Create issue ticket

考えれる638県の原因 痙攣, 震え

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] 身体症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝の亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。[ja.wikipedia.org] 交感神経症状は低血糖時に分泌されるカテコールアミン等による症状で、発汗、動悸、手の震えなどの症状である。中枢神経症状はブドウ糖欠乏による中枢神経のエネルギー不足を反映した症状である。血糖値が50mg/dl以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    さらにひどくなると、幻覚(身体に虫の大群が這って来るなど)や痙攣なども起こします。これを「離脱症状」といいます。 こうなると、自分は酒をやめたいと思っても、身体が言うことを聞かなくなり、ブレーキのきかない車のように、自分の意思でお酒をコントロールできなく なってしまいます。 このような状態のことを「依存症」といいます。[pref.toyama.jp] 離脱も一般的には手の震えとかだけが知られているけれど、睡眠障害等色んな症状がある。 タバコの箱には癌や心筋梗塞等、喫煙の害を書いてあるが、 酒には『依存症になる可能性が…』とは書いてない。 アルコール依存症は、世間に正しく知られていない。 自身が、あるいは家族が依存症だと気付いていない人も大勢いる。[higashiyodogawa-dansyukai.jimdo.com]

  • 慢性アルコール依存症

    また一旦痙攣が停止してもその後の再発抑制のためにホスフェニトイン(ガイドライン上はフェニトイン)急速飽和静注やミダゾラム持続静注が必須になります。それでも痙攣発作が停止しない場合にはチオペンタールやプロポフォールなどによる麻酔療法を考慮することになります。[kouseiren-ta.or.jp] アルコール依存症による離脱症状 早期離脱症状は飲酒を止めて数時間すると出現し、手や全身の震え、発汗(特に寝汗)、不眠、吐き気、嘔吐、血圧の上昇、不整脈、イライラ感、集中力の低下、幻覚(虫の幻など)、幻聴などがみられます。[alcoholic-navi.jp] ・イライラして落ちつかない ・発汗や微熱 ・脈が速くなる ・こむらがえり ・不眠 ・手指の細かい震えなどがあります。 依存が進行した状態では、全身の大きな震えや幻覚・妄想などを起こす場合があります。 (d)はじめはより少量で得られたアルコールの効果を得るために、使用量をふやさなければならないような耐性の証拠。[ask.or.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    中毒の管理は,静注ベンゾジアゼピン系薬剤(激越,高血圧,および痙攣発作)や冷却法(高体温)などの支持療法により行う。典型的な離脱症候群は存在しない。[msdmanuals.com] また、皮膚には鳥肌がたち、震えが起こり、そのうえ下痢を繰り返すようになります。[city.tomakomai.hokkaido.jp] 手の震えや幻覚・意識障害などの「振戦せん妄」と呼ばれる離脱症状(従来は禁断症状といいました)を呈することがあります。このような状態になる場合、その人は身体依存になっているのです。[wj-pam.jp]

  • アルコール離脱

    1件の試験のみが痙攣、振戦せん妄またはClinical Institute Withdrawal Assessment for Alcohol (CIWA)スコア要素の臨床症状を測定した。113例の参加者を対象とした3件の試験における1つのアウトカム(握力)は、メタアナリシスに適用できた。[cochrane.org] 入所後Aに手の震えや不眠が見られたため、B副看守長は、同月22日の午後1時ころ、受刑施設の非常勤嘱託医であるC医師(内科医)に電話で報告したところ、C医師はAを自ら診察することなく、アルコール依存症の疑いがあり、不眠に対して睡眠導入剤であるレンドルミンを処方するよう指示した。[medsafe.net] また一旦痙攣が停止してもその後の再発抑制のためにホスフェニトイン(ガイドライン上はフェニトイン)急速飽和静注やミダゾラム持続静注が必須になります。それでも痙攣発作が停止しない場合にはチオペンタールやプロポフォールなどによる麻酔療法を考慮することになります。[kouseiren-ta.or.jp]

  • 慢性腎不全

    そして、この段階で適切に処置をしないと、痙攣や意識障害といった尿毒症性脳症を呈する場合もあり、命にかかわる危険性もあります。 血液や尿の異常で診断 CKDの診断はその定義にもあるとおり、血液や尿の異常、腎の画像検査や組織検査による異常で診断されます。 採血によって腎機能を評価する検査項目に血清クレアチニンがあります。[tokushukai.or.jp] 急性の細菌性腎盂腎炎では、ある日突然寒気や震え、腰痛が起きます。大腸菌が膀胱から尿管をさかのぼり、腎盂へ達して発生することが多いのです。このような腎盂腎炎を何度も繰り返したり、慢性化させると腎不全になりやすいので、症状が軽くなったからといって勝手に治療を中止せず医師の指示のもと、腎機能の経過を観察していくことが大切です。[t-pec.co.jp] 症状 あくび、眠くなる、目がかすむ、動悸、脈が速くなる、吐き気ひどくなると顔面蒼白、冷汗、息苦しい、胸痛、腹痛、筋痙攣、意識がなくなる。 予防 体重を増やし過ぎると、多量の除水が必要となり血圧下降を招くので、体重を増やし過ぎない。 透析スケジュールに合わせて降圧剤の量や服用方法の調整が必要となるため、医師の指示に従って内服しましょう。[ncvc.go.jp]

  • 松果体嚢胞

    1-2 痙攣発作 腫瘍が周囲の神経細胞を刺激するために起こります。初期症状としてみられることが少なくありません。痙攣発作は、意識障害を伴う大発作から、腫瘍局在に相応した部分発作まで様々です。特に、前頭葉や側頭葉に生じた脳実質内腫瘍は痙攣発作を起こしやすいです。 2.[kawasakineurosurgery.p-kit.com] 低血糖脳症【海野真記/松島信佳/前田正幸】 095 一酸化炭素中毒症【前田正幸】 096 Wilson病【前田正幸】 097 Wernicke脳症【前田正幸】 098 糖尿病性舞踏病【森 墾】 099 ミトコンドリア異常症【前田正幸】 100 放射線壊死【前田正幸】 101 PRES【前田正幸】 第6章 機能性疾患と類縁病態 102 片側顔面痙攣[m-book.co.jp] 機能的疾患 顔面痙攣、三叉神経痛、片頭痛の診療を行っています。 ※難治性てんかんへのてんかん専門医による対応は行っていません。[sakai-city-hospital.jp]

  • アルコール離脱発作

    アルコール離脱痙攣発作とは飲酒を突然中断した後48時間以内に強直性‐間代性の痙攣発作を起こす場合のことで,過去にはアルコール癲癇と呼ばれ,癲癇の一亜型に考えられていたが,今日では離脱時にのみみられ,一次性癲癇とは異なるとされるに至った。[kotobank.jp] アルコール依存症による離脱症状 早期離脱症状は飲酒を止めて数時間すると出現し、手や全身の震え、発汗(特に寝汗)、不眠、吐き気、嘔吐、血圧の上昇、不整脈、イライラ感、集中力の低下、幻覚(虫の幻など)、幻聴などがみられます。[alcoholic-navi.jp] また一旦痙攣が停止してもその後の再発抑制のためにホスフェニトイン(ガイドライン上はフェニトイン)急速飽和静注やミダゾラム持続静注が必須になります。それでも痙攣発作が停止しない場合にはチオペンタールやプロポフォールなどによる麻酔療法を考慮することになります。[kouseiren-ta.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    場合によっては、痙攣を抑える薬が必要となります。また安静にしておくことも大事であり、入院した方が治療はしやすい傾向にあります。 閲覧履歴 まだ病院情報は閲覧していません。 病院情報を閲覧すると、ここに履歴が表示されます。[hospita.jp] 発熱、紅斑、水疱・びらん[皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、紅皮症] 発疹、発熱、リンパ節腫脹[過敏症症候群] 薬を中止すると手足の震え・不眠・不安・けいれん・幻覚などを起こす[薬物依存] 咽頭痛、鼻血、歯ぐきの出血[顆粒球減少、血小板減少] 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜などの黄染(黄色くなる)[肝機能障害] 息苦しい、息切れがする[rad-ar.or.jp] 痙攣 けいれんは急性発作中に起こることがあり、特に低ナトリウム血症の患者に起こり、嘔吐や不適切な輸液で悪化する。[grj.umin.jp]

  • 代謝性脳症

    肝性脳症における脳波の測定は,非痙攣性てんかん重積との鑑別に重要である。 〈鑑別診断〉 ウェルニッケ–コルサコフ症候群,アルコール離脱せん妄,低血糖,低ナトリウム血症,代謝性アルカローシス,非痙攣性てんかん重積,慢性または急性硬膜下血腫などが鑑別となる。特に非痙攣性てんかん重積は,三相波がてんかん波と類似しており,鑑別は難しい。[ds-pharma.jp] 肝性脳症では羽ばたき振戦という特徴的な手指の震えが現れますが、その他にも異常行動や意識障害が認められます。黄疸は初期には眼球結膜の黄染が出現します。 また合併症として肝がん、胃食道静脈瘤がありますが、これらも検査によって発見される疾患であり症状はありません。[tokushukai.or.jp] 痙攣性てんかん重積を疑いDiazepam投与を行ったが、症状の改善は認められなかった。脳波所見からは何らかの代謝性脳症や薬剤性脳症が疑われ、CFPMとGMを中止し、Doripenemに変更した。[imic.or.jp]

さらなる症状

類似した症状