Create issue ticket

考えれる177県の原因 痙攣性歩行

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    その他の神経疾患 多発性硬化症(MS) 多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)は、中枢神経系の慢性炎症性脱髄疾患であり、特徴は時間的・空間的に病変が多発すし、全経過中にみられる主たる症状は、視力障害、複視、小脳失調、四肢の麻痺(単麻痺、対麻痺、片麻痺)、感覚障害、膀胱直腸障害、歩行障害、有痛強直性痙攣等であり、病変部位[cogniscale.jp]

  • 脱髄疾患

    脱髄疾患 脱髄した 多発性硬化症 の病変の 顕微鏡 写真。CD68を 免疫染色 し マクロファージ が茶色に染まっている。原版の1 0拡大。 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 神経学 ICD - 10 G 35 - G 37 , G 61.0 ICD - 9-CM 340 - 341 , 357.0 MeSH D003711 脱髄疾患 (だつずいしっかん、demyelinating disease)とは神経疾患の一種で、 有髄神経 の 髄鞘 が障害されることで起こる疾患である。いったん形成された後に障害される疾患のことを言い、髄鞘形成が不完全なために起こる 髄鞘形成不全疾患[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 脳性麻痺

    脳性麻痺(のうせいまひ、英: Cerebral palsy, CP)とは、受精から生後4週までの間に、何らかの原因で受けた脳の損傷によって引き起こされる運動機能の障害をさす症候群である。 運動障害・肢体不自由者の発症要因の約7割が、当症候群だとされ、遺伝子異常によるものや、生後4週以降に発症したもの、暫定的なもの、進行性のものは含まれない。 周産期仮死、低体重出生、核黄疸が挙げられ、脳障害の病因発生の時期に応じて、胎生期・周産期・出生後に分けられる。 また、近年、周産期医療が急激に発展してきたことにより、その病態、原因や発生率は変化してきた。[…][ja.wikipedia.org]

  • ハンチントン病

    英:Huntington’s disease、英略語:HD 独:Huntington-Krankheit 仏:maladie de Huntington ハンチントン病は、四肢末端に始まりやがて全身に及ぶ 舞踏運動 (chorea)を中心とする 不随意運動 、 易怒性 や 易刺激性 などの 性格 変化、 注意力 や 記銘力 低下などの 認知機能 障害、 幻覚 ・ 妄想 などの精神障害を古典的主症状とする 常染色体優性遺伝形 式の進行性の神経変性疾患である。病因遺伝子は4番染色体短腕4p16.3のIT15(interesting transcript 15)領域に位置する ハンチンチン[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    主症状は不安定さ、失調歩行障害である。言語発達は遅れ、社会的な意思疎通はできない。視神経萎縮、眼振、痙攣発作はclassical typeと同様であるが、体幹の低緊張は見られない。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    主症状は不安定さ、失調歩行障害である。言語発達は遅れ、社会的な意思疎通はできない。視神経萎縮、眼振、痙攣発作はclassical typeと同様であるが、体幹の低緊張は見られない。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 20型

    主症状は不安定さ、失調歩行障害である。言語発達は遅れ、社会的な意思疎通はできない。視神経萎縮、眼振、痙攣発作はclassical typeと同様であるが、体幹の低緊張は見られない。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状