Create issue ticket

考えれる6県の原因 発作性高血圧

  • 褐色細胞腫

    合併症 発作または持続性の血圧、不整脈、耐糖能低下や糖尿病、高脂血症が 多くの患者でみられる。運動や食事などの刺激により急激に血圧が上昇する血圧クリーゼや心筋梗塞様発作も認める。悪性褐色細胞腫では多発の骨、肝、肺 転移、心不全、腸閉塞、重篤な感染症を合併することがある。 6.[nanbyou.or.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    QLifePro 医療ニュース 医療 ギラン・バレー症候群に対する医師主導治験結果発表、新規治療の可能性示唆—千葉大ら 2018年04月25日 PM12:45 重症患者の治療が困難なギラン・バレー症候群 日本医療研究開発機構( AMED )は4月23日、千葉大学病院が重症のギラン・バレー症候群の患者に対し、ヘモグロビン尿症等の治療薬として市販されているエクリズマブを投与する臨床試験を行い、その結果を発表した。この研究は、同大大学院医学研究院・神経内科学の桑原聡教授、近畿大学内科学講座・神経内科部門の楠進教授らの研究グループによるもの。研究成果は、国際医学雑誌「The Lancet[…][qlifepro.com]

  • 子癇前症

    また、妊娠中の脳梗塞の発生率は10万対で4.3だが、その4割もやはり子癇や妊娠血圧腎症に続発するものである。また一過盲が見られ、一過性脳虚血発作も起きているものと考えられる。 従って、子癇と診断された患者に後になって脳出血が発見されたとしても、それのみを以って誤診と決め付けることはできない。[ja.wikipedia.org] 間代痙攣:間歇的痙攣、瞳孔散大、チアノーゼ、これらが1分程度続く。 昏睡期:痙攣発作やチアノーゼはおさまるが、顔面浮腫、いびきを伴う昏睡 妊娠血圧症候群患者の約1%にみられる。妊娠子癇が50%、分娩子癇と産褥子癇が50%程度である。先進国においては、分娩全体の0.05%に起こる。貧困層あるいは発展途上国ではさらに高い。[ja.wikipedia.org]

  • 狭心症

    発作時には、ニトログリセリンなどの即効を有する薬を服用し、発作を鎮めます。日常的には、禁煙、肥満解消、血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの予防が治療の1番の近道です。 薬物療法 冠動脈や末梢の血管を広げて血圧を下げ、心臓の負担を軽減するニトログリセリンなどが主に処方されます。[cmedicalcenter.net]

  • 心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状