Create issue ticket

考えれる315県の原因 痙攣が存在する場合があ

次の結果を表示: 痙攣が存在する場合があ
代わりに検索: 痙攣が存在する場合がある

  • 虫刺症

    ナトリウムチャネルに作用して、筋肉の痙攣や呼吸困難を引き起こす。治療には、抗サソリ毒血清が有効である。 ダニに刺されても特に局所の症状はないことが多いが、ツツガムシ病、日本紅斑熱、ライム病などに注意が必要である。 ダニアレルギーの場合、全身に発疹が出現する。 蚊に刺された場合、局所的には軽度の炎症で済むが、日本脳炎に注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録 39歳男性例を報告した.視覚異常を自覚し,1カ月後に全身痙攣発作が出現して当科に入院した.頭部MRIにて右前頭葉内側,中脳,視床,大脳皮質に異常信号が多発したが,痙攣発作のコントロールとともに右前頭葉内側を除いて異常所見はおおむね消失した.その後,失調性歩行,四肢しびれが顕著となり,大球性貧血,血清ビタミンB12値低下,抗胃壁細胞抗体陽性[doi.org]

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] 身体症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝の亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    腹部手術後、腹膜炎、低カリウム血症や鉛中毒、薬剤の作用により、腸管の運動麻痺が生じ腸管の痙攣が原因となるもの。 機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。[ja.wikipedia.org] 痙攣性腸閉塞 痙攣性は鎮痙薬の投与などで治療します。 保存的治療では閉塞が解除されれば、腸管の運動に合わせて、徐々に飲水、流動食、5分粥、全粥と食事形態を上げていきます。入院期間は1〜2週間程度です。その他は疾患により数日〜数週間の入院が必要になることもあります。[tokushukai.or.jp] 機械性イレウス(狭義の腸閉塞) 単純性イレウス(閉塞性イレウス) 複雑性イレウス(絞扼性イレウス)腸の捻れ、腸重積、ヘルニア嵌頓機能的イレウス 麻痺性イレウス 痙攣性イレウス 腸管内に腫瘍、胆石、便塊、異物や食べ物での閉塞、寄生虫による閉塞、炎症や瘢痕による狭窄、卵巣癌などによる腹腔内病変による腸管圧迫閉塞等によるものや、腸管および腸間膜が[ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    乳酸産生の増加は,激しい筋肉使用(例,運動,痙攣,低体温性のシバリング)のような相対的な局所的低酸素症や,癌および特定の薬物または毒素の摂取に起因することがある( 代謝性アシドーシスの原因 )。[msdmanuals.com] また重要な原因としては痙攣発作後の代謝性アシドーシスもAG増加性代謝性アシドーシスである。これは痙攣発作によって筋肉から乳酸が放出されるためと考えられている。救急の現場ではAG増加性代謝性アシドーシスはKUSSMALと覚えられる。[ja.wikipedia.org] 代謝性アシドーシスの原因 原因 例 高アニオンギャップ ケトアシドーシス 糖尿病 慢性アルコール中毒 低栄養 絶食 乳酸アシドーシス(生理的過程による) ショック 肺疾患による一次性低酸素症 痙攣発作 アルコール(慢性の乱用) 乳酸アシドーシス(外因性毒素による) 一酸化炭素 シアン化物 鉄 イソニアジド トルエン(最初は高ギャップであるが[msdmanuals.com]

  • 血栓症

    症状としては頭痛、視覚異常、その他(一側性の顔面や上下肢の麻痺、痙攣など)脳卒中で起こる症状のいずれもが起こりうる。診断は通常CTスキャンあるいはMRIで行われる。発症した患者の多くは良好な経過をたどり、完全に回復する。[ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    頭蓋外動脈の血行障害、小塞栓、血管痙攣。 症状は内頚動脈領域か椎骨脳底動脈系の循環障害かで異なる。また症状は突発的に起こり、数秒ないし15分以内、長くても24時間以内に一旦消失する。 症状を医学的な用語で説明すると次のようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 子癇前症

    症状基本的には痙攣発作と意識消失である。あえて典型例を示すのなら、誘導期:意識消失、瞳孔散大、対光反射消失、眼筋痙攣、顔面痙攣 強直性痙攣痙攣が全身に広がる、後弓反射、呼吸停止、これらは10秒程度続く。 間代性痙攣:間歇的痙攣、瞳孔散大、チアノーゼ、これらが1分程度続く。[ja.wikipedia.org] 前述の通り、子癇発作の直後は体動や光などわずかな刺激で再度の痙攣発作を誘発し、生命に関わる。そのため子癇の状況で、特別脳出血を疑う所見がない限り頭部CTなどは原則として撮ることはない。 子癇の治療の目標としては、痙攣の制御、低酸素血症の補正、高血圧の管理、分娩の管理である。[ja.wikipedia.org] 子癇の本質は高血圧にともなう脳組織の循環障害と機能障害であり、非妊娠個体においても痙攣や意識障害などの中枢神経症状として発症する高血圧脳症(高血圧クリーゼ)の類縁疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 狭心症

    誘発試験:上記カテーテル検査で、冠動脈の痙攣を誘発する薬剤を直接冠動脈に注入し、症状、心電図変化、血管造影所見から診断する。 薬物療法 器質的狭窄病変が見られないことが多く、原則として薬物治療となる。 硝酸薬:発作時頓服薬としてしばしば処方される。また、持続製剤や貼付製剤は発作予防に使用される。[ja.wikipedia.org] 一方、睡眠中や安静時に突然、発作を起こすものを「安静時狭心症」または「異型狭心症」と呼び、冠動脈の一過性の痙攣が原因だと言われています。 Q. 狭心症の治療法にはどのようなものがありますか? 診断の結果、狭心症とわかると、発作の時に使う舌下錠(「ニトログリセリン」や「ニトロール」)やスプレーを処方します。[ncvc.go.jp]

  • 頭蓋骨骨折

    また、外傷性てんかんを生じやすいので抗痙攣剤を投与する。 陥没骨折は頭蓋内腔に向けて陥没した骨折である。正確には、不全骨折として発生する場合には陥凹骨折といい、完全に連続性を失った場合に陥没骨折という。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状