Create issue ticket

考えれる46県の原因 異常な脛骨骨端

  • 外反

    病的なものとしては、靱帯の異常(内側・外側側副靭帯などのゆるみや欠損など)、先天的・後天的な大腿脛骨の形態異常(Blount病やくる病、系統疾患など)、外傷後の変形(骨線損傷や骨幹部外傷など)などにわけられ、片側のみの変形では病的なものを考えます。[joa.or.jp]

  • 血管運動の不安定性

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 変形治癒骨折

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 内反股

    病的なものとしては、靱帯の異常(内側・外側側副靭帯などのゆるみや欠損など)、先天的・後天的な大腿脛骨の形態異常(Blount病やくる病、系統疾患など)、外傷後の変形(骨線損傷や骨幹部外傷など)などにわけられ、片側のみの変形では病的なものを考えます。[joa.or.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 足部骨髄炎

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

  • 軟骨腫

    30%),橈および尺(13%),脛骨(20%),そして腓骨(13%)である.中手の短縮による手の変形も多い.骨のリモデリングの異常により,骨幹の拡大を伴った短縮と彎曲を来す[Porter et al 2004].[grj.umin.jp] 中央値は3歳である.成人期までに75%の罹患者に臨床的に明らかな骨変形が認められる.男性は女性よりも重症化する傾向にある.大多数の遺伝性多発性骨軟骨腫患者は活動的で健康的な生活を送っている. 1人の患者に発症する骨軟骨腫の数はさまざまであり,たとえ同一家系内でも幅広いばらつきが認められる.通常,骨は対称性に罹患する.罹患頻度の高い骨は,大腿[grj.umin.jp]

  • 橈骨頭骨折

    また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、脊椎側弯症・後弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども対象です。[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全症といった四肢の先天性骨欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、合指症、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] また、骨形成不全症、軟骨無形成症、多発性外骨腫、骨端異形成症、くる病などの先天性および後天性骨系統疾患、二分脊椎、脊椎側弯症などの脊椎疾患、脳性麻痺による四肢の変形や分娩麻痺などの神経障害、良性および悪性骨腫瘍に代表される腫瘍性疾患、若年性関節リウマチ、単純性股関節炎などの炎症性疾患、ペルテス病、オスグット病などに代表される症なども小児整形外科[ncchd.go.jp]

さらなる症状