Create issue ticket

考えれる739県の原因 痙性麻痺

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    そのうち、強い縮が見られるのは遺伝縮対麻痺、および一部の遺伝脊髄小脳変性症が中心です。 重度縮の発生頻度と時期 数年から数十年かけてゆっくりと進行する経過を取りますが、進行の速度は病型により異なり、また同じ病型であっても個人差もあります。[itb-dsc.info] 強直脊椎炎、変形脊椎症、強直脊椎骨増殖症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊柱奇形、脊椎・脊髄腫瘍、運動ニューロン疾患、脊髄麻痺(家族麻痺)、多発性神経炎、脊髄炎、末梢神経障害、筋疾患、脊髄小脳変性症、脳血管障害、その他。[hoken.kakaku.com] 、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称進行麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害なし)、便失禁、対称の進行麻痺 前脊髄動脈領域病変(後索のみ障害なし)、馬尾症候群、境界明瞭な全感覚の感覚レベルと限局性脊髄性疼痛、完全[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    二次性進行期では進行の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org] 視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp]

  • 頸部椎間板ヘルニア

    症状は頸部の動きで生じる四肢のしびれ、痛みから始まることが多いですが、その後安静時でも四肢のしびれ、筋力低下などが生じ、脊髄が圧迫による麻痺(四肢のつっぱりを伴う麻痺)が強い場合は、手の細かい動作の障害、歩行障害が顕著になります。[med.kindai.ac.jp] 椎間板の変性による髄核脱出 神経根、脊髄圧迫 肩こり、頸部痛 脊髄、神経根の圧迫による症状 上肢への放散痛 手指のしびれ感、感覚鈍麻(どんま) 手指の巧緻(こうち)運動障害(箸が使いにくい、書字困難、ボタンが掛けにくい) 下肢の麻痺による歩行障害(速歩困難、転倒) 膀胱症状(頻尿、排尿遅延、尿勢低下、残尿感) ※ページ内の画像はクリック[rakuwa.or.jp] 椎間板ヘルニアにより神経が圧迫されると,肘を打った時のようなびりびりとした電撃痛が発生します.これを神経根症と言います.脊髄が圧迫されると,上肢ばかりでなく下肢にも痛み痺れが発生し,運動麻痺も発生します.これを脊髄症と言います.頸椎椎間板ヘルニアの場合には,下肢に麻痺が発生することがありますが,この場合,平地では歩けていても階段の昇降時[katano-hp.or.jp]

  • 対麻痺

    は,まれな遺伝疾患であり,進行,脊髄,非髄節の下肢の不全麻痺を特徴とし,ときに知的障害,痙攣,その他の脊髄外の障害を伴う。[msdmanuals.com] 麻痺の症状 麻痺は、両下肢の筋緊張が亢進して(突っ張って)運動麻痺(自分で動かせない)がある状態のことをいいます。遺伝麻痺では、徐々に麻痺の症状が進行し、筋力低下をきたします。[ncnp.go.jp] 麻痺は、遺伝によって発症するケースが多いことから、 遺伝麻痺 、 家族麻痺 とも呼ばれます。 障害年金では「先天(生まれながら)」の病気の場合、初診日が0歳とされますが、麻痺の場合、遺伝性であっても0歳とはならず、初めて医師の診断を受けた日が初診日となります。[shougaiv.com]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    運動能力と知的能力の発達遅滞のほか、神経症状や麻痺といった症状が現れます。 今回は、国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部室長の井上健先生に、先天性大脳白質形成不全症の原因とメカニズム、症状についてお話をうかがいました。[medicalnote.jp] 症状 乳児期に出現する眼振と頭部の振戦を特徴とし、けいれんや筋緊張の異常、麻痺など。 5. 合併症 肺炎などの感染症。 6. 治療法 痙攣に対する抗けいれん剤などの対症療法が中心で、有効な根治療法は現在のところ報告されていない。 7.[nanbyou.or.jp] 思春期以降に麻痺が発症します。小児型ALDに比べて進行はゆるやか。最新の調査によれば、性染色体劣性の男性ALD患者の50%がこのタイプであり、言い換えれば、白質ジストロフィーの中で最も症例の多いタイプということになりますね。ULFのサイトではAMN患者によるチャット・ルームが開催されています。[jura.jp]

  • アレキサンダー病

    対症療法としててんかんに対して抗てんかん薬、麻痺に対して抗縮薬が用いられる。その他、TRH投与により臨床症状の改善が認められたという報告がある。また、海外では1例のみの検討であるが2型に対してセフトリアキソンが失調症状や構音障害に有効であったとする報告がある。 7.[nanbyou.or.jp] 2015年現在、標準治療は存在せず、対症療法としててんかんや麻痺に対して抗てんかん薬および抗縮薬が用いられるに留まる。小児に対して骨髄移植が試みられてもいるが、良好な成績は得られていない。[ja.wikipedia.org] , 進行多巣白質脳症, 脳腫瘍, 脳血管障害, CADASIL, CARASIL, ミトコンドリア脳筋症, 遺伝麻痺, HTLV-I関連脊髄症, ALSなど大脳白質や延髄・脊髄に病変の主座を認める疾患 III.[plaza.umin.ac.jp]

  • 運動失調

    広義には運動失調症と同時に起こるものとして大脳障害における歩行もしくは麻痺歩行や、脊髄障害において深部感覚障害により現れる麻痺に近い歩行をも含むが、歩行、麻痺性歩行は筋トーヌス異常により副次的に発生する失調として明確に区別される。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    脳出血 アミロイド前駆タンパク(APP) シスタチンCアミロイドーシス (アイスランド型) 脳出血 シスタチンC Familial British dementia 認知機能障害 失調 麻痺 白内障 難聴 BRI 非遺伝性の全身性アミロイドーシスには,免疫グロブリン(AL)アミロイドーシス,反応性(続発性,AA)アミロイドーシス,β2[grj.umin.jp] リゾチーム 家族性地中海熱 腎障害 腹膜炎 周期性の発熱 ピリン (marenostrin) 脳型 3型アルツハイマー病 認知機能障害 プレセニリン1 4型アルツハイマー病 プレセニリン2 1型アルツハイマー病 (スウェーデン,ロンドン,フロリダ,フランダース,北極,アイオワ型) アミロイド前駆タンパク(APP) アミロイド沈着に伴う 遺伝脳出血[grj.umin.jp]

さらなる症状