Create issue ticket

考えれる187県の原因 癜風

  • 連圏状ひ糠疹

    通常、乾癬、白癬、、湿疹(角化を伴う)、口囲皮膚炎、アトピー性皮膚炎、ざ瘡、せつ、腋臭症、多汗症、その他角化性の皮膚疾患などに用いられます。 この商品は「10%サリチル酸ワセリン軟膏 500g」から20gの容器に小分けにして販売しております。 この薬は店頭販売のみです。(通販はできません。)[attomark.com] カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ症 [ja.wikipedia.org] サリチル酸の作用により、角化した皮膚と一緒に角質層に多く存在する菌などを除去する薬 皮膚軟化薬(サリチル酸製剤)の代表的な商品名 サリチル酸ワセリン スピール膏 効能・効果 詳しく見る アトピー性皮膚炎 角化性皮膚疾患 乾癬 頑癬 汗疱状白癬 毛孔性苔癬 口囲皮膚炎 ざ瘡 湿疹の角化 小水疱性斑状白癬 掌蹠膿疱症 尋常性魚鱗癬 せつ 多汗症 [medical.nikkeibp.co.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    日本では前者が圧倒的に頻度が高く,皮膚糸状菌症,皮膚カンジダ症,(でんぷう)が代表的である。後者にはスポロトリコーシス,クロモミコーシス,皮膚アスペルギルス症,皮膚クリプトコックス症などがある。… ※「皮膚カンジダ症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] その他の皮膚真菌感染症 [ 編集 ] 白癬 (例: 水虫 ・たむし) マラセチア感染症 関連項目 [ 編集 ] 皮膚科学 皮膚糸状菌症 カンジダ 真菌 感染症 真菌症[ja.wikipedia.org]

  • 尋常性白斑

    この「くろなまず」は と呼ばれる真菌感染症で、尋常性白斑とは治療が全く異なってきます。褐色斑として見えることが多いのですが、白色斑として見えることもあるのです。くろなまずなのに白いだなんて、とてもややこしいと思われるかもしれませんが、直接鏡検という簡単な検査で鑑別診断できます。皮膚科専門医の診断を受けることが肝要です。[umeda.cure.to] 白斑ができる他の皮膚の病気として 感染症(、梅毒など) サットン現象、サットン母斑 結節性硬化症 脱色素性母斑 単純性粃糠疹 老人性白斑 Vogt小柳原田病 炎症後色素脱失 などがあり、白斑の種類を見分けるのは難しく、皮膚科専門医の受診が必要です。[jimbocho-hifu.com]

  • 間擦疹

    、股部白癬 皮膚カンジダ症 指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む) 脂漏性皮膚炎 ニゾラール (ヤンセンファーマ) ニゾラールローション2% 下記の皮膚真菌症の治療 白癬 足白癬、体部白癬、股部白癬 皮膚カンジダ症 指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む) 脂漏性皮膚炎 ニゾラール (ヤンセンファーマ) ニゾラールクリーム[kegg.jp] テルビナフィン塩酸塩クリーム 英語:terbinafine hydrochloride 販売名 / 薬価 ラミシールクリーム1% / 32.4円 規格単位(薬価が適用される単位) 1%1g 会員登録はこちら 効能・効果 次の皮膚真菌症の治療/白癬(足白癬,体部白癬,股部白癬),皮膚カンジダ症(指間びらん症,間擦疹〈乳児寄生菌性紅斑を含む〉),[medpeer.jp] 3.。 用法・用量 (添付文書全文) 1日1回患部に塗布する。 副作用 (添付文書全文) 簡潔に見る 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 その他の副作用:次記のような症状が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 皮膚感染症

    皮膚の常在菌の1種である菌(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚で異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法により菌を証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp] 紅斑症 多形滲出性紅斑、ベーチェット病 など 中毒疹 薬疹 など 水疱症および膿疱症 天疱瘡、類天疱瘡、掌蹠膿疱症 など 細菌性皮膚感染症 蜂窩織炎、丹毒、伝染性膿痂疹(とびひ) など ウィルス性皮膚感染症 帯状疱疹、単純ヘルペス、水痘、麻疹、尋常性疣贅(いぼ)、伝染性軟属腫(みずいぼ) など 皮膚真菌感染症 足白癬(みずむし)、カンジダ症、[sendai.jcho.go.jp] 皮膚炎 感染性皮膚疾患(細菌性など) 蜂窩織炎・フレグモーネ 症性粉瘤 毛嚢炎・ざ瘡 伝染性膿痂疹(とびひ) 慢性膿皮症 梅毒・性病 疥癬(ヒゼンダニ)症 感染性皮膚疾患(ウイルス性) 帯状疱疹・水痘 ウイルス性イボ(ゆうぜい) 麻疹・風疹 コンジローマ 水イボ 感染性皮膚疾患(真菌性) 足白癬・爪白癬 体部白癬・手白癬 皮膚カンジダ症 [med.jrc.or.jp]

  • 爪真菌症

    頭部白癬やの紅斑、落屑、痒みの症状に対し28日間使われた、蜂蜜(アカシア)およびプロポリス抽出物でそれぞれ、ミコナゾール(抗真菌薬)と同等の効果であったというランダム化比較試験がある。偽薬は、ワセリンであり症状に対する変化は最も少なかった。 皮膚科学 皮膚糸状菌症 アトピー性皮膚炎 - 真菌が原因である場合もある。[ja.wikipedia.org] 日本では前者が圧倒的に頻度が高く,皮膚糸状菌症,皮膚カンジダ症,(でんぷう)が代表的である。後者には スポロトリコーシス , クロモミコーシス ,皮膚アスペルギルス症,皮膚クリプトコックス症などがある。[kotobank.jp] 【イトラコナゾール(itraconazole)】 わが国では1993年に白癬、カンジダ症、の保険適応が承認され、1999年には爪白癬、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲炎に適応拡大された薬剤です。当初は50 100mgを1日1回、連日投与する方法で使用されていましたが、2004年に爪白癬に対するパルス療法が承認されました。[taku-hifuka.com]

  • 白癬性毛瘡

    真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎 深在性皮膚真菌症 スポロトリコーシス、クロモミコーシス 表在性皮膚真菌症(爪白癬以外) 白癬 体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡 カンジダ症 口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症 [kegg.jp] 3.その他の皮膚真菌症 1. 25.はなぜ色がつく? 2.深在性皮膚真菌症(スポロトリコーシス,クロモブラストミコーシス,クリプトコッカスなど) 26.スポロトリコーシスはなぜ東日本に多い?[m-review.co.jp] 【価格】 650円 ルリコンクリーム 下記の皮膚真菌症の治療 白 癬:足白癬、体部白癬、股部白癬 カンジダ症:指間びらん症、間擦疹 (でんぷう) の皮膚真菌症のお薬です。 【価格】 1580円 カンジタのお薬 エルシド膣錠(エンペシド膣錠と同成分です) カンジダに起因する膣炎及びカンジダに起因する外陰膣炎に使われるお薬です。[aliceyakkyoku.com]

  • 爪炎

    真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎 深在性皮膚真菌症 スポロトリコーシス、クロモミコーシス 表在性皮膚真菌症(爪白癬以外) 白癬 体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡 カンジダ症 口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症 [kegg.jp] ・湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症 ・にきび ・細菌性皮膚感染症(とびひ、丹毒、蜂窩織炎、皮下膿瘍、壊死性筋膜炎) ・真菌感染症(水虫、カンジダ症、) ・ウイルス性感染症(いぼ、水いぼ、水痘、麻疹、帯状疱疹、単純ヘルペス) ・性病(梅毒、尖圭コンジローマ、毛じらみ) ・疥癬、頭じらみ、ダニ刺傷 ・中毒疹(薬疹を含む) ・尋常性乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症[tachikawa-hosp.gr.jp] ] 内臓真菌症(深在性真菌症) 真菌血症,呼吸器真菌症,消化器真菌症,尿路真菌症,真菌髄膜炎 深在性皮膚真菌症 表在性皮膚真菌症(爪白癬以外) 白癬 体部白癬,股部白癬,手白癬,足白癬,頭部白癬,ケルスス禿瘡,白癬性毛瘡 カンジダ症 口腔カンジダ症,皮膚カンジダ症,爪カンジダ症,カンジダ性爪囲爪炎,カンジダ性毛瘡,慢性皮膚粘膜カンジダ症 [iryohoken.go.jp]

  • 足白癬

    また、一般臨床試験、比較試験の短期間塗布試験でも、本クリームは、白癬及び皮膚カンジダ症・に対して有効であり、液剤もクリームとの同等の臨床効果が得られた。副作用発現率は 2.5% であり、主なものは軽微な皮膚炎であった。[ci.nii.ac.jp]

  • 癜風

    細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色)あるいは脱色素斑(白色)ができる。好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、痒みを伴わないことが多い。 で生じる色素減少は、数カ月から数年をかけて回復する。[ja.wikipedia.org] 菌( Malassezia furfur )は,皮膚に常在する二相性真菌で,通常は無害であるが,一部の人々ではを引き起こす。発症者の大半は健康である。に対する感受性を高める因子として,高温多湿と,コルチコステロイド,妊娠,低栄養,糖尿病,その他の疾患による免疫抑制がある。[msdmanuals.com] 真菌(酵母)の一種である菌 を原因菌とする、かなり一般的な感染症で、特に若い成人に多くみられます。菌 は正常時も皮膚に生息している通常は無害な真菌ですが、一部の人ではを引き起こします。感染者の多くは健康です。遺伝的にこの真菌が増殖しやすい体質の人もいます。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状