Create issue ticket

考えれる161県の原因 癜風菌

  • 皮膚カンジダ症

    この粉を顕微鏡で見ると中にの菌糸や胞子が見られ診断がつきます。痒みは殆どありません。 治療法 治療法としてはオムツかぶれにはステロイド・非ステロイド外用剤を用い、皮膚カンジダ症にはカンジダ菌に感受性のある抗真菌剤(抗真菌剤のなかにはカンジダ菌に対して感受性のないものもあります。)を用います。[keiyuukai.or.jp] が原因で、体幹に多数の脱色素斑を生じ軽い痒みのでる病気です。日本の気候は温暖であるため、ほとんど問題にはなっていませんが、熱帯地では発汗に伴い悪化する可能性が十分にあります。イミダゾール系外用抗真菌剤で治療します。[jomf.or.jp] 皮膚の常在の1種である(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚で異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法によりを証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp]

  • 癜風

    (でんぷう、英: Tinea versicolor)は、マラセチア属の(Malassezia furfur)による皮膚感染症で、無症状の鱗屑を伴う斑が多発する。は良性であり人から人への感染性はないと考えられ、発症者の大半は健康である。熱帯地方では人口の20-30%が罹患していると報告されている。[ja.wikipedia.org] 治療は抗真薬の外用またはときに内服による。再発がよくみられる。 ( Malassezia furfur )は,皮膚に常在する二相性真で,通常は無害であるが,一部の人々ではを引き起こす。発症者の大半は健康である。[msdmanuals.com] 治療には抗真薬の皮膚用製剤とシャンプーのほか、ときに経口薬も使用されます。 真(酵母)の一種である を原因とする、かなり一般的な感染症で、特に若い成人に多くみられます。 は正常時も皮膚に生息している通常は無害な真ですが、一部の人ではを引き起こします。感染者の多くは健康です。[msdmanuals.com]

  • 皮膚感染症

    皮膚の常在の1種である(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚で異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法によりを証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp] 【原因】 の感染によって起こります。ただ、この菌は皮膚に普段からいる常在菌の一種で、体温や汗の量や皮脂の量が繁殖に適する人に、夏になると繁殖して症状を出すと言われています。 【症状】 皮膚の色の黒い人には白い脱色素斑として、皮膚の色の白い人には褐色の色素沈着として現れます。表面には細かい粉のようなかさかさがついています。[saori-cl.com] ) 足白癬・爪白癬 体部白癬・手白癬 皮膚カンジダ症 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 色素性母斑 粉瘤 脂肪腫 皮膚線維腫 皮膚の悪性腫瘍 基底細胞がん 日光角化症・ボーエン病 悪性黒色腫(メラノーマ) パジェット病 皮膚の悪性リンパ腫 皮膚潰瘍 静脈性皮膚潰瘍 動脈性皮膚潰瘍 アレルギー性皮膚潰瘍 熱傷・外傷性 褥瘡 炎症性皮膚疾患[med.jrc.or.jp]

  • 間擦疹

    、股部白癬 皮膚カンジダ症 指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生性紅斑を含む) 脂漏性皮膚炎 ニゾラール (ヤンセンファーマ) ニゾラールローション2% 下記の皮膚真症の治療 白癬 足白癬、体部白癬、股部白癬 皮膚カンジダ症 指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生性紅斑を含む) 脂漏性皮膚炎 ニゾラール (ヤンセンファーマ) ニゾラールクリーム[kegg.jp] 下記の皮膚真菌症の治療 ・白癬:足白癬、手白癬、体部白癬、股部白癬 ・皮膚カンジダ症:指間びらん症、間擦疹(乳児寄生性紅斑を含む)、爪囲炎 ・ 抗白癬成分 塩酸ネチコナゾール ・アトラント軟膏1% ・アトラント外溶液1% 抗真作用 ・塩酸ネチコナゾールは、皮膚糸状をはじめ酵母状真などに優れた抗真菌作用を示した。[mhlw.go.jp] 症(指間びらん症,間擦疹〈乳児寄生性紅斑を含む〉),[medpeer.jp]

  • 爪真菌症

    白癬の頻度が最も高く,ついでカンジダ症,は比較的少ない.深在性真症はまれであるが,その中ではスポロトリコーシスを診る機会が少なくない.[kotobank.jp] イトラコナゾールの長所は、 角質親和性が高く、内服中止後も4週間は皮膚に存在し、爪には6 9ヶ月貯留するといわれている(パルス療法の根拠) 静菌的・殺菌的に作用する 薬剤の爪への拡散経路が爪母・爪床の両方から到達する 抗真スペクトルが広く、白癬のみならずカンジダやにも有効 内服期間が短く、治癒率が高い などがあげられます。[taku-hifuka.com] 皮膚真症の多くは白癬が原因ですが、ほかにもカンジダやによるものがあります。さらに、カンジダやクリプトコックス、アスペルギルスなどの真菌が、消化管や肺、膀胱など体の内部で異常増殖することがあります。このような内臓真菌症は、ふだん健康な人はまずかかりませんが、抵抗力の落ちている人は重症化しやすいです。[interq.or.jp]

  • 前頭線維化脱毛症

    皮膚の常在の1種である(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚で異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法によりを証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp] ) 足白癬・爪白癬 体部白癬・手白癬 皮膚カンジダ症 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 色素性母斑 粉瘤 脂肪腫 皮膚線維腫 皮膚の悪性腫瘍 基底細胞がん 日光角化症・ボーエン病 悪性黒色腫(メラノーマ) パジェット病 皮膚の悪性リンパ腫 皮膚潰瘍 静脈性皮膚潰瘍 動脈性皮膚潰瘍 アレルギー性皮膚潰瘍 熱傷・外傷性 褥瘡 炎症性皮膚疾患[med.jrc.or.jp] 皮膚カンジダ症 乳幼児や寝たきりの高齢者のオムツ部位や、肥満者の脇、乳房下、下腹部などに皮膚の常在の一種であるカンジダが異常増殖する場合がある。治療は抗真剤の外用と局所の清潔・乾燥。[med.jrc.or.jp]

  • 多発性対称性脂肪腫症

    皮膚の常在の1種である(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚で異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法によりを証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp] 皮膚に常在するカビの一種マラセッチア・ファーファ()が表皮角質内で増殖して粃糠性落屑(角質が増殖して剥離し皮膚面にヌカ状に付着している状態)を伴う淡褐斑ないし脱色素斑を生ずる。 頻度:乳児には比較的少なく、15才以上に多い。 性状: a. 生後2 6か月の乳児には顔面、頭部に脱色素斑を生じ、生後6か月以降に自然治癒する。[nsknet.or.jp] ) 足白癬・爪白癬 体部白癬・手白癬 皮膚カンジダ症 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 色素性母斑 粉瘤 脂肪腫 皮膚線維腫 皮膚の悪性腫瘍 基底細胞がん 日光角化症・ボーエン病 悪性黒色腫(メラノーマ) パジェット病 皮膚の悪性リンパ腫 皮膚潰瘍 静脈性皮膚潰瘍 動脈性皮膚潰瘍 アレルギー性皮膚潰瘍 熱傷・外傷性 褥瘡 炎症性皮膚疾患[med.jrc.or.jp]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    ・感染症 細菌・ウイルス・真の感染によって、皮膚の色が抜け、白くなることがあります。代表的なものとしては、(でんぷうきん)が挙げられます。とは、皮膚にもともと存在する常在菌です。また、梅毒が原因となって、白斑が生じることもあります。[medicalnote.jp] ) 1.足白癬 2.爪白癬 3.手白癬 4.体部白癬 5.顔面白癬 6.股部白癬 7.頭部白癬 8.Celsus禿瘡 9.白癬菌性肉芽腫 b.カンジダ症 1.カンジダ性間擦疹 2.カンジダ性指趾間びらん症 3.カンジダ性爪囲炎 4.爪カンジダ症 5.口腔カンジダ症 6.性器カンジダ症 7.慢性皮膚粘膜カンジダ症 c.マラセチア感染症 1.[rr2.nakayamashoten.co.jp] 2.マラセチア毛包炎 B.深在性真症 1.スポロトリコーシス 2.クロモブラストミコーシス 3.菌腫 4.皮膚アスペルギルス症 5.皮膚クリプトコッカス症 6.パラコクシジオイデス症 7.コクシジオイデス症 8.北米ブラストミセス症 9.ヒストプラスマ症 10.皮膚ムーコル症 11.皮膚プロトテコーシス 26章 抗酸菌感染症 A.結核菌[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 白癬性毛瘡

    皮膚真症の多くは白癬が原因ですが、ほかにもカンジダやによるものがあります。さらに、カンジダやクリプトコックス、アスペルギルスなどの真菌が、消化管や肺、膀胱など体の内部で異常増殖することがあります。このような内臓真菌症は、ふだん健康な人はまずかかりませんが、抵抗力の落ちている人は重症化しやすいです。[interq.or.jp] 、クロモミコーシス 表在性皮膚真菌症(爪白癬以外) 白癬 体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡 カンジダ症 口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症 、マラセチア毛包炎 爪白癬 皮膚糸状(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン[kegg.jp] 3.その他の皮膚真症 1. 25.はなぜ色がつく? 2.深在性皮膚真症(スポロトリコーシス,クロモブラストミコーシス,クリプトコッカスなど) 26.スポロトリコーシスはなぜ東日本に多い?[m-review.co.jp]

  • 黄癬

    治療には抗真薬の皮膚用製剤とシャンプーのほか、ときに経口薬も使用されます。 真(酵母)の一種である を原因とする、かなり一般的な感染症で、特に若い成人に多くみられます。 は正常時も皮膚に生息している通常は無害な真ですが、一部の人ではを引き起こします。感染者の多くは健康です。[msdmanuals.com] 白癬の頻度が最も高く,ついでカンジダ症,は比較的少ない.深在性真症はまれであるが,その中ではスポロトリコーシスを診る機会が少なくない.[kotobank.jp] 異型白癬 トリコフィチア 白癬 表在性白癬症 その他の表在性真 黒癬 白砂毛 黒砂毛 中耳真症 陰部真菌症 外耳道真菌症 汎発性皮膚真菌症 皮膚真菌症 耳真菌症 顔面真菌性湿疹 カンジダ性口内炎 カンジダ性口角びらん 口腔カンジダ症 口唇カンジダ症 舌カンジダ症 カンジダ性口内炎 急性偽膜性カンジダ症 歯肉カンジダ症 皮膚および[scuel.me]

さらなる症状