Create issue ticket

考えれる57県の原因 症状は数時間から数日続く

  • 急性アンフェタミン中毒

    離脱症状時間ではじまり、で頂点に達し、多くは数週間で治まり、一部では数カ月続く。離脱症状を軽減するために、パッチやガムによるニコチン置換療法(NRT)が広く用いられる [11] 。 覚醒剤からの離脱に関する証拠はあまり存在しない。離脱症状の緩和に有効性が示された医薬品はない [11] 。[ja.wikipedia.org]

  • 上室性頻拍

    PSVTの症状 不安、胸部苦悶感、動悸、頻脈、息切れ、めまい、くらくら感などで、症状分から時間程度ですが、医療機関で治療してもらうまで続く人もいます。[sandiegoyuyu.com] PSVTの検査 症状がある間に心電図をとれば、それで診断できますが、短時間のPSVTでは医療機関受診時には正常の心拍に戻っていることが多く、その場合、普通の心電図ではPSVTを診断できません。 症状が1日に1回以上ある時は、ポータブル心電図を装着して記録する24時間ホルター心電図検査を行います。[sandiegoyuyu.com]

  • 片頭痛

    片頭痛はズキズキした痛みが時間から続き症状がひどくなると吐き気を伴うこともあります。 しかし、片頭痛のメカニズムはまだ解明されていません。 ただ、片頭痛が起きているときは血管が拡張していることがわかりました。 片頭痛のときに血管を刺激したり、血行を促進したりすると血管がさらに広がって痛みが強くなることもあります。[epark.jp]

  • 感染性大腸炎

    感染性胃腸炎の発生状況(リンク) 1.感染性胃腸炎の主な原因ウイルス ノロウイルス ロタウイルス サポウイルス 主な症状は、下痢、おう吐、吐き気、腹痛ですが、発熱する場合もあり、症状がひどい場合には、脱水症状を起こすことがあります。 潜伏期間は、平均1から2(短くて時間から) です。 通常は軽症で、症状が1日から3日続きます。[pref.osaka.lg.jp]

  • 幼児胃腸炎

    感染性胃腸炎の発生状況(リンク) 1.感染性胃腸炎の主な原因ウイルス ノロウイルス ロタウイルス サポウイルス 主な症状は、下痢、おう吐、吐き気、腹痛ですが、発熱する場合もあり、症状がひどい場合には、脱水症状を起こすことがあります。 潜伏期間は、平均1から2(短くて時間から) です。 通常は軽症で、症状が1日から3日続きます。[pref.osaka.lg.jp]

  • リンパ水腫

    治療としては、「浮遊耳石置換法」という理学療法が有効ですが、症状が遷延することや、再発を繰り返すこともあります。 3)前庭神経炎 突然発来する激しいめまいが特徴です。激しいめまいは、通常、時間から続きますが、難聴・耳鳴や他の脳神経症状を伴うことはありません。メニエール病と違って、めまいを繰り返すことはありません。[orl.med.tohoku.ac.jp]

  • 産後うつ病

    これは出産というストレスに対する反応で、一般的に時間から症状がなくなります。 なかには、もう少し長期間にわたって症状が続く場合があり、これにはマタニティー・ブルーと産褥うつ病があります。 ・マタニティー・ブルー・ 出産後、一時的に気分の落ち込む、マタニティー・ブルーは多くの女性が経験します。[seisekisakura-mental.com]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    脳卒中様症状は嘔吐を伴う発作性の頭痛、痙攣、意識障害で、回復後に片麻痺、視力障害(多くは一過性)を残します。脳卒中様症状時間から続き、その間は高乳酸血症による代謝性アシドーシスをみます。成人にみられる脳卒中と異なり、麻痺のような症状は一過性で通常は速やかに快復します。[jmda.or.jp]

  • 前庭神経炎

    また、聞こえの症状は伴わない。 めまいは突発的に発症し、強い回転性めまい感が時間から続く。その時、蝸牛症状(耳鳴、難聴、耳閉感、等)を伴わないのが特徴である(メニエール病との鑑別点)。 嘔気、嘔吐を伴うことも多い。 回転性めまいが治まったのちも、ふらつき感が数週から数カ月間残存することがある。 前庭神経の炎症が原因である。[ja.wikipedia.org] 症状が落ち着いてからは、リハビリも有効です。 耳鳴りや難聴を伴う回転性のめまい(時間続く) メニエール病 回転性 のめまいが 数10分 数時間 続いたり、 耳鳴りがしたり、難聴 (単に耳が詰まった感じのこともある)になったり、これらが同時に突然起こります。この3つは「メニエール3徴」と言います。[eonet.jp]

  • 発作性上室性頻拍

    PSVTの症状 不安、胸部苦悶感、動悸、頻脈、息切れ、めまい、くらくら感などで、症状分から時間程度ですが、医療機関で治療してもらうまで続く人もいます。[sandiegoyuyu.com] PSVTの検査 症状がある間に心電図をとれば、それで診断できますが、短時間のPSVTでは医療機関受診時には正常の心拍に戻っていることが多く、その場合、普通の心電図ではPSVTを診断できません。 症状が1日に1回以上ある時は、ポータブル心電図を装着して記録する24時間ホルター心電図検査を行います。[sandiegoyuyu.com]

さらなる症状