Create issue ticket

考えれる225県の原因 異所性腎

  • 交差性融合異所性腎

    抄録 直腸癌に交叉融合を合併した非常にまれな症例を経験したので報告する.症例は70歳男性で便潜血陽性のために行った大腸内視鏡検査で直腸癌を指摘され,術前検査中に交叉融合と診断された.交叉融合は,馬蹄腎などの他の腎奇形同様に脈管や尿管の奇形が多いと報告されている.安全な手術を行うためには,脈管や尿管の走行を術前に[jstage.jst.go.jp] CTでは右腎はなく,当初は右腎萎縮による代償性左腎肥大と診断された.しかし3D-CTでも右腎動脈は描出されず,またDIPでは左側に孟を上下に認め,下位孟からの尿管は対側に交叉していたため,交叉融合と診断された.手術所見として右腎動脈は下腸間膜動脈直上の大動脈前面より認められたが,その他の奇形腎動脈は認められなかった.また右尿管[jstage.jst.go.jp]

  • ゼッケル症候群

    ミニー・ウールジィ(1880年〜1960年以降)は "鳥女クークー" というあだ名で知られるアメリカの見世物芸人。ゼッケル症候群。1932年の トッド・ブラウニング の映画 『フリークス』 にも出演している。 ウールジィは1880年にジョージア州のラブン郡で生まれた。彼女の幼少期にについてはほとんど知られておらず、ゆいいつ残っているのは精神病院を出たあと"ミニー・ハ・ハ"(インディアン「ミネハハ」を由来としている)というステージ名で、アメリカのサイドショー興行に出演していたという経歴のみである。 彼女は セッケル症候群と呼ばれる珍しい先天性成長骨格疾患[…][subculture.at]

  • 不十分な食事療法

    これを高リン血症というのですが、これがあまり高度になると石灰化といって骨が弱くなったり、機能がさらに悪化したりする原因になります。低たんぱく食にするとリンの摂取量も抑えられますから、その意味でも低たんぱく食事療法は必要なのです。[nyusankin.or.jp]

  • 性腺機能低下症

    2.鑑別診断 薬物服用によるプロラクチン分泌過剰、原発甲状腺機能低下症、プロラクチン産生腫瘍、慢性不全、胸壁疾患 3.診断基準 Definite:(1)の1項目を満たし、かつ(2)を満たすもの 重症度分類 以下に示す項目のうち最も重症度の高い項目を疾患の重症度とし、中等症以上を対象とする。[nanbyou.or.jp] 3.鑑別診断 (1)細胞外液量の過剰な低ナトリウム血症:心不全、肝硬変の腹水貯留時、ネフローゼ症候群 (2)ナトリウム漏出が著明な低ナトリウム血症:ナトリウム喪失、下痢、嘔吐 (3)性ADH分泌腫瘍 4.診断のカテゴリー Definite:(1)を満たし、かつ(2)①から⑦全ての項目を満たすもの 重症度分類 以下に示す項目のうち最も[nanbyou.or.jp]

  • 甲状腺腫

    血中カルシウムの上昇により骨以外の部位に石灰化が発生しやすくなります(石灰化)。動脈硬化や関節炎が起こり易くなります。これが性副甲状腺機能亢進症といいます。予防には食事療法、リン吸着剤の内服、活性型ビタミンD3の内服が重要です。[oph.gr.jp]

  • 腎疝痛

    先天性異常の代表的疾患 腎臓の先天異常: 腎臓の欠損・発育不全,融合・馬蹄,嚢胞疾患・膿疱腎 腎盂・尿管の先天異常: 重複腎,腎盂尿管移行部・ 尿管膀胱移行部狭窄 , 尿管の開口 , 尿管瘤,大静脈後尿管 膀胱の先天異常: 膀胱外反症,膀胱憩室,尿膜管の異常 尿道の先天異常: 尿道狭窄,尿道弁膜形成,尿道下裂,包茎 尿路の感染症[onodera.webcrow.jp]

  • 上部尿路感染症

    対象となる主な疾患 上部尿路疾患 先天症、膀胱尿管逆流、腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、多嚢胞形成結石、巨大尿管症、重複腎盂尿管、開口尿管、尿管瘤 上下部尿路疾患 尿道下裂、夜尿症、神経因膀胱、後部尿道弁、総排泄腔遺残、総排泄腔外反症、膀胱外反症、膀胱腫瘍(横紋筋肉腫など)、過活動膀胱、尿道上裂、前部尿道弁、尿道脱、尿道外傷[keio-urology.jp] 石灰化の一種です 合併症の原因は? 図8 CKD-MBD:不全では腎臓が担っているビタミンD活性化作用が起こらないため、骨がもろくなります 腎臓が行っている電解質調節機能の低下からカリウム・リン高値、カルシウム低値となり、造血ホルモン産生機能の低下から腎性貧血となります。[tokushukai.or.jp] 副甲状腺ホルモン値が高いままでは骨がもろくなり、石灰化や心臓弁膜症などを引き起こします。血清カルシウム・リンのバランスが不安定なこと、副甲状腺ホルモン高値が影響し不全に基づく特殊な骨病変(CKD-MBD:慢性腎臓病による骨ミネラル代謝異常 図8)が進みます。また、腎不全下では血液中にβ2ミクログロブリンというタンパクが増えます。[tokushukai.or.jp]

  • 腎盂腎炎

    石灰化の一種です 合併症の原因は? 図8 CKD-MBD:不全では腎臓が担っているビタミンD活性化作用が起こらないため、骨がもろくなります 腎臓が行っている電解質調節機能の低下からカリウム・リン高値、カルシウム低値となり、造血ホルモン産生機能の低下から腎性貧血となります。[tokushukai.or.jp] 副甲状腺ホルモン値が高いままでは骨がもろくなり、石灰化や心臓弁膜症などを引き起こします。血清カルシウム・リンのバランスが不安定なこと、副甲状腺ホルモン高値が影響し不全に基づく特殊な骨病変(CKD-MBD:慢性腎臓病による骨ミネラル代謝異常 図8)が進みます。また、腎不全下では血液中にβ2ミクログロブリンというタンパクが増えます。[tokushukai.or.jp]

  • 前立腺肉腫

    の異常 3. 腎盂,尿管(上部尿路)の異常 (先天症/巨大尿管/尿管瘤/尿管開口/その他の尿管奇形) 4. 膀胱,尿膜管の異常 (膀胱憩室/膀胱外反症/尿道上裂/総排泄腔外反症/尿膜管の異常) 5. [medica.co.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    石灰化の一種です 合併症の原因は? 図8 CKD-MBD:不全では腎臓が担っているビタミンD活性化作用が起こらないため、骨がもろくなります 腎臓が行っている電解質調節機能の低下からカリウム・リン高値、カルシウム低値となり、造血ホルモン産生機能の低下から腎性貧血となります。[tokushukai.or.jp] 副甲状腺ホルモン値が高いままでは骨がもろくなり、石灰化や心臓弁膜症などを引き起こします。血清カルシウム・リンのバランスが不安定なこと、副甲状腺ホルモン高値が影響し不全に基づく特殊な骨病変(CKD-MBD:慢性腎臓病による骨ミネラル代謝異常 図8)が進みます。また、腎不全下では血液中にβ2ミクログロブリンというタンパクが増えます。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状