Create issue ticket

考えれる32県の原因 異常な聴性誘発電位

  • 先天性難聴

    しかし、外耳や中耳の影響をつよく受けるため、外耳・中耳に異常(耳垢や羊水、外耳道狭窄や中耳炎など)があってもReferと出てしまいます。 AABR(自動脳幹反応):脳波の誘発電位であるABR(聴性脳幹反応)を利用して、自動的に判定をおこないます。6か月までの乳児に適応があります。[med.kobe-u.ac.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

  • 脊髄の脱髄

    誘発電位 脱髄による神経の伝導の異常を検出する検査です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 視神経では視神経誘発電位(visual-evoked potentials: VEP)を、脳幹病変では脳幹反応(auditory brainstem response: ABR)を、感覚神経では体性感覚誘発電位(somatosensory-evoked potentials: SEP)を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

  • 常染色体劣性難聴 46

    脳幹反応は通常正常である.[plaza.umin.ac.jp] により,皮質症状としてのてんかんを合併することもある.生理学的検査では,脳幹反応や体性感覚誘発電位,視覚誘発電位では中枢性伝導障害を示す.また,末梢神経伝導速度あるいは筋電図所見により末梢神経障害がある場合はI群,ない場合はII群に分類する.画像検査では,MRI撮影が診断的に有用かつ必須である.T2強調画像で,白質にびまん性の高信号領域[plaza.umin.ac.jp] の広範な高信号 (hypomyelinating pattern)を認め,PMDと近似する.MRS検査ではN-acetylaspartate(NAA)の高値を呈するが,これはNANAとNAAは1.5テスラMR装置では区別できないためであり,実際にはNANAの増加を反映しており,診断的に有用である.末梢神経伝導速度は約半数で低下するが,視覚誘発電位[plaza.umin.ac.jp]

  • 線条体黒質変性症

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

  • 白質脳症を伴う常染色体劣性痙攣性運動失調

    と鑑別すべき波形 ⑥最近の脳波解析法 2誘発電位: ①視覚誘発電位 ②脳幹誘発反応 ③短潜時体性感覚誘発電位 ④事象関連電位 3磁気刺激 ; 4脳磁図 ; 5筋電図: ①同芯針筋電図 ②単線維筋電図 ③表面筋電図 ; 6神経伝導検査・誘発筋電図: ①神経伝導検査 ②後期応答 ③反復神経刺激試験 ④瞬目反射 ; 7神経放射線: ①脳 頭蓋単純[sv2.opac.jp] 閉鎖神経麻痺 ⑨坐骨神経麻痺 ⑩総腓骨神経麻痺 ⑪感覚皮神経単独障害 ; 11髄膜刺激症状: ①他覚的徴候 ②発症機序 12頭蓋内圧亢進症状: ①脳ヘルニア ②脳浮腫 ③血液脳関門 内容細目3 4.ラボラトリー検査: 1脳波: ①脳波記録の原理と技術的問題 ②記録の一般的注意 ③脳波解読・記載の一般的事項 ④覚醒・睡眠脳波と各種賦活法 ⑤代表的脳波異常[sv2.opac.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 27型

    と鑑別すべき波形 ⑥最近の脳波解析法 2誘発電位: ①視覚誘発電位 ②脳幹誘発反応 ③短潜時体性感覚誘発電位 ④事象関連電位 3磁気刺激 ; 4脳磁図 ; 5筋電図: ①同芯針筋電図 ②単線維筋電図 ③表面筋電図 ; 6神経伝導検査・誘発筋電図: ①神経伝導検査 ②後期応答 ③反復神経刺激試験 ④瞬目反射 ; 7神経放射線: ①脳 頭蓋単純[sv2.opac.jp] 閉鎖神経麻痺 ⑨坐骨神経麻痺 ⑩総腓骨神経麻痺 ⑪感覚皮神経単独障害 ; 11髄膜刺激症状: ①他覚的徴候 ②発症機序 12頭蓋内圧亢進症状: ①脳ヘルニア ②脳浮腫 ③血液脳関門 内容細目3 4.ラボラトリー検査: 1脳波: ①脳波記録の原理と技術的問題 ②記録の一般的注意 ③脳波解読・記載の一般的事項 ④覚醒・睡眠脳波と各種賦活法 ⑤代表的脳波異常[sv2.opac.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状