Create issue ticket

考えれる6県の原因 癌胎児抗原値増加

  • 甲状腺腫

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

  • 中毒性結節性甲状腺腫

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

  • 非地方性単純性甲状腺腫

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

  • 出血性甲状腺嚢胞

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

  • 甲状腺腺腫

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

  • TSH受容体による家族性甲状腺機能亢進症

    細胞診で髄様癌を疑えば血清のカルシトニンや胎児抗原(CEA)を測定します。カルシトニンの基礎が正常でもカルシウムやペンタガストリン負荷試験によつてカルシトニンが異常に増加します。髄様には、散発性に発生するものと家族性に発生するものとがあります。[noguchi-med.or.jp]

さらなる症状