Create issue ticket

考えれる29県の原因 痙攣が存在する場合がある

つまり: 痙攣が存在する場合があ

  • エルゴタミン撤退

    これらの薬物は、外傷後のてんかんの存在下で特に有用である。物理療法は、持続性筋痙攣および抗うつ薬の存在下で、同時にうつ病および不安を伴う場合に有用である。 感染症 - 頭痛の原因として 頭痛は、様々な全身性および頭蓋内の感染症で起こり得る。[ja.iliveok.com]

  • 熱性けいれん

    が2回以上反復した場合 i.焦点性発作(部分発作)または24時間以内に反復する ii.熱性痙攣出現前より存在する神経学的異常,発達遅滞 iii.熱性痙攣または癲癇の家族歴 iv.12カ月未満 v.発熱後1時間未満での発作 vi.38 未満での発作 ジアゼパム坐薬は,37.5 を目安にして,1回0.4-0.5mg/kg(最大10mg)を肛門に[zousantsushin.jp] 熱性痙攣の予防 熱性痙攣の既往がある小児におけるジアゼパム坐薬の予防投与は,ルーチンには必要ありません.熱性痙攣は1回のみで終わる場合が70%で,再発率は30%程度だからです.しかし,以下の適応基準(1)または(2)を満たす場合には,予防投与の対象です. (1)15分以上の遷延発作 または (2)次のi-viのうち2つ以上を満たした熱性痙攣[zousantsushin.jp]

  • 塩化亜鉛中毒

    36 ナトリウム 及びその化合物 自然水中に広く存在する。海水、工場排水などの混入で濃度が高くなる。 高濃度だと味が悪くなる。多量摂取した場合痙攣や、筋硬直等。 37 マンガン 及びその化合物 地質による影響をうけ、微量でも配水管等に付着して黒水の原因になる。 色(黒水)、神経症状(言語障害)を主とする中毒症状。[city.beppu.oita.jp]

  • 脈絡叢乳頭腫

    他に脳神経の障害や、小脳失調症状(ふらつき)を認める場合があります。 2)テント上腫瘍では、頭痛、痙攣、や神経機能の障害で発症します。 3.診断 1)症状から腫瘍の存在を疑って、CTやMRI検査で病変を認めて診断がつきます。[neurosurgery.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    病変に対する治療 NPCに対する根治療法は存在しない。 痙攣、ジストニア、カタプレキシーに対する対症療法は少なくとも部分的に効果がある。 睡眠障害を認める場合、夜間の鎮静が適応となる可能性がある。複雑な症例では、睡眠専門医による正式な評価を考慮するべきである。[grj.umin.jp]

  • 単純ヘルペス性角結膜炎

    ③破傷風(五類、全数把握) 病原体 : 破傷風菌( Clostridium tetani )-嫌気性グラム陽性桿菌 感染対策 : 標準予防策 消毒法 : 芽胞を対象とする方法 破傷風は硬直性の痙攣を伴い死因となる。破傷風菌の芽胞は広く土壌中など自然界に存在し、深い外傷が汚染された場合など嫌気的条件において感染が成立し、毒素を産生する。[yoshida-pharm.com]

  • ニーマン・ピック病C型

    病変に対する治療 NPCに対する根治療法は存在しない。 痙攣、ジストニア、カタプレキシーに対する対症療法は少なくとも部分的に効果がある。 睡眠障害を認める場合、夜間の鎮静が適応となる可能性がある。複雑な症例では、睡眠専門医による正式な評価を考慮するべきである。[grj.umin.jp]

  • 腎前性高窒素血症

    (3)臨床検査値 血清クレアチニン値の上昇により急性腎不全の存在が確認できる。 急性腎不全に遭遇した場合、尿電解質と尿一般検査を行うことが重要である。[naoru.com] (2)他覚症状 進行すると、乏尿(1 日尿量400 mL 以下)あるいは無尿(1 日尿量100 mL以下)、高K血症、代謝性アシドーシス、体液過剰(肺うっ血、胸水、腹水、浮腫)、循環器症状(不整脈、うっ血性心不全、高血圧)、消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、消化管出血)、神経症状(意識障害や痙攣)など。[naoru.com]

  • 高ナトリウム血症

    臨床像としては,錯乱,神経筋の興奮性亢進,反射亢進,痙攣,昏睡などを呈する。 患者が単純な水分補給に反応しないか,または明らかな原因が存在しない場合には,特に水制限後に尿量および尿浸透圧の評価が必要になることがある。 血管内容量および自由水を経口投与または静脈内投与により補充する。[msdmanuals.com]

  • 職業性痙攣

    この酵素が欠乏するか全く存在していない場合には、消化されない乳糖は、腸で発酵し、ガスやむくみ、腹部の痙攣、鼓腸、ゆるい便の症状が結果として生じる。 先天的なラクターゼ欠乏は稀である。初期のラクターゼ欠乏は、大抵乳児の離乳期後、思春期前に現れる 50 。乳児期あるいは幼児期のGI感染は、この疾患の発症を早めることがある。[dbarchive.biosciencedbc.jp]

さらなる症状