Create issue ticket

考えれる80県の原因 異常な脳の MRI スキャン

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • アルコール性認知症

    皆さんの周りで、毎日お酒を飲み続けて物忘れが進んできている方はいませんか。お酒の飲みすぎで認知症になることがあります。中には急激に意識がなくなり、救急で受診される方もいます。今回はアルコール性認知症についてお話しします。 アルコール性認知症とは、食事を取らずにアルコール類を多量に飲み続けることで、ビタミンB1の不足による脳の栄養障害を起こし、その結果発症する認知症です。高齢者のみならず、若い方でも生じます。[…][sankei.com]

  • 側頭葉てんかん

    2010/11/2 2018/11/11 外科治療, 治療 外科手術によってもっとも治り易いてんかんは内側側頭葉てんかんである。手術方法は比較的容易であり、術後の副作用も少ない。発作改善率は60-80%におよび、薬物療法をはるかに凌駕する。数年間薬物療法で発作が治まらない場合はぜひこの手術を受けることをお勧めする。最近、日本てんかん学会ガイドライン作成委員会はこの内側側頭葉てんかんの診断・手術術式についてガイドラインを発表した。 内側側頭葉てんかんはきわめて特徴的な発作症状を持つので、その症状を詳しく聞くと大体の診断がつく。その発作症状は従来から複雑部分発作と呼ばれてきたものである。[…][mkclinic.jp]

  • 脱髄疾患

    脱髄疾患 脱髄した 多発性硬化症 の病変の 顕微鏡 写真。CD68を 免疫染色 し マクロファージ が茶色に染まっている。原版の1 0拡大。 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 神経学 ICD - 10 G 35 - G 37 , G 61.0 ICD - 9-CM 340 - 341 , 357.0 MeSH D003711 脱髄疾患 (だつずいしっかん、demyelinating disease)とは神経疾患の一種で、 有髄神経 の 髄鞘 が障害されることで起こる疾患である。いったん形成された後に障害される疾患のことを言い、髄鞘形成が不完全なために起こる 髄鞘形成不全疾患[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    X線を使って脳の構造を解明するこのスキャンによって、の萎縮、梗塞や一過性虚血発作(TIA)、血管の変化、水頭症や硬膜下血腫などの異常を検出できます。MRIスキャンは磁場を使って電磁波の変化を検出し、人体組織内の水素原子を描出します。[tomida-ikiiki.com]

  • 脳溢血

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。 厚生労働省では、以下のように定義しています。 “脳卒中”とは・・・、 「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、 細胞が死んでしまう病気」 さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。 1. 脳梗塞 脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる 2. 脳出血 脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する 3. くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する ※ “脳溢血[…][feel-japan.net]

  • 脳内血腫

    広島地方裁判所平成9年11月19日判決 判例タイムズ994号 224頁 (争点) 患者が死亡に至った機序及び死因 患者の担当医師が偽膜性腸炎に対する適切な治療を行わなかった過失の有無 (事案) 平成3年3月2日(以下、平成3年における月日の表記において年を省略する)午前11時ころ、A(当時64歳の男性)は、親戚の法事の最中に目眩と嘔吐をきたして歩行不能となり、M胃腸内科病院において受診したところ、意識はあるが言語障害があり、高血圧であったため、トランキライザーと降圧剤の投与を受けた後、同日午後1時20分、同病院からY農業協同組合連合会が開設する病院(以下「Y病院」という。)に搬送され、入院した。[…][medsafe.net]

  • 髄膜転移

    執筆者: John E. Greenlee , MD, Professor and Executive Vice Chair, Department of Neurology, University of Utah School of Medicine 急性細菌性髄膜炎とは、急速に進行する髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症のうち、細菌が原因であるものをいいます。 年長の小児や成人では、あごを胸につけるのが難しくなる症状(項部硬直といいます)が現れ、また通常は発熱や頭痛もみられます。[…][msdmanuals.com]

さらなる症状