Create issue ticket

考えれる65県の原因 痛みがある脂肪組織

  • 歯齦炎

    眼窩底吹き抜け骨折 眼を強打すると眼窩内側や下壁の骨が折れ眼窩内脂肪組織や筋肉が副鼻腔内に逸脱し、骨折部位に挟まり、眼球運動時に痛みが出たり、2重に見えるなどの複視を来します。鼻内から内視鏡的に治療を行いますが、場合により口の中を切って経上顎洞的にアプローチして手術を行います。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 踵骨棘

    痛みが非常に強いときはステロイドの局所注射をすることもありますが、かかとの脂肪組織の萎縮や腱膜の断裂を招く恐れがあり注意が必要です。 ストレッチは足底腱膜炎の治療・予防には特に重要で、足の裏(足底腱膜)とふくらはぎ(アキレス腱)の両方のストレッチを行います(図3)。足の形にあった靴を履くようにして足底挿板を用いることも有効です。[saiseikai-toyama.jp]

  • レンサ球菌感染

    原因と感染経路 実際の感染経路は明らかになっていない部分が多いですが、傷口や粘膜から、通常は菌の存在しない筋肉、脂肪組織や血液にレンサ球菌が侵入することによって病気を起こすと言われています。 症状 最初に手足の強い痛みがみられることが多く、続いて発熱や悪寒、筋肉痛などのインフルエンザに似た症状が現れます。[city.chiba.jp]

  • 甲状腺腫

    これは眼球そのものの異常ではなく、眼球を動かす筋肉や眼球を包む脂肪組織の炎症性肥厚により生じます。複視(ものが2重に見える)、充血、流涙、痛みなどが自覚症状として表れることがあります。重要な点は、バセドウ病に伴う眼の障害は甲状腺機能とは直接の関連がない、ということです。[toranomon.gr.jp]

  • 滑液包炎

    打撲とは,外力により,皮下組織,皮下脂肪や筋肉などの組織の出血や浮腫を伴うことです。 大きな外力では,痛みも強く,数日後には皮下出血となり皮膚の色が変わってきます。 ときには,皮下出血が瘢痕を形成し,皮膚が固くなることがあります。 これを外傷後の硬結と呼ぶのですが,痛みを伴うことはなく,時間の経過で硬結は消失するのです。[atsugi-jiko.com] 「硬結」について 打撲は交通事故などの外的な力によって皮下組織、皮下脂肪や筋肉などが出血したり、浮腫が発生したりする症状です。外力が大きくなると、患部の痛みも強くなり、数日後には皮下出血が発生して皮膚の色が変わります。さらに、皮下出血が瘢痕となり、皮膚が固くなることもあります。[kouishougai.jp]

  • 内分泌機能不全

    これは眼球そのものの異常ではなく、眼球を動かす筋肉や眼球を包む脂肪組織の炎症性肥厚により生じます。複視(ものが2重に見える)、充血、流涙、痛みなどが自覚症状として表れることがあります。重要な点は、バセドウ病に伴う眼の障害は甲状腺機能とは直接の関連がない、ということです。[toranomon.gr.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    これは眼球そのものの異常ではなく、眼球を動かす筋肉や眼球を包む脂肪組織の炎症性肥厚により生じます。複視(ものが2重に見える)、充血、流涙、痛みなどが自覚症状として表れることがあります。重要な点は、バセドウ病に伴う眼の障害は甲状腺機能とは直接の関連がない、ということです。[toranomon.gr.jp]

  • 鼠径ヘルニア

    鼠径(そけい)は両足のつけねの部分のことを示しますので、鼠径ヘルニアとは、お腹の中の腸や脂肪組織の一部が、鼠径部の筋肉の間から皮膚の下に出てくる病気です。鼠径部に痛みや違和感を感じたり、触ると柔らかいものを触れることが多いです。 鼠径ヘルニアは生まれたばかりの乳児から子供、成人、高齢者など、どの年齢でも起こり得ます。[shonan-atsugi.jp] 立ったり、力んだり、長時間の立ち仕事をした後に足の付け根がふくらみ、時として痛みを感じることもあります。そして、横になればふくらみは無くなってしまうことが多いと思います。このふくらみは、お腹の中から腸や脂肪組織など(男性なら小腸または大腸、女性ならそれらに加えて卵巣や卵管など)が出てきているために起こります。[nagoya2.jrc.or.jp]

  • 皮膚腫瘍

    脂肪腫 皮下組織にある脂肪が腫瘍化し、脂肪細胞の腫瘍を形成します。通常痛みはなく、柔らかいできものを認めます。比較的日常診療においてよく見るできものです。見た目が気になる場合や、悪性が心配な場合は手術にて摘出を行い、病理検査に提出します。10cm以上の脂肪腫は局所麻酔における手術は困難な場合があります。[kadota-derma-plastic.com]

  • 前立腺肉腫

    軟部肉腫 皮膚、脂肪、筋肉、血管、神経、滑膜など軟らかい組織に発生する悪性腫瘍です。四肢にかぎらず体幹部にも生じることがあり、痛みを伴わずに大きくなることもあります。治療は腫瘍組織(細胞の種類)によって異なるため、早期の正確な診断が大切です。 転移性骨腫瘍 内蔵などの原発腫瘍から骨に転移して発生する腫瘍です。[f.kpu-m.ac.jp]

さらなる症状