Create issue ticket

考えれる30県の原因 異常な視覚誘発反応

  • 脱髄疾患

    脱髄疾患 脱髄した 多発性硬化症 の病変の 顕微鏡 写真。CD68を 免疫染色 し マクロファージ が茶色に染まっている。原版の1 0拡大。 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 神経学 ICD - 10 G 35 - G 37 , G 61.0 ICD - 9-CM 340 - 341 , 357.0 MeSH D003711 脱髄疾患 (だつずいしっかん、demyelinating disease)とは神経疾患の一種で、 有髄神経 の 髄鞘 が障害されることで起こる疾患である。いったん形成された後に障害される疾患のことを言い、髄鞘形成が不完全なために起こる 髄鞘形成不全疾患[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 脳幹梗塞

    こんな症状のあなたは 脳幹梗塞の可能性があります めまい 意識障害 瞳孔異常 (明るい場所で瞳孔が開いたり、暗い場所で瞳孔が収縮する、光を当てても瞳孔が反応しないなど) 顔面の運動・感覚の異常 手足の運動・感覚障害 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は「脳幹」という部位の血管に血栓や狭窄が起きて詰ることで脳に障害がおきる病気です。大脳、小脳、脊髄からの信号を中継する脳幹には、12種類ある脳神経のうち10種類が通っていて、「呼吸」などの生命維持に重要な機能も含まれます。この部分が梗塞を起こした場合は、死に至る可能性が高く大変危険です。 脳幹梗塞の原因 生活習慣病が原因の一つだといわれています。[…][noukousoku119.com]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    【インタビュー】 公開日 2017 年 07 月 02 日 更新日 2018 年 10 月 22 日 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第二部 室長 井上 健 先生 先天性大脳白質形成不全症とは小児の希少性難病であり、現在の日本での患者数は、約220人です。運動能力と知的能力の発達遅滞のほか、神経症状や痙性麻痺といった症状が現れます。 今回は、国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第二部室長の井上健先生に、先天性大脳白質形成不全症の原因とメカニズム、症状についてお話をうかがいました。 先天性大脳白質形成不全症とは[…][medicalnote.jp]

  • ベール症候群

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 ジュベール症候群は、1969年に小脳虫部欠損と筋緊張低下、失調、発達の遅れ、眼球運動異常などを呈する疾患として報告された。その後、網膜異常、腎嚢胞、肝障害、口腔周囲、指(趾)などの幅広い臨床症状を伴うことが報告され、この疾患群には放射線学的な脳幹の形成異常(MTS: Molar Tooth[…][nanbyou.or.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    体性感覚誘発電位 444 3. 視覚誘発電位 445 4. 聴性脳幹反応 445 D. 脳波 446 1. 脳波の起源 446 2. 脳波の分類 447 3. 正常脳波 447 4. 異常脳波 448 第19章 診断学 水野美邦 I. 神経学的診察の進め方 453 II. 精神状態 453 1. 意識障害 453 2. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 視神経炎

    視神経炎の症状所見( 図表 )には、視力低下、視野異常(中心暗点が多い)( 図表 )、中心フリッカー値低下( 図表 )、瞳孔対光反応障害、色覚異常、眼底異常(あり・なし)( 図表 )、眼球運動時痛の特徴がある。[clinicalsup.jp] 視覚誘発電位異常(P100潜時時間の延長、振幅低下)、MRI(Short TI inversion recovery、STIR法)の視神経内高信号は診断に重要である。 図表 … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 MRIのSTIR法では視神経の炎症部分が高信号に描出される。[clinicalsup.jp]

  • 球後視神経炎

    視神経炎の症状所見( 図表 )には、視力低下、視野異常(中心暗点が多い)( 図表 )、中心フリッカー値低下( 図表 )、瞳孔対光反応障害、色覚異常、眼底異常(あり・なし)( 図表 )、眼球運動時痛の特徴がある。[clinicalsup.jp] 視覚誘発電位異常(P100潜時時間の延長、振幅低下)、MRI(Short TI inversion recovery、STIR法)の視神経内高信号は診断に重要である。 図表 … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 MRIのSTIR法では視神経の炎症部分が高信号に描出される。[clinicalsup.jp]

  • 常染色体劣性難聴 46

    により,皮質症状としてのてんかんを合併することもある.生理学的検査では,聴性脳幹反応や体性感覚誘発電位,視覚誘発電位では中枢性伝導障害を示す.また,末梢神経伝導速度あるいは筋電図所見により末梢神経障害がある場合はI群,ない場合はII群に分類する.画像検査では,MRI撮影が診断的に有用かつ必須である.T2強調画像で,白質にびまん性の高信号領域[plaza.umin.ac.jp] ,聴性脳幹反応は通常正常である.[plaza.umin.ac.jp] 白質の広範な高信号 (hypomyelinating pattern)を認め,PMDと近似する.MRS検査ではN-acetylaspartate(NAA)の高値を呈するが,これはNANAとNAAは1.5テスラMR装置では区別できないためであり,実際にはNANAの増加を反映しており,診断的に有用である.末梢神経伝導速度は約半数で低下するが,視覚誘発電位[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状