Create issue ticket

考えれる332県の原因 異常な腎盂

  • 腎臓欠損症候群

    ナトリウム異常 カリウム異常 カルシウム異常 感染症関連 急性・慢性腎盂腎炎 尿路感染症など 高血圧関連 本体性高血圧症、コントロール困難な高血圧 腎血管性高血圧 二次性高血圧精査 内分泌内科 下垂体疾患 下垂体腫瘍 クッシング病 プロラクチン産生腫瘍 先端巨大症 TSH産生下垂体腺腫 下垂体機能低下症 甲状腺疾患 バセドウ病 橋本病 甲状腺機能低下症[todai-jinnai.com] 慢性腎盂腎炎 浜砂 良一 213 10. 免疫異常関連尿細管間質性腎炎 川口 研二 217 11. 免疫複合体性尿細管間質性腎炎 江原 孝史 221 12. 膀胱尿管逆流による腎実質障害(逆流性腎症) 松岡 弘文 224 Ⅳ. 腎血管系障害 1. Nutcracker現象 住田 圭一 231 2.[nippon-rinsho.co.jp] )、慢性腎不全 糖尿病性腎症 高血圧性腎硬化症 検診などでの尿検査の異常 ネフローゼ 慢性糸球体腎炎 急速進行性糸球体腎炎 急性糸球体腎炎 膠原病関連の腎炎 多発性嚢胞腎 急性腎不全、急性腎障害 維持透析関連 末期腎不全での腎代替療法の選択と導入 血液透析・腹膜透析患者の入院精査および加療 シャント不全 腹膜透析関連腹膜炎 腎移植 電解質異常関連[todai-jinnai.com]

  • 尿路感染症

    膀胱炎、尿道炎では血液検査上、ほとんど異常はありませんが、腎盂腎炎や、前立腺炎、精巣上体炎では、白血球、CRPという炎症反応が上昇することが多いです。 細菌検査で尿培養(にょうばいよう)を行い、原因となっている菌をみつけます。さらに菌を殺すのにどの抗生物質が有効かを判定します。STDではクラミジア、淋菌の検査を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 上部尿路感染症の小児では尿路異常が合併することが少なくありません。特に腎盂腎炎では膀胱尿管逆流(排尿時に膀胱に入っていた尿が尿管や腎盂に逆流してしまう現象)や水腎症(腎盂尿管移行部が狭くなり腎盂が拡大する状態)がないかを必ず調べることが必要です。[glico.co.jp] 慢性腎盂腎炎の場合は急性腎盂腎炎と同様に、抗菌薬にて治療を行います。再発を繰り返している場合、尿検査で異常反応が出ないこともあり、症状がおさまったとしても、1カ月以上続けなければなりません。そして、持ってる基礎疾患が原因で慢性腎盂腎炎となっている場合には、基礎疾患の治療も行う必要があります。[tokushukai.or.jp]

  • 急性胃腸炎

    その他の内科疾患では糖尿病性ケトアシドーシスの他に電解質異常,アナフィラキシー・血管浮腫,副腎不全,尿毒症など,泌尿器科疾患としては急性腎盂腎炎,精巣捻転など,産婦人科的疾患としては子宮外妊娠,胎盤早期剥離,切迫流産,骨盤内炎症性疾患,卵巣嚢腫破裂,卵巣腫瘍茎捻転,卵巣出血などを考える。[igaku-shoin.co.jp]

  • 尿路疾患

    尿道狭窄(にょうどうきょうさく) (※1) や膀胱尿管逆流症 (※2) など、生まれつきの解剖学的な異常がある人も腎臓の尿が滞留しやすいため、腎盂腎炎を起こしやすいでしょう。また、糖尿病の人、ステロイドや免疫抑制剤を常用している人は免疫力が低下し感染症に弱いため、腎盂腎炎にかかりやすくなります。[mainichigahakken.net] 再発性、難治性の尿路感染が認められる犬や猫では、X線検査やエコー検査で、解剖学的な異常を探しましょう。原因として考えられるのは、腫瘍やポリープ、尿石、腎盂腎炎、前立腺炎、尿道瘤、尿膜管遺残などです。 機能的な原因として、ステロイドの長期投与、副腎皮質機能亢進症、慢性腎不全、糖尿病などの全身性疾患が関連していることがあります。[dogwan.jp] 腎臓の疾患が原因となるのは、糸球体の障害(糸球体腎炎やアミロイド症)、腎臓の炎症性疾患や浸潤性疾患(腎盂腎炎や腫瘍)、尿細管の異常(ファンコーニ症候群など)です。 高窒素血症 血中の尿素とクレアチニン濃度の上昇で起こる病態です。 尿素は、摂取蛋白と内因性蛋白の異化作用で生成されたアンモニアから、肝臓で産生されます。[dogwan.jp]

  • 膣炎

    尿たんぱくや尿潜血(せんけつ)検査で、異常が出たときにも行います。 異常の場合は、赤血球、白血球、上皮細胞が多量にみられます。異常が見られる場合は、腎盂腎炎(じんうじんえん)、膀胱炎、糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)、ネフローゼ症候群、結石(けっせき)、がんなどの病気が疑われます。[okazakinaika.jp]

  • 急性膀胱炎

    慢性腎盂腎炎の場合は急性腎盂腎炎と同様に、抗菌薬にて治療を行います。再発を繰り返している場合、尿検査で異常反応が出ないこともあり、症状がおさまったとしても、1カ月以上続けなければなりません。そして、持ってる基礎疾患が原因で慢性腎盂腎炎となっている場合には、基礎疾患の治療も行う必要があります。[tokushukai.or.jp] 症状が治まった状態で静脈性腎盂造影検査や膀胱造影検査を行いますが、尿路に異常が見つかった場合はその治療を行います。 子供や年配の方では炎症を起こしやすい疾患などが隠れていることがあるので、一度はこういった検査を受けておくのが良いと思います。何度も再発する場合は泌尿器科で原因を調べる必要があります。[mizuo-clinic.com] 尿路感染症は急性腎盂腎炎に至る前に治療することが大切です。妊娠中に「発熱・腰痛・尿の異常」を感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。 アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療 (弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学講座医員 小玉都萌(ともえ)、弘前大学医学部付属病院周産母子センター准教授 田中幹二)[asahi.com]

  • 膀胱炎

    症状が治まった状態で静脈性腎盂造影検査や膀胱造影検査を行いますが、尿路に異常が見つかった場合はその治療を行います。 子供や年配の方では炎症を起こしやすい疾患などが隠れていることがあるので、一度はこういった検査を受けておくのが良いと思います。何度も再発する場合は泌尿器科で原因を調べる必要があります。[mizuo-clinic.com]

  • 急性腎盂腎炎

    尿路上行性感染とは、膀胱炎などの感染を起こしている細菌が、何らかの原因で尿管を上行して腎盂に達するもので、その原因として腎盂・尿管の形態異常、尿路結石、腎盂・尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象、神経因性膀胱、前立腺肥大症などがあります。 血行性感染は、ほかの臓器に感染源があり、そこから細菌が血液によって腎臓まで運ばれて感染を起こすものです。[yomidr.yomiuri.co.jp] 症状がおさまった状態で、静脈性腎盂造影や膀胱造影を行ない、尿路に異常が見つかったら、その治療が必要となります。 子どもやお年寄りの急性腎盂腎炎では、炎症をおこしやすいなんらかの誘因が隠れていることがよくありますので、一度はこのような検査を受けておくとよいでしょう。[kotobank.jp] (今思えばここですでに予兆があった・・・) スポンサーリンク 2日目:異常な高熱(急性腎盂腎炎の症状) 旅先だったので近くの内科に行ったが「何度も繰り返すなら専門の泌尿器科で診てもらってください」と断られてしまい、やむなく翌日に行こう…となる。[mazimazi-party.com]

  • 本態性高血圧症

    何らかの異常あり a. 腎炎性高血圧 (CH50・C3 低下、但し C4 は不定) b. 嚢胞腎 c. 慢性腎盂腎炎 (2). 異常なし a. 本態性高血圧症の一部 b. クッシング症候群の一部 c. 褐色細胞腫の一部 III. 低レニン活性 血中アルドステロン測定 (1).[ibaraisikai.or.jp] 高レニン活性 経静脈性腎盂造影迅速撮影法 (RSIP) で腎の形態異常や造影剤の排泄状況 をみる (簡便を期する場合は、造影CT) (1). 何らかの異常あり a. 腎血管性高血圧症 (RVH) b.[ibaraisikai.or.jp]

  • 緊張性尿失禁

    オムツをつけている間は、蓄尿や排尿機能の異常に気が付かないこともあります。生後数年たってから、尿に細菌がついて膀胱炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)などの尿路感染を起こしたり、あるいはオムツをはずした後に尿失禁が続くということがきっかけで、神経因性膀胱が診断されることがあります。[jspu.jp]

さらなる症状