Create issue ticket

考えれる90県の原因 異常な視神経乳頭

  • 低眼圧緑内障

    眼底写真 OCT 検査 OCT(光干渉断層計)という器械で視神経の層の厚みを測定して標準値と比較する検査です。 視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[skk-net.com] 眼圧が高くなりすぎると、構造的に弱い視神経乳頭が圧迫され、最終的に視神経に障害が生じ視野異常を来たします。これが典型的な緑内障の病態です。 上で示しましたように、「緑内障」とは主に眼圧が高くなることにより、視神経が障害されて視野狭窄が起こる病気で、放置すれば失明にも至ります。[osaka.hosp.go.jp] 再検査(精密検査)では、治療が必要な異常かそうでないかを詳細に検討することになります。 ここから、視神経乳頭にみられる変化や異常と病気の関係を解説していきます。 視神経乳頭の 陥凹 〈 かんおう 〉 と、その拡大 ところで、視神経乳頭の中央部分は少し凹んでいます。[skk-net.com]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    ③ 視神経低形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経低形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] 眼底写真 OCT 検査 OCT(光干渉断層計)という器械で視神経の層の厚みを測定して標準値と比較する検査です。 視野検査 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[skk-net.com] 視神経乳頭部に炎症が波及していれば、軽度の乳頭発赤腫脹、乳頭周囲浮腫、時に乳頭縁出血を呈する乳頭炎として発症する。視神経乳頭部に炎症が波及していなければ初期には眼底に全く異常を認めない球後視神経炎として発症する。乳頭炎では蛍光眼底造影で乳頭からの旺盛な漏出がみられる。視神経炎では高率に眼球運動痛が認められる。これは上方視で著明である。[ja.wikipedia.org]

  • 乳頭浮腫

    ③ 視神経低形成の視野 視野の下の方に感度が低下している部分がありますが、基本的には治療をしなくても進行しません( 視神経低形成の解説 参照)。 緑内障以外の陥凹拡大・乳頭異常 ここまでは視神経乳頭異常を緑内障との関係から解説しましたが、頻度は少ないながら、視神経乳頭異常が現れる次のようなケースもあります。[dm-net.co.jp] 乳頭腫脹の診断は、ほんとうに視神経乳頭が腫れている後天性の隆起か、もともと視神経乳頭が隆起している先天的な形の異常か、細隙灯顕微鏡下に区別する( 図表 )ことから始まる。[clinicalsup.jp] このほか、薬物やシンナーなどによる中毒、不規則な食生活による栄養欠乏などの環境因子による視神経障害や、遺伝子異常による病気もあります。 乳頭浮腫・うっ血乳頭 視神経乳頭のむくみのことを「乳頭浮腫」といいます。視神経乳頭のすぐ近くで病気が起きた場合などに生じ、眼底検査ですぐに異常が発見できます。[skk-net.com]

  • 緑内障

    視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な変化が現れる。こうした視神経乳頭異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれる。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態ともとらえられる。[ja.wikipedia.org] 左眼の視神経乳頭陥凹拡大の異常視神経線維層の減少が認められる 緑内障の検査について 緑内障は長い時間をかけてゆっくり進行します 緑内障の中でも多いタイプの開放隅角緑内障は、10 15年という長い年月をかけて少しずつ進行していきます。そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。[shinjuku-eye.com] 眼底の形態、とくに視神経が集まっている視神経乳頭部やその周辺の状態に異常がないかを調べます。 「緑内障の発症には眼圧が関与しています。このため、検査というと、眼圧検査に目が行きがちですが、眼圧には個人差があり、もともと眼圧が低い場合、上昇していても正常範囲(10〜20 Hg)にとどまるケースがあります。[paramount.co.jp]

  • 眼内異物

    緑内障は、視神経乳頭異常と特徴的な視野の変化の両方あるいはどちらかがあり、眼圧を下げることで改善あるいは進行を防止できる可能性のある病気と定義されています。しかし、眼圧は正常の範囲にあるのに、同様の視神経障害がおこるタイプの緑内障(正常眼圧緑内障)もあります。日本における失明原因の上位を占める病気です。 Q.[kinugawa-ganka.com]

  • 内側性硬化症

    このほか、薬物やシンナーなどによる中毒、不規則な食生活による栄養欠乏などの環境因子による視神経障害や、遺伝子異常による病気もあります。 乳頭浮腫・うっ血乳頭 視神経乳頭のむくみのことを「乳頭浮腫」といいます。視神経乳頭のすぐ近くで病気が起きた場合などに生じ、眼底検査ですぐに異常が発見できます。[skk-net.com] 発病しやすい人 血流障害が関係しているので、血流障害を起こしやすい高齢者や、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などがある人に起きやすい病気です。また、視神経乳頭の径が小さい人に発病しやすいことがわかっています。[skk-net.com] 乳頭から離れた場所の視神経の病気では、すぐには乳頭に変化は現れませんが、しばらくたつと乳頭の色が白っぽく変化して、病気が起きたことがわかることがあります。 乳頭浮腫のなかでも、脳腫瘍などで脳の内部の圧力(脳圧)が高くなったときに生じる浮腫を、とくに「うっ血乳頭」と呼びます。[skk-net.com]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    この場合、眼球それ自体に異常(例:視神経乳頭形成異常)が認められることもあります。 それに対し、②の後天性のものは、何らかの原因で体の免疫力が落ちている場合に発症します。[katei-igaku.jp] C:神経眼科的異常 サイトメガロやトキソプラズマの感染による脳炎、髄膜炎、腫瘍などによる脳神経麻痺、視野欠損、うっ血乳頭視神経萎縮など眼に関連した症状を見ることがあり其の頻度は10-15%程度です。[kiyosawa.or.jp]

  • 眼筋障害

    1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮 J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 中隔視神経形成異常症 5 視神経低形成,視神経異形成 6 鼻側視神経低形成(NOH) 7 視神経乳頭小窩 K 視神経の腫瘍 1 視神経鞘髄膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫[m-book.co.jp] このほか、薬物やシンナーなどによる中毒、不規則な食生活による栄養欠乏などの環境因子による視神経障害や、遺伝子異常による病気もあります。 乳頭浮腫・うっ血乳頭 視神経乳頭のむくみのことを「乳頭浮腫」といいます。視神経乳頭のすぐ近くで病気が起きた場合などに生じ、眼底検査ですぐに異常が発見できます。[skk-net.com] 3 視神経乳頭メラノサイトーマ L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部の炎症・外傷 M 視交叉以降の視路病変 1 視索病変 2 外側膝状体病変 3 視放線・後頭葉病変 4 可逆性白質脳症(PRES) N 視神経疾患と間違えやすい網膜疾患 1 急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR) 2 多発消失性白点症候群(MEWDS) 3 錐体[m-book.co.jp]

  • コロボーマ

    眼症状は、視神経欠損症、視神経異形成、朝顔異常(漏斗状視神経乳頭)、小眼球症、眼窩嚢胞などの報告がある。 5. 合併症 感音性難聴、アーノルド・キアリI型奇形、靭帯弛緩および発達障害の報告がある。 6. 治療法 対症療法である。腎不全に進行した場合は透析、移植が必要となる。視力障害に対しては視機能訓練を行う。 7.[nanbyou.or.jp] 黄斑部が傷害されなくとも脈絡膜欠損では強膜の形成異常、変形を生じるので近視や乱視を生じて視力が傷害されることがあります。また脈絡膜欠損のために視神経乳頭異常になり視力障害を起こす場合もあります。ぶどう膜欠損が高度な場合には眼球が小さくなるかあるいは、眼球が無いように見えることもあります。[japo-web.jp] これらの患者さんが発症に至る機序はわかっていませんが、ほかの遺伝子異常や環境因子との関わりが想定されています。 症状 ほとんどの患者さんで、網膜や脈絡膜、視神経乳頭、虹彩などの組織の一部が欠けるコロボーマが認められます。片側もしくは両側性に現れ、欠損部位や大きさによって視力に与える影響もさまざまです。[medicalnote.jp]

  • 偽落屑症候群

    今回の講演で、緑内障診断は検眼鏡による視神経乳頭観察が基本で、OCTはあくまで補助診断ツールであり、構造異常と機能異常が一致するか総合的に判断しなければならないことを再認識しました。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] 続発性病変として網膜滲出斑や新生血管、硝子体出血、網膜ひだ(鎌状剥離)などを認め、後極部にも視神経乳頭低形成や黄斑牽引を認めることがあります。硝子体出血を伴う症例、滲出性変化を伴う牽引性網膜剥離を認める症例、裂孔を伴う症例などは硝子体手術の適応となります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] 家族性滲出性硝子体網膜症(familial exudative vitreoretinopathy:FEVR)は遺伝子異常による網膜血管の形成不全によって、周辺部網膜に無血管野や刷毛状の血管網(走行異常)を認める疾患です。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

さらなる症状