Create issue ticket

考えれる13県の原因 異所性副腎皮質刺激ホルモン産生症候群

  • 小細胞肺癌
  • 再発小細胞肺癌
  • 大腸の腺癌
  • 甲状腺髄様癌
  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 盲腸腺癌
  • 膵腺癌
  • カルチノイド腫瘍

    カルチノイド(英: carcinoid)とは、神経内分泌細胞(ホルモン産生細胞)から発生する腫瘍のこと。 現在では神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor; NET)と呼ばれることが多い。 セロトニン産生細胞であるenterochromaffin細胞由来と考えられている。過剰なホルモン様物質をつくる場合があり、発生する物質からカルチノイド患者の20%未満でカルチノイド症候群が起きる場合がある。ヒトのセロトニンの約90%が存在する消化管に好発する。好発部位は肺・気管支、直腸、空腸・回腸、胃、虫垂、十二指腸がある。[ja.wikipedia.org]

  • 褐色細胞腫

    【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 小野 褐色細胞腫の症状軽減薬メチロシンを導入 国内開発へ 公開日時 2013/10/23 03:50[…][mixonline.jp]

さらなる症状