Create issue ticket

考えれる66県の原因 異常な聴性脳幹反応

  • 先天性難聴

    しかし、外耳や中耳の影響をつよく受けるため、外耳・中耳に異常(耳垢や羊水、外耳道狭窄や中耳炎など)があってもReferと出てしまいます。 AABR(自動脳幹反応):脳波の誘発電位であるABR(聴性脳幹反応)を利用して、自動的に判定をおこないます。6か月までの乳児に適応があります。[med.kobe-u.ac.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    本人又はその血族にアミノグリコシド系抗菌薬による第8脳神経障害(難聴、めまい、耳鳴等)を合併する患者又はその既往歴を有する患者 (3) 前観察期に実施する純音聴覚検査(オージオグラム)にて聴力レベル0 25 dBの聞き取りができない患者、脳幹反応(ABR)に異常を認める患者又は歪成分耳音響放射検査(DPOAE)に消失周波数を認める患者[rctportal.niph.go.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

  • 難聴

    内耳以降の聴神経経路に異常があると聴力に比べて聞き取りが極めて悪くなります。 脳幹反応(ABR) 電極を額と耳の後ろに当て、断続的な音によって得られる脳波を加算する方法です。聴覚神経経路の異常の有無を調べ、 聴神経腫瘍、脳腫瘍、多発性硬化症などの脳神経疾患の発見や評価に有用です。[utokyo-ent.org]

  • 脊髄の脱髄

    視神経では視神経誘発電位(visual-evoked potentials: VEP)を、脳幹病変では脳幹反応(auditory brainstem response: ABR)を、感覚神経では体性感覚誘発電位(somatosensory-evoked potentials: SEP)を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 誘発電位 脱髄による神経の伝導の異常を検出する検査です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 新生児黄疸

    新生児黄疸の予後は後述する治療により著しく改善した.しかし,黄疸の管理が悪くなかった例においても核黄疸を示す脳幹反応異常やMRI検査で両側淡蒼球の異常がみられる例があり,黄疸管理の再検討が必要である(久保井ら,2010). 1)光線療法: 高間接ビリルビン血症の最初の治療である.光線療法は光化学反応により間接ビリルビンを体外に排泄させる[kotobank.jp]

  • 新生児高ビリルビン血症

    新生児黄疸の予後は後述する治療により著しく改善した.しかし,黄疸の管理が悪くなかった例においても核黄疸を示す脳幹反応異常やMRI検査で両側淡蒼球の異常がみられる例があり,黄疸管理の再検討が必要である(久保井ら,2010). 1)光線療法: 高間接ビリルビン血症の最初の治療である.光線療法は光化学反応により間接ビリルビンを体外に排泄させる[kotobank.jp]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    3.検査からの診断 1)純音聴力検査で一側性感音難聴 2)後迷路難聴の所見 3)脳幹反応異常 4)温度性眼振反応の低下 5)X線検査で内耳道の拡大 6)X線CT、air X線CT、MRI にて腫瘍の明視化 1) 4)の機能検査で高度の疑いをもち、5),6)の検査で腫瘍が明視化されれば診断は確定する。[tokushima-u.ac.jp] 近年、温度眼振反応の比 較的良好な症例の存在も指摘されており、また、聴力障害の軽度な時期に診断のされる症例も多くなったが、この場合、脳幹反応(ABR)の異常(無反 応、Ⅰ Ⅴ波の潜時の延長、Ⅱ波以後の波形の消失など)は、聴力の比較的良好な症例に対しても 90%以上にみられる所見である。[tokushima-u.ac.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    感覚誘発電位 444 3. 視覚誘発電位 445 4. 脳幹反応 445 D. 脳波 446 1. 脳波の起源 446 2. 脳波の分類 447 3. 正常脳波 447 4. 異常脳波 448 第19章 診断学 水野美邦 I. 神経学的診察の進め方 453 II. 精神状態 453 1. 意識障害 453 2. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    正常な人なら眼振が起こりますが、脳幹や小脳に異常があると眼振が出にくくなります。 (5)脳幹誘発電位(聴性脳反応) BAEPもしくはABRともいいます。うるさい機械的な音をヘッドホンで繰り返し聴き、耳たぶと頭のてっぺんにある電極で記録します。1000分の6秒の間に5つの頂点を持った反応が記録されれば正常です。[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状