Create issue ticket

考えれる103県の原因 癰

  • 癤腫症

    では、血液検査で白血球数が増え、CRP(感染があると高い値になる)の上昇を認めることもあります。せつやは、見ただけでは粉瘤が感染したものと区別ができないことがあります。切開により、内容物に粥状物質(垢が溜まったもの)や袋のようなものがあれば粉瘤と判断します。 治療 抗生物質 せつやの治療では、主に抗生物質を投与します。[medicalnote.jp] トップ 疾患一覧 皮膚疾患 癤(せつ)・(よう) 疾患メモ 毛包における深在性細菌感染症は,その炎症の範囲により毛包炎 癤(せつ) 癤腫症 (よう)と定義される。つまり,毛包1個の炎症;癤,毛包数個の炎症;腫症,鶏卵大から手掌大に拡大した炎症局面;である。[jmedj.co.jp] は、癤より深部から始まり複数の毛囊を同時に侵すので、ドーム状に隆起した有痛性硬結となり、増大するとともに軟化して複数の膿点より排膿します。 項部、肩、臀部、大腿部に好発し、では発熱を伴います。 検査所見 膿汁から常に黄色ブドウ球菌が、ときに表皮ブドウ球菌も検出します。 では白血球増多、CRP陽性を見ます。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • では、血液検査で白血球数が増え、CRP(感染があると高い値になる)の上昇を認めることもあります。せつやは、見ただけでは粉瘤が感染したものと区別ができないことがあります。切開により、内容物に粥状物質(垢が溜まったもの)や袋のようなものがあれば粉瘤と判断します。 治療 抗生物質 せつやの治療では、主に抗生物質を投与します。[medicalnote.jp] 癤 せつ 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 精選版 日本国語大辞典 の解説 よう【】 〘名〙 皮膚にある隣接した多くの毛嚢が化膿したもの。首すじ、背部に多く発生する。かたく赤く腫 (は) れあがり、痛みが激しい。瘡。[kotobank.jp] のカテゴリ情報 出典: デジタル大辞泉 (小学館) #医学 #病気 #名詞 [医学/病気]カテゴリの言葉 緊張病 口角炎 腸管出血性大腸菌 ファントムバイブレーション症候群 心原性脳塞栓症 の前後の言葉 葉 陽 様 酔う 杳 良う 新着ワード トラチウアルテペトル 十八歳の詩集 生還 クールタイム むかわ町 敏感肌 ファイルレス[dictionary.goo.ne.jp]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    通常は無害であるが、皮膚の切創や刺創などに伴う化膿症や膿痂疹、毛嚢炎、セツ、、蜂巣炎などの皮膚軟部組織感染症から、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎などに至るまで様々な重症感染症の原因となる。一 方、エンテロトキシンやTSST‐1などの毒素を産生するため、食中毒やトキシックショック症候群、腸炎などの原因菌ともなる。[niid.go.jp] 癤が複数の毛孔におよび、癒合したものは( よう 、Carbuncle)と呼ばれる。特に顔面にできた癤やは面疔と呼ばれ、放置すると 髄膜炎 を起こす危険があるため、確実な治療が必要とされる。 表皮内部に感染を起こすのが 蜂窩織炎 ( 蜂巣炎 )である。[ja.wikipedia.org] 毛孔や創傷部から感染が起きると、 伝染性膿痂疹 (とびひ、インペティーゴ)、 癤 (せつ、フルンケル)、 (よう、カルブンケル)、 蜂巣炎 など、表皮限局性の化膿性疾患の原因になる。また、カテーテルや心臓弁など、医療行為に用いる異物に付着して、そこで 骨髄炎 、 関節炎 などの深部限局性感染を起こすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • ブドウ球菌敗血症

    癤が複数の毛孔におよび、癒合したものは( よう 、Carbuncle)と呼ばれる。特に顔面にできた癤やは面疔と呼ばれ、放置すると 髄膜炎 を起こす危険があるため、確実な治療が必要とされる。 表皮内部に感染を起こすのが 蜂窩織炎 ( 蜂巣炎 )である。[ja.wikipedia.org] 毛孔や創傷部から感染が起きると、 伝染性膿痂疹 (とびひ、インペティーゴ)、 癤 (せつ、フルンケル)、 (よう、カルブンケル)、 蜂巣炎 など、表皮限局性の化膿性疾患の原因になる。また、カテーテルや心臓弁など、医療行為に用いる異物に付着して、そこで 骨髄炎 、 関節炎 などの深部限局性感染を起こすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • とびひ

    とびひってなに? 医学用語では伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼ばれ、虫刺されの掻(か)き傷やすり傷などに細菌が感染し、増えることにより発症します。離れた部位にも火事が「飛び火」するように同じ病変が拡がっていくため、とびひと呼ばれます。子供では、水ぶくれができるとびひが多く見られますが、厚いかさぶたのできるとびひもあります。 緊急度は? 拡がってきた場合は早めに皮膚科又は小児科を受診しましょう。 かかりやすい月齢/年齢は? 6歳以下の子供に多く見られます。 かかりやすい季節は? 夏季に多く見られます。 水ぶくれが特徴のとびひ[…][guide.metro.tokyo.jp]

  • 皮膚感染症

    また、毛穴の中の化膿菌の感染症で同様の症状を起こすせつ・(よう)・面疔(めんちょう)、手や足の指の爪の周囲に膿が貯まるひょう疽、顔面や背部・臀部等にできやすく、皮膚に垢(あか)や皮脂が貯まり細菌感染を合併しやすい粉瘤(ふんりゅう)、また子供ではアトピー性皮膚炎に合併しやすい伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん:とびひ)等があります。[jomf.or.jp] 「癤(せつ)」と「(よう)」も皮膚感染症です。昔の医師はドイツ語で病名を表現していましたが、そのころは「フルンケル」と「カルブンケル」と呼ばれていました。「フルンケル」が「癤」であり、「カルブンケル」が「」です。「癤」は一つの毛包(毛を産生する皮膚の器官)の感染症であり、「」は複数の毛包を巻き込んだ感染症です。[tepika.net] そのため、「」の方が重症ということになりますが、これは糖尿病の患者で発生しやすいことが知られています。糖尿病では抵抗力が低下しているためです。小さな癤では「湿度と保温」が大切です。大きな癤とすべてのは切開と排膿が必要です。[tepika.net]

  • 内方発育毛

    埋没毛(まいぼつもう)とは脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことである。埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれる。 毛抜きや剃刀を用いて体毛を自己処理した際に発生しやすい。以下の様な症状が表れる。 処理時に皮膚が傷つくことでかさぶたが形成され、そのために毛穴が塞がれ毛が皮膚表面に出てこられなくなる。 毛が切れ、先が尖ることで毛穴ではない皮膚内を貫通してしまう。このような原因により皮膚内に進入した毛がそのまま成長してしまうことで生ずる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 黄色ブドウ球菌

    癤が複数の毛孔におよび、癒合したものは(よう、Carbuncle)と呼ばれる。特に顔面にできた癤やは面疔と呼ばれ、放置すると髄膜炎を起こす危険があるため、確実な治療が必要とされる。 表皮内部に感染を起こすのが蜂窩織炎(蜂巣炎)である。通常の細胞構造を細菌及び炎症細胞が破壊し、「蜂の巣」状の病理組織を形成することがこの名の由来である。[ja.wikipedia.org] 毛孔や創傷部から感染が起きると、伝染性膿痂疹(とびひ、インペティーゴ)、癤(せつ、フルンケル)、(よう、カルブンケル)、蜂巣炎など、表皮限局性の化膿性疾患の原因になる。また、カテーテルや心臓弁など、医療行為に用いる異物に付着して、そこで骨髄炎、関節炎などの深部限局性感染を起こすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 丹毒

    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ 新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ 前の項目:癤(せつ)・(よう) 次の項目:蜂窩織炎 関連記事・論文[jmedj.co.jp]

さらなる症状