痛などの症状が多く認められます。[marianna-yokohama.jp]

  • 心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org]

  • レーノー現象

    拡張期血圧110mmHg以上の血圧の出現 頭痛、痙攣発作血圧眼底所見(K-W分類III以上) 血漿レニン活性の上昇、BUN, Creの上昇 蛋白尿、血尿の出現 抗RNAポリメラーゼIII抗体 さらに、強皮症腎クリーゼの45%にみられるとされる微小血管性溶血性貧血(Ann Intern Med 133:600,2000)の有無の確認([ryumachi.umin.jp]

  • 良性移動性舌炎

    その他、椎骨脳底動脈循環不全、一過脳虚血発作(TIA)、低髄液圧症候群、パーキンソン病、起立調節障害(立ちくらみ)、貧血、 不整脈、血圧、低血圧、糖尿病、更年期障害、自律神経失調、心因性めまい、パニック障害 などめまいを起こす病気は多数あります。 注意していただきたいこと ・めまいで圧倒的に多いのは耳鼻科領域のめまいです。[imaizumi-cl.com] 血圧、血管炎、 CO中毒 の血管拡張等の血管由来、⑤副鼻腔炎、緑内障発作、 ヘルペス 等頭蓋外由来の四つの病態を鑑別します。[ohashinaika.jp] 結核 などの細菌、 サイトメガロ やEBなどのウイルス、 アメーバ などの原虫感染等、抗生剤やNSAIDs、PPIなどの 薬剤性腸炎 、炎症性腸疾患や アミロイドーシス 、 好酸球性腸炎 や膠原病、血管炎などの全身疾患に伴うもの 頭痛 ①くも膜下出血、脳出血、脳浮腫、脳腫瘍等頭蓋内圧の上昇のよるもの、②髄膜炎や脳炎、静脈洞炎、血栓等の炎症[ohashinaika.jp]

さらなる症状