Create issue ticket

考えれる93県の原因 異常な肺静脈結合

  • 心房中隔欠損

    心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん、英: atrial septal defect,ASD)は心臓の右心房と左心房を隔てる心房中隔に穴が開いた病気。 右心房と左心房を併せて心房という。左右の心房を隔てる壁を心房中隔と言う。心房中隔に穴が空いた病気。穴のことを「孔」といい、穴が開いた状態のことを「欠損」といい、開いた穴を「欠損孔」という。 左心系と右心系の血液が毛細血管を経ずに移動することを「短絡」(シャント、shunt)という。左心系から右心系への短絡を「左右短絡」、右心系から左心系への短絡を「右左短絡」という。本症は短絡性心疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 第1次心門心房中隔欠損症

    Atrial Septal Defect 解説:坂本 知浩 ( 済生会熊本病院 心臓血管センター・循環器内科部長) 心房中隔欠損症はこんな病気 心臓の上方に存在する左右の部屋(心房)を隔てる壁(心房中隔)に穴が存在する状態を指します。子どもの先天性心疾患のうち、最多の頻度で見つかる 心室中隔欠損症 の3分の1程度の頻度ですが、成人になって見つかる先天性心疾患の中では、20 30%と最多です。 2:1の割合で女性に多く発生することが知られています。[…][saiseikai.or.jp]

  • 心律動異常

    Fig. 11 正常肺静脈の発生過程(上段)とその異常により発症する先天性心疾患(下段) 共通肺静脈と左心房との交通が遮断され,無名静脈(Ia),右上大静脈(Ib),左上大静脈(II),卵黄静脈(III)などの体静脈系とやむを得ず結合すると総静脈還流異常が,左右のどちらかの肺静脈が遮断されると部分肺静脈還流異常が,共通肺静脈が遺残すると三心房[jpccs.jp]

  • 第5大動脈弓遺残

    動脈弁欠損症 Valsalva洞動脈瘤 Valsalva洞動脈瘻 左上大静脈遺残 部分静脈還流異常(部分静脈結合異常) 分離型大動脈弁下狭窄症 片側動脈欠損症 末梢性肺動脈狭窄症 両大血管右室起始 両大血管左室起始 Adams-Oliver症候群 Alagille症候群 Carpenter症候群 22q11.2欠失症候群 Costello[medbooks.or.jp] 星野俊一 内容細目2 部分静脈環流異常(部分静脈結合異常) 三宅俊治 内容細目3 分離型大動脈弁下狭窄症 河合祥雄 内容細目4 片側動脈欠損症 我那覇仁 内容細目5 末梢性肺動脈狭窄症 金丸浩 内容細目6 両大血管右室起始 白石修一 内容細目順番12 内容細目1 両大血管左室起始 白石修一 内容細目2 Ⅻ 染色体構造異常・奇形症候群[libweb.kobe-tokiwa.ac.jp] 大動脈弁閉鎖症,大動脈弁逆流症 大動脈狭窄症に対する外科治療 大動脈縮窄症 大動脈肺動脈中隔欠損症 大動脈弁上狭窄,大動脈弁下狭窄 大動脈弁輪拡張症 大動脈離断,大動脈弓離断 単心室[A型,B型,C型,D型] 洞結節低形成 動脈管開存症 特発性右房拡張症 肺静脈狭窄症,肺静脈閉塞症 肺底区動脈大動脈起始症 肺動静脈奇形 肺動脈上行大動脈起始症 動脈弁逆流症[medbooks.or.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    星野 俊一 260 62 部分静脈還流異常(部分静脈結合異常) 三宅 俊治 264 63 分離型大動脈弁下狭窄症 河合 祥雄 269 64 片側動脈欠損症 我那覇 仁 273 65 末梢性肺動脈狭窄症 金丸 浩 277 66 両大血管右室起始 白石 修一 281 67 両大血管左室起始 白石 修一 285 XII 染色体構造異常・奇形症候群[nippon-rinsho.co.jp] 肺静脈閉塞症 城戸 輝仁 234 55 肺底区動脈大動脈起始症 岡田 宗正 239 56 肺動静脈奇形 山下 素弘 244 57 肺動脈上行大動脈起始症 星野 修一 248 58 肺動脈弁逆流症,肺動脈弁欠損症 近藤 千里 251 59 Valsalva洞動脈瘤 洲鎌 盛一 255 60 Valsalva洞動脈瘻 洲鎌 盛一 258 61 左上大静脈遺残[nippon-rinsho.co.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    の先天性狭窄(症) Q261 左上大静脈遺残 Q262 総〈全〉静脈還流〈結合異常(症) Q263 部分静脈還流〈結合異常(症) Q264 静脈還流〈結合異常(症),詳細不明 Q265 門脈還流〈結合〉異常(症) Q266 門脈・肝動脈瘻 Q268 大型静脈のその他の先天奇形 Q269 大型静脈の先天奇形,詳細不明 Q270 臍動脈[e-stat.go.jp] 詳細不明 Q250 動脈管開存(症) Q251 大動脈縮窄(症) Q252 大動脈弁閉鎖(症) Q253 大動脈狭窄(症) Q254 大動脈のその他の先天奇形 Q255 肺動脈閉鎖(症) Q256 肺動脈狭窄(症) Q257 肺動脈のその他の先天奇形 Q258 大型動脈のその他の先天奇形 Q259 大型動脈の先天奇形,詳細不明 Q260 大静脈[e-stat.go.jp]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    の先天性狭窄(症) Q261 左上大静脈遺残 Q262 総〈全〉静脈還流〈結合異常(症) Q263 部分静脈還流〈結合異常(症) Q264 静脈還流〈結合異常(症),詳細不明 Q265 門脈還流〈結合〉異常(症) Q266 門脈・肝動脈瘻 Q268 大型静脈のその他の先天奇形 Q269 大型静脈の先天奇形,詳細不明 Q270 臍動脈[e-stat.go.jp] 詳細不明 Q250 動脈管開存(症) Q251 大動脈縮窄(症) Q252 大動脈弁閉鎖(症) Q253 大動脈狭窄(症) Q254 大動脈のその他の先天奇形 Q255 肺動脈閉鎖(症) Q256 肺動脈狭窄(症) Q257 肺動脈のその他の先天奇形 Q258 大型動脈のその他の先天奇形 Q259 大型動脈の先天奇形,詳細不明 Q260 大静脈[e-stat.go.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    の先天性狭窄(症) Q261 左上大静脈遺残 Q262 総〈全〉静脈還流〈結合異常(症) Q263 部分静脈還流〈結合異常(症) Q264 静脈還流〈結合異常(症),詳細不明 Q265 門脈還流〈結合〉異常(症) Q266 門脈・肝動脈瘻 Q268 大型静脈のその他の先天奇形 Q269 大型静脈の先天奇形,詳細不明 Q270 臍動脈[e-stat.go.jp] 詳細不明 Q250 動脈管開存(症) Q251 大動脈縮窄(症) Q252 大動脈弁閉鎖(症) Q253 大動脈狭窄(症) Q254 大動脈のその他の先天奇形 Q255 肺動脈閉鎖(症) Q256 肺動脈狭窄(症) Q257 肺動脈のその他の先天奇形 Q258 大型動脈のその他の先天奇形 Q259 大型動脈の先天奇形,詳細不明 Q260 大静脈[e-stat.go.jp]

  • 左胸心

    星野 俊一 260 62 部分静脈還流異常(部分静脈結合異常) 三宅 俊治 264 63 分離型大動脈弁下狭窄症 河合 祥雄 269 64 片側動脈欠損症 我那覇 仁 273 65 末梢性肺動脈狭窄症 金丸 浩 277 66 両大血管右室起始 白石 修一 281 67 両大血管左室起始 白石 修一 285 XII 染色体構造異常・奇形症候群[nippon-rinsho.co.jp] の先天性狭窄(症) Q261 左上大静脈遺残 Q262 総 全 静脈還流 結合 異常(症) Q263 部分静脈還流 結合 異常(症) Q264 静脈還流 結合 異常(症),詳細不明 Q265 門脈還流 結合 異常(症) Q266 門脈・肝動脈瘻 Q268 大型静脈のその他の先天奇形 Q269 大型静脈の先天奇形,詳細不明 【手術】点数表[bone.jp] Fig. 11 正常肺静脈の発生過程(上段)とその異常により発症する先天性心疾患(下段) 共通肺静脈と左心房との交通が遮断され,無名静脈(Ia),右上大静脈(Ib),左上大静脈(II),卵黄静脈(III)などの体静脈系とやむを得ず結合すると総静脈還流異常が,左右のどちらかの肺静脈が遮断されると部分肺静脈還流異常が,共通肺静脈が遺残すると三心房[jpccs.jp]

  • 単純性表皮水疱症

    の先天奇形 Q26.0_大静脈の先天性狭窄(症) Q26.1_左上大静脈遺残 Q26.2_総〈全〉静脈還流〈結合異常(症) Q26.3_部分静脈還流〈結合異常(症) Q26.4_静脈還流〈結合異常(症),詳細不明 Q26.5_門脈還流〈結合〉異常(症) Q26.6_門脈・肝動脈瘻 Q26.8_大型静脈のその他の先天奇形 Q26.9[e-stat.go.jp] 動脈管開存(症) Q25.1_大動脈縮窄(症) Q25.2_大動脈弁閉鎖(症) Q25.3_大動脈狭窄(症) Q25.4_大動脈のその他の先天奇形 Q25.5_肺動脈閉鎖(症) Q25.6_肺動脈狭窄(症) Q25.7_肺動脈のその他の先天奇形 Q25.8_大型動脈のその他の先天奇形 Q25.9_大型動脈の先天奇形,詳細不明 Q26_大型静脈[e-stat.go.jp]

さらなる症状