Create issue ticket

考えれる131県の原因 異常なB-細胞機能

  • アルツハイマー病

    Aducanumabは、リバース・トランスレーショナル・メディシン(RTM)と呼ばれるNeurimmune社のテクノロジー・プラットフォームを用いて作成されたヒト遺伝子組換えモノクローナル抗体(mAb)であり、認知障害の兆候のない健康な高齢者、または進行が異常に遅い認知機能障害のある高齢者から採取した、非特定化B細胞ライブラリーに由来します[eisai.co.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    EBウイルスは通常唾液を介して初感染しますが、乳幼児では無症状(不顕性感染)が多く、発熱や肝機能異常を一過性に呈する伝染性単核球症を起こすのはたいてい思春期以降です。その際EBウイルスは細胞に初感染し、急性期を過ぎても体内から排除されることなく、生涯にわたってB細胞に潜伏感染します。[wch.opho.jp]

  • 伝染性単核球症

    EBウイルスは通常唾液を介して初感染しますが、乳幼児では無症状(不顕性感染)が多く、発熱や肝機能異常を一過性に呈する伝染性単核球症を起こすのはたいてい思春期以降です。その際EBウイルスは細胞に初感染し、急性期を過ぎても体内から排除されることなく、生涯にわたってB細胞に潜伏感染します。[wch.opho.jp]

  • 2型糖尿病

    通常は絶対的インスリン欠乏に至る A.自己免疫性 B.特発性 Ⅱ.2型 インスリン分泌低下を主体とするものと、インスリン抵抗性が主体で、それにインスリンの相対的不足を伴うものなどがある Ⅲ.その他の特定の機序、疾患によるもの A.遺伝因子として遺伝子異常が固定されたもの ①膵β細胞機能にかかわる遺伝子異常 ②インスリン作用の伝達機構にかかわる[club-dm.jp] 遺伝子異常 B.他の疾患、条件に伴うもの ①膵外分泌疾患 ②内分泌疾患 ③肝疾患 ④薬剤や化学物質によるもの ⑤感染症 ⑥免疫機序によるまれな病態 ⑦その他の遺伝的症候群で糖尿病を伴うことの多いもの Ⅳ.妊娠糖尿病 〔日本糖尿病学会糖尿病診断基準に関する調査検討委員会:糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告(国際標準化対応版).[club-dm.jp]

  • 慢性疲労症候群

    皮膚・粘膜、補体、NK細胞、好中球、マクロファージ、Danger-associated molecular pattern(DAMP)などの異常 獲得免疫の異常 B細胞異常 B細胞の数・機能異常、免疫グロブリン異常、自己抗体など T細胞の異常 T細胞の数・機能異常など 樹枝状細胞の異常 樹枝状細胞の数・機能異常など サイトカインの異常[fuksi-kagk-u.ac.jp] […] of iNOS、production of COX-2、urinary excretion of 8-OHdG等 その他代謝異常 カルニチンの異常…アシルカルニチン等 ミトコンドリアの異常…ATP、Mitochondrial content(酵素等) 運動負荷時の異常…上記安静時のマーカー等 表3 免疫系、遺伝子関連の客観的所見 自然免疫の異常[fuksi-kagk-u.ac.jp]

  • 片頭痛

    したがってビタミン2の欠乏はミトコンドリアのエネルギー産生機能異常につながり、マグネシウムの場合と同様に脳の神経細胞の興奮しやすさをもたらすと考えられます。[hankeidou-health.net]

  • 原発性免疫不全症

    複合免疫不全症 [ 編集 ] 重症複合型免疫不全症 Severe combined Immunodeficiency:SCID) T細胞の欠損かつB細胞の欠損または機能異常による、液性・細胞性免疫能の(ほぼ完全な)欠如である。[ja.wikipedia.org] このように、B細胞機能異常であれば、造血幹細胞移植が適応されることは少なく、ガンマグロブリンの補充が治療の第一選択となります。 原発性免疫不全症の主な治療3:造血幹細胞移植 根治的な治療になる造血幹細胞移植 原発性免疫不全症の根治療法は造血幹細胞移植です。これは、第3者の造血幹細胞を患者さんに移植する治療法です。[medicalnote.jp] 複合免疫不全症 [ 編集 ] T細胞 の数または機能異常により、 細胞性免疫 の不全を主体とする免疫不全を呈する疾患。T細胞機能不全があれば、 B細胞 による適切な 抗体 産生も行われなくなるため、 液性免疫 の不全も合併する。 症状としては、 細菌 、 真菌 、 ウイルス のいずれにも易感染性(感染しやすい)を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    ウイルスに感染している人の血液、あるいは血液成分が混入した体液や、浸出液(切り傷などを治すために傷口から出る分泌液)を介して感染し、その後ウイルスによって肝細胞が破壊され始めます。そのうち、肝機能異常が6カ月以上続く状態を慢性肝炎と呼び、 B型肝炎 ウイルスとC型肝炎ウイルスが原因となります。[saiseikai.or.jp]

  • 小腸内細菌異常増殖

    質輸送因子「 AP-1B [1] 」が正常に機能しないと、腸管粘膜の異常増殖が引き起こされることを発見しました。[riken.jp] ポイント AP-1Bが正常に機能しないと、細胞接着分子E-カドヘリンが細胞内で蓄積 E-カドヘリン細胞内蓄積が、β-カテニンを不安定にして細胞増殖関連遺伝子を活性化 今後の研究進展で、大腸がんの新たな早期発見法や予後評価法の開発に期待 要旨 理化学研究所(理研、野依良治理事長)と東京大学(濱田純一総長)は、腸管上皮細胞において、細胞内タンパク[riken.jp]

  • 動脈管開存症

    原因の解明 胎生期の神経板および神経堤細胞の形成に関与するZFHX1B(ZEB2)遺伝子の片側のアリルの機能不全により中枢神経系、腸管 神経節細胞、頭部と体節の形成異常が起こり発症する。ほとんどの症例にZFHX1B遺伝子のナンセンス、フレームシフト変異あるいは欠失が見られる。 4.[nanbyou.or.jp]

さらなる症状