Create issue ticket

考えれる37県の原因 異常な脂肪分布

  • クラインフェルター症候群

    したがって性腺機能の異常は、精巣ばかりでなく下垂体,視床下部に病変があるときにも起こります。 テストステロンは、筋肉の形成,脂肪の体内分布,骨形成,骨髄での血液細胞の形成に必要です。 男性体型を作るもととなるばかりでなく、精子の生成や男性的な性格の形成にも欠かせません。[shonanjoy.com]

  • 大網梗塞

    ピットフォールとして, 大網が局所的に捻転するタイプは右下腹部に発症することが多い ことを知っておく必要がある.その場合は 臨床的には虫垂炎や憩室炎と,CT所見では腹膜垂炎と似ている ため,注意深い読影を要する.局所の大網捻転の原因としては大網の形態異常や,肥満による大網脂肪織の分布異常が指摘されている 2) .[yodosha.co.jp]

  • クッシング潰瘍

    糖新生 亢進 作用 血糖値 上昇( ステロイド糖尿病 ) 骨吸収促進作用 骨粗鬆症 〔 osteoporosis 〕 胃酸分泌促進作用  消化性潰瘍 〔 peptic ulcer 〕 脂質代謝異常作用  脂肪分布異常(体幹の中心性肥満) クッシング症候群の診断 血漿 コルチゾールの上昇が認められればクッシング症候群を疑う。[kango-roo.com]

  • 非地方性単純性甲状腺腫

    また、頸動脈の超音波、上下肢の脈波伝播速度を用いた動脈硬化の判定、臍レベルのX線CT撮影像を解析することによる体内の脂肪分布の評価を行い、治療方針の決定や治療効果の判定に用いています。 脂質異常症の患者さんで、通常の治療でコントロールが困難な方、血管合併症の評価が必要な患者さんがいらっしゃいましたら、ご紹介頂けましたら幸いに存じます。[asahikawa-med.ac.jp]

  • 剥離性間質性肺炎

    、中心性肥満、体重増加、脂肪沈着異常(体脂質の分布変化)、脂質は顔面、胴体部、頚に蓄積し、四肢で減少する。[joy-mix.com] 、多毛)など 消化器 下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進など 精神神経系(軽度精神症状) 不眠、情緒障害、多幸感、頭痛、めまい、 電解質 異常、特に細胞外のNa 増加及び脳酸素消費減少 筋・骨格 筋肉痛、関節痛、 筋萎縮、筋力低下(ステロイドミオパチー) 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪[joy-mix.com]

  • HIV感染症

    有名な副作用としては、開始直後から出現し徐々に軽快する胃腸障害や精神障害、開始後1 - 3週で一過性に生じる皮疹、開始後1カ月以上経過してから生じ、持続する高脂血症、リポアトロフィー(脂肪分布の変化)、糖代謝異常(高脂血症と併せて年間30%リスクで虚血性心疾患のリスクが高まる [3] 、かつ、PIとNNRTIはスタチン系と併用禁忌)、末梢神経障害[ja.wikipedia.org]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    ある研究者は異常脂肪分布を伴う特徴的な顔面皮疹を「ビオチン欠乏顔貌」と称している (8) 。ビオチン代謝に遺伝性疾患のあるヒトは機能的な面でビオチン欠乏症となる。そのため、しばしば免疫機能異常や細菌等への感染症の増加、ビオチン欠乏症に似た身体所見が認められる (12) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 脳動脈硬化症

    メタボリック症候群 1)メタボリック症候群の由来 2)肥満 (1)動脈硬化に対して (2)脂肪分布による特徴 (3)脂質代謝異常発症機序 3)高中性脂肪血症 (1)基準値 (2)分類 (3)成因 (4)動脈硬化に対して 4)低HDL ( High-Density Lipoprotein )血症 (1)動脈硬化に対して (2)成因 5)治療[nagaishoten.co.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    核酸系逆転写酵素阻害剤によって引き起こされる、 ミトコンドリア 障害に起因する乳酸 アシドーシス 、 脂肪肝 は特に重大な副作用である。その結果、肝機能障害を引き起こし死に至る場合もある。プロテアーゼ阻害剤では、 体脂肪 分布異常や 高脂血症 など、 リポジストロフィー といわれる体脂肪異常が起こる。[ja.wikipedia.org] 有名な副作用としては、開始直後から出現し徐々に軽快する胃腸障害や精神障害、開始後1 - 3週で一過性に生じる皮疹、開始後1カ月以上経過してから生じ、持続する高脂血症、リポアトロフィー(脂肪分布の変化)、糖代謝異常(高脂血症と併せて年間30%リスクで虚血性心疾患のリスクが高まる、かつ、PIとNNRTIはスタチン系と併用禁忌)、末梢神経障害、まれだが[ja.wikipedia.org]

  • 多発性対称性脂肪腫症

    また、頸動脈の超音波、上下肢の脈波伝播速度を用いた動脈硬化の判定、臍レベルのX線CT撮影像を解析することによる体内の脂肪分布の評価を行い、治療方針の決定や治療効果の判定に用いています。 脂質異常症の患者さんで、通常の治療でコントロールが困難な方、血管合併症の評価が必要な患者さんがいらっしゃいましたら、ご紹介頂けましたら幸いに存じます。[asahikawa-med.ac.jp]

さらなる症状