Create issue ticket

考えれる179県の原因 異常な視神経乳頭

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    ③ 視神経低形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経低形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] 眼底写真 OCT 検査 OCT(光干渉断層計)という器械で視神経の層の厚みを測定して標準値と比較する検査です。 視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[skk-net.com] 第1章 視神経乳頭の局所解剖と正常乳頭所見 1.網膜と視神経乳頭の局所解剖学 2.網膜神経節細胞・網膜神経線維消失と視野異常 3.視神経乳頭の血管構築 第2章 視神経乳頭所見の取り方 1.視神経乳頭の観察方法 2.視神経乳頭の大きさの判定 3.緑内障性視神経症の視神経乳頭所見 4.視神経乳頭の形態による分類と留意点 第3章 OCT所見の基本的[m-book.co.jp]

  • 乳頭浮腫

    ③ 視神経低形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経低形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] さ その他の視神経乳頭異常 緑内障性乳頭変化・視神経乳頭浮腫・うっ血乳頭以外に要精査が推奨される異常所見をさします。 視神経乳頭陥凹の拡大 視神経乳頭部からの出血をさします。正常でも見られますが緑内障(特に正常眼圧緑内障)で頻度が高くみられる異常所見です。 視神経乳頭出血 視神経乳頭部からの出血をさします。[tsurukawakinen.or.jp] その他の視神経乳頭異常 (ししんけいにゅうとういじょう) 緑内障性乳頭変化や視神経乳頭浮腫・うっ血乳頭以外に要精査が推奨される異常所見です。 視神経乳頭陥凹の拡大 (ししんけいにゅうとうかんおうのかくだい) 網膜の神経線維が減少すると視神経乳頭の凹が通常よりも大きくなります。緑内障を疑う重要な所見です。[ningen-dock.jp]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    この場合、眼球それ自体に異常(例:視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)形成異常)が認められることもあります。 それに対し、(2)の後天性のものは、何らかの原因で体の免疫力が落ちている場合に発症します。[medical.itp.ne.jp] この場合、眼球それ自体に異常(例:視神経乳頭形成異常)が認められることもあります。 それに対し、②の後天性のものは、何らかの原因で体の免疫力が落ちている場合に発症します。[katei-igaku.jp]

  • 低眼圧緑内障

    眼底写真 OCT 検査 OCT(光干渉断層計)という器械で視神経の層の厚みを測定して標準値と比較する検査です。 視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[skk-net.com] 視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な変化が現れる。こうした視神経乳頭異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれる。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態ともとらえられる。[ja.wikipedia.org] 再検査(精密検査)では、治療が必要な異常かそうでないかを詳細に検討することになります。 ここから、視神経乳頭にみられる変化や異常と病気の関係を解説していきます。 視神経乳頭の 陥凹 〈 かんおう 〉 と、その拡大 ところで、視神経乳頭の中央部分は少し凹んでいます。[skk-net.com]

  • 緑内障

    視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な変化が現れる。こうした視神経乳頭異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれる。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態ともとらえられる。[ja.wikipedia.org] 3.眼底検査 視神経の減少により目と脳を繋ぐ視神経乳頭という部分のくぼみ(陥凹)が大きくなっていくため、そこを直接確認する検査です。 視神経乳頭の変化は視野の異常よりも先に現れますので、緑内障の早期発見、特に眼圧に変化が現れない正常眼圧緑内障の診断に有効です。[kuribayashi-ganka.com] 左眼の視神経乳頭陥凹拡大の異常視神経線維層の減少が認められる 緑内障の検査について 緑内障は長い時間をかけてゆっくり進行します 緑内障の中でも多いタイプの開放隅角緑内障は、10 15年という長い年月をかけて少しずつ進行していきます。そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。[shinjuku-eye.com]

  • 眼内異物

    緑内障は、視神経乳頭異常と特徴的な視野の変化の両方あるいはどちらかがあり、眼圧を下げることで改善あるいは進行を防止できる可能性のある病気と定義されています。しかし、眼圧は正常の範囲にあるのに、同様の視神経障害がおこるタイプの緑内障(正常眼圧緑内障)もあります。日本における失明原因の上位を占める病気です。 Q.[kinugawa-ganka.com] 乳頭浮腫・視神経萎縮【視神経が腫れる・萎縮する】 28.黄斑浮腫【網膜が腫れて見えにくい】 29.眼底出血・網膜白斑【眼底の異常がある】 30.硝子体混濁・硝子体出血【眼内に血が溜まる】 31.瞳孔異常【瞳の反応が異常】 32.白色瞳孔【瞳が白く見える】 33.眼球振盪【視線が揺れる】 34.眼球突出【眼球が飛び出している】 III 眼の[m-book.co.jp] がおかしく見える】 18.夜盲【暗い所では物が見にくい】 19.頭痛【頭が痛い】 II 検査から診断へ [基本診断] 20.眼底検査 21.蛍光眼底造影検査 22.細隙灯検査 [主な検査所見] 23.角膜浮腫・浸潤・混濁【黒目が濁っている】 24.前房出血【血液が溜まる】 25.前房蓄膿【膿が溜まる】 26.眼圧上昇【眼が硬くなる】 27.うっ血乳頭[m-book.co.jp]

  • 内側性硬化症

    このほか、薬物やシンナーなどによる中毒、不規則な食生活による栄養欠乏などの環境因子による視神経障害や、遺伝子異常による病気もあります。 乳頭浮腫・うっ血乳頭 視神経乳頭のむくみのことを「乳頭浮腫」といいます。視神経乳頭のすぐ近くで病気が起きた場合などに生じ、眼底検査ですぐに異常が発見できます。[skk-net.com] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp] 発病しやすい人 血流障害が関係しているので、血流障害を起こしやすい高齢者や、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などがある人に起きやすい病気です。また、視神経乳頭の径が小さい人に発病しやすいことがわかっています。[skk-net.com]

  • 子癇前症

    5 子癇前症および子癇に見られる他の眼の異常には、(中心の白い)網膜出血、乳頭状静脈炎、黄斑浮腫、網膜色素上皮(RPE)病変、網膜動脈および静脈閉塞、視神経炎、視神経萎縮、ならびに虚血性視神経症が含まれる。[kiyosawa.or.jp]

  • 開放隅角緑内障

    視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な変化が現れる。こうした視神経乳頭異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれる。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態ともとらえられる。[ja.wikipedia.org] の発症・進行を促進するメカニズム Topics 認知症が緑内障診療に与える影響 C 近視 I.緑内障のリスクファクターとしての近視 II.近視における視神経乳頭の特徴 III.緑内障の視神経乳頭形状分類 IV.近視型緑内障の視野 V.近視型緑内障と視野進行 VI.近視と循環障害 VII.画像診断における注意点 VIII.鑑別を要する先天性視神経乳頭異常[m-book.co.jp] 視神経線維の脱落にともないその部分に該当する網膜の感度低下から視野欠損が起こり、病気の進行にともない視神経乳頭の変形と視野異常が進行する。[ja.wikipedia.org]

  • 偽落屑症候群

    視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な変化が現れる。こうした視神経乳頭異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれる。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態ともとらえられる。[ja.wikipedia.org] ,網膜 正常 正常(生理的陥凹拡大) preperimetric glaucomaから初期緑内障 中期から後期緑内障 強度近視眼の緑内障 緑内障と鑑別を要する疾患 1先天異常/小乳頭症 緑内障と鑑別を要する疾患 2先天異常/鼻側視神経低形成 緑内障と鑑別を要する疾患 3抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎 緑内障と鑑別を要する疾患 4優性遺伝性視神経萎縮[pro.kinokuniya.co.jp] 今回の講演で、緑内障診断は検眼鏡による視神経乳頭観察が基本で、OCTはあくまで補助診断ツールであり、構造異常と機能異常が一致するか総合的に判断しなければならないことを再認識しました。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

さらなる症状