Create issue ticket

考えれる5県の原因 発作は熱を伴うことが多い

  • 熱性けいれん

    熱性けいれんについて 熱性けいれんは生後6か月から5歳までに起こり、伴ったけいれんが起こります。頻度は20 30人に1人程度、発作の時間は5分以内におさまることが多く、後遺症などは基本的にはありません。 けいれんが起こった場合、非常に慌ててしまいますが、冷静になることが大切です。[genkikids-clinic.com]

  • 概要高IgD症候群

    検査成績 白血球は増加するが細菌感染症と異なり,核左方移動はなく,プロカルシトニンも上昇しない.CRP,血清アミロイドAの上昇を伴うことが多く,発熱発作が繰り返される場合は,間欠期にこれらは陰性化する.[kotobank.jp] 各論 1)家族性地中海 (familiar Mediterranean fever:FMF)(右田ら,2011)(表10-21-2): インフラマソームの働きを抑えるパイリンの異常で発症する.典型例では突然高熱を認め,半日から3日間持続する.発熱間隔は,4週間ごとが多い.随伴症状として漿膜炎による激しい腹痛や胸背部痛を訴える.胸痛によって[kotobank.jp]

  • TNF受容体関連周期性症候群

    検査成績 白血球は増加するが細菌感染症と異なり,核左方移動はなく,プロカルシトニンも上昇しない.CRP,血清アミロイドAの上昇を伴うことが多く,発熱発作が繰り返される場合は,間欠期にこれらは陰性化する.[kotobank.jp] 各論 1)家族性地中海 (familiar Mediterranean fever:FMF)(右田ら,2011)(表10-21-2): インフラマソームの働きを抑えるパイリンの異常で発症する.典型例では突然高熱を認め,半日から3日間持続する.発熱間隔は,4週間ごとが多い.随伴症状として漿膜炎による激しい腹痛や胸背部痛を訴える.胸痛によって[kotobank.jp]

  • 熱痙攣

    熱性けいれんについて 熱性けいれんは生後6か月から5歳までに起こり、伴ったけいれんが起こります。頻度は20 30人に1人程度、発作の時間は5分以内におさまることが多く、後遺症などは基本的にはありません。 けいれんが起こった場合、非常に慌ててしまいますが、冷静になることが大切です。[genkikids-clinic.com]

  • 家族性熱性痙攣 9

    熱性けいれんについて 熱性けいれんは生後6か月から5歳までに起こり、伴ったけいれんが起こります。頻度は20 30人に1人程度、発作の時間は5分以内におさまることが多く、後遺症などは基本的にはありません。 けいれんが起こった場合、非常に慌ててしまいますが、冷静になることが大切です。[genkikids-clinic.com]

さらなる症状