Create issue ticket

考えれる238県の原因 癌リスク増加

  • ビタミンD欠乏症

    日本における増加の背景 [ 編集 ] 日本では発生数が増加傾向である [8] [9] 。背景として紫外線による 皮膚 発症のリスク低減や美容を目的として、過度に紫外線を避ける生活習慣が広まった事が指摘されている [9] 。つまり、妊婦がビタミンD欠乏症であると、胎児にも欠乏症が起きる [10] 。[ja.wikipedia.org]

  • 外陰炎

    リスクサイン 腟、外陰炎 リスク1 :帯下の増加.外陰浮腫. リスク2 :掻痒感. リスク3 :なし. 卵巣腫瘍 リスク1 :腹部緊満感. リスク2 :急激な下腹痛. リスク3 :ショック. 子宮頸 リスク1 :なし. リスク2 :帯下の増加.不正性器出血. リスク3 :多量の性器出血.[www2.nms.ac.jp]

  • 便秘

    抄録 便秘とは,排便の頻度が週2回以下で,便が硬く,排便困難,残便感がある状態といわれている.実際には放置されていたり自己流の対処をされていることが多い.が,便秘患者では労働生産性が障害されたり,肛門疾患や結腸などの様々なリスク増加することが知られており,しっかり取り組むべき疾患である.[doi.org]

  • 更年期障害

    しかし最近の多数の研究では黄体ホルモンを併用すればそのリスク増加しないとの報告がほぼ定着しているといえるでしょう。 子宮(子宮体)・・・デュファストンなどの黄体ホルモンを併用すれば子宮体リスク増加することはないことは証明されています。[shinsaibashilc.com]

  • 不十分な食事療法

    海外で実施した糖尿病患者を対象とした疫学研究(10年間の大規模コホート研究)において、膀胱の発生リスクに統計学的な有意差は認められなかったが、膀胱の発生リスク増加の可能性を示唆する疫学研究も報告されている。[kegg.jp] (「3.相互作用」、「4.副作用1)重大な副作用」の項参照) 本剤を投与された患者で膀胱の発生リスク増加する可能性が完全には否定できないので、以下の点に注意すること。(「9.その他の注意」の項参照) 膀胱治療中の患者には投与を避けること。[kegg.jp]

  • 甲状腺腫

    甲状腺悪性腫瘍の比較 悪性腫瘍中の割合 特徴や診断 治療 予後 高分化癌 乳頭 90%以上 エコー、細胞診(95%以上)での正診率が高い。 発育は緩徐で予後は良好。リンパ節転移しやすい。放射線被曝で発症リスク増加(特に若年)。[fukasawa-clinic.or.jp] 手術 術後補助療法(TSH抑制療法、放射性ヨウ素内用療法) 10年生存率 約95% 濾胞 約5% 細胞診では良性腫瘍(濾胞腺腫)との鑑別困難。リンパ節転移や局所浸潤は稀だが、時に肺や骨への遠隔転移あり(広汎浸潤型)。[fukasawa-clinic.or.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    尿路感染と膀胱結石:完全に膀胱を空にできないため、 尿路感染と膀胱結石のリスク増加させる。 BPHは前立腺リスク増加させることはない。[kidneyeducation.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    対象者は基本的には不正出血などの訴えで受診した方に検査を行うことが多いですが、ライフスタイルの欧米化などに伴い日本でも体患者の数は増加しており閉経後、未産婦、月経不順、肥満、乳癌術後などのハイリスクの方には積極的に受けるよう指導しています。[utsuno.info]

  • 骨粗鬆症

    も50%以下に減少させ,子宮リスク増加させなかった.わが国では2003年に認可され,2002年にWHI(Women’s Health Initiative)試験により虚血性心疾患,脳卒中,全心血管系イベント,浸潤性乳癌をいずれも増加させることが明らかとなったエストロゲン・プロゲスチン併用のホルモン補充療法に代わって,ビスホスホネートと[kotobank.jp] 危険因子には,侵襲的歯科処置,静注のビスホスホネート系薬剤の使用,およびなどがある。 長期にわたるビスホスホネート系薬剤の使用はまた,非定型大腿骨骨折のリスク増加させることもある。非定型大腿骨骨折は,軽微な外傷により,または外傷なしに,大腿骨骨幹部中1/3に生じ,数週間または数カ月間の大腿部痛が先行することがある。[msdmanuals.com] […] selective estrogen receptor modulator:SERM):エストロゲンの古典的な標的臓器である乳腺や子宮などでは拮抗作用を示しながら,骨や脂質代謝に対してはエストロゲン様作用を示す.最初のSERMであるラロキシフェンは,椎体骨折を40%前後減少させるとともにコレステロール低下作用を示し,エストロゲン受容体陽性の浸潤性乳癌のリスク[kotobank.jp]

  • 胃炎

    ピロリ感染者でプロトンポンプ阻害薬を投与している患者は,胃の萎縮を生じるものの,これも化生を生じたり胃腺リスク増加することはない。持続的な胃酸の制御は,報告はないものの,理論的には細菌の過度な増殖,腸感染症や,ビタミンB 12 の吸収不良が懸念される。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状