Create issue ticket

考えれる20県の原因 癌への罹患性増加

  • 良性前立腺肥大症

    また、第一度近親者に2人以上の前立腺患者がいた場合の前立腺罹患危険率は5 11倍と増加傾向であることが特徴です。 次に考えられるのが、動物脂肪の多量摂取です。中でも動物性脂肪、特に赤身肉や乳製品の摂取との関連が指摘されています。[ganchiryo.com]

  • 前立腺癌

    また、第一度近親者に2人以上の前立腺患者がいた場合の前立腺罹患危険率は5 11倍と増加傾向であることが特徴です。 次に考えられるのが、動物脂肪の多量摂取です。中でも動物性脂肪、特に赤身肉や乳製品の摂取との関連が指摘されています。[ganchiryo.com]

  • 前立腺腺癌

    また、第一度近親者に2人以上の前立腺患者がいた場合の前立腺罹患危険率は5 11倍と増加傾向であることが特徴です。 次に考えられるのが、動物脂肪の多量摂取です。中でも動物性脂肪、特に赤身肉や乳製品の摂取との関連が指摘されています。[ganchiryo.com]

  • 家族性前立腺癌

    前立腺は、生活の西欧化の伴い増加しており、とうとう2015年罹患数第1位となりました。 前立腺癌は、家族がある事などから遺伝因子の関与は言われていますが、後天的要因に関しては、あきらかなものはありません。 前立腺がんの症状は、早期ではほとんどありません。あっても頻尿、排尿困難、尿勢減弱など前立腺肥大症の症状です。[kyushuh.johas.go.jp]

  • 前立腺肉腫

    また、意外に知られていないのですが射精後には一過に上昇してしまいますので採血のタイミングも大切です。 近年、前立腺罹患率が増加しているために、マスコミや雑誌類などで取り上げられる機会が増えています。一部では、偏った意見も見受けられることから患者さんの中には混乱してしまっている方もいらっしゃいます。[fukudaclinic.jp]

  • ステージ 4 前立腺癌

    また、第一度近親者に2人以上の前立腺患者がいた場合の前立腺罹患危険率は5 11倍と増加傾向であることが特徴です。 次に考えられるのが、動物脂肪の多量摂取です。中でも動物性脂肪、特に赤身肉や乳製品の摂取との関連が指摘されています。[ganchiryo.com]

  • 直腸癌

    高タンパク食や高脂肪、低繊維食の摂取により大腸の発生が増加するものと考えられています。 各国の国民一人あたりの動物脂肪の摂取量と、大腸の年齢調整罹患率が非常によく相関している事実より、タンパク質と脂肪の多量摂取は大腸癌発生の危険因子であるものと推測されます。また、アルコールの摂取量とも関連があるものと考えられています。[osaka.hosp.go.jp]

  • 卵巣の悪性中腎腫

    卵巣の90%は上皮です。次に多いのは、卵子のもとになる胚細胞から発生するです。 卵巣がんの罹患率は、40歳代から増加し、50歳代から60歳代がピークです。卵巣癌の死亡率は、50歳以降増加して高齢になるほど高くなります。 卵巣癌の発生には、複数の因子が関与していると考えられています。[nissay-hp.or.jp]

  • 複数の卵巣嚢腫

    卵巣の90%は上皮です。次に多いのは、卵子のもとになる胚細胞から発生するです。 卵巣がんの罹患率は、40歳代から増加し、50歳代から60歳代がピークです。卵巣癌の死亡率は、50歳以降増加して高齢になるほど高くなります。 卵巣癌の発生には、複数の因子が関与していると考えられています。[nissay-hp.or.jp]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    卵巣の90%は上皮です。次に多いのは、卵子のもとになる胚細胞から発生するです。 卵巣がんの罹患率は、40歳代から増加し、50歳代から60歳代がピークです。卵巣癌の死亡率は、50歳以降増加して高齢になるほど高くなります。 卵巣癌の発生には、複数の因子が関与していると考えられています。[nissay-hp.or.jp]

さらなる症状