Create issue ticket

考えれる106県の原因 異常な細胞適応

  • 高血圧症

    ③既に進行したPAHの予後は依然として悪く、薬剤による根治は困難なため臓器移植(肺移植)の適応疾患である。 続いて同氏は、肺微小動脈が平滑筋細胞異常増殖によりリモデリングを起こしている組織像を提示したが、内膜や外膜の周囲には多くの炎症細胞の浸潤が認められており、「まさに肺の炎症というべき所見を呈する」と説明した。[jhf.or.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    非小細胞肺がんに関しては、基本的にI・II・IIIA期は手術で、IIIB・IV期には新規抗がん剤を中心とした化学療法および放射線療法、特定の遺伝子異常が認められる場合には分子標的治療で対応しています。また、免疫療法が昨年非小細胞肺がんに保険収載され、適応のある症例に使用しています。[gh.opho.jp]

  • 心房性不整脈

    カテーテルアブレーション で根治可能なものもあれば、薬剤と 特殊なペースメーカー治療(ICD, CRT, CRTD) の適応となるものもあります。 心室頻拍 (1)心室に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在して心臓を興奮させることにより頻拍を生ずる場合と、(2)心筋梗塞後などの障害心筋の周りを興奮が旋回して頻拍を生じる場合があります。[kchnet.or.jp]

  • ステージ 4 前立腺癌

    しかしながら,すべての患者さんに効果が得られるものではなく,癌細胞にEGFRがあるかどうかをあらかじめ調べてから投与の適応が判断されます。また,K-ras(ケーラス)遺伝子に異常がある場合にはセツキシマブやパニツムマブの効果はないといわれています。 また,最近レゴラフェニブ(スチバーガ )という分子標的薬も使えるようになりました。[jsccr.jp]

  • 再発性急性膵炎

    から,細胞診や生検で悪性所見が得られ,最終的に上皮内がんの診断に至る報告もあることから,適応を選んでERCPを行うことが肝要である.そのほか,現在ではEUSや磁気共鳴胆道膵管造影法(MRCP)などの侵襲の少ない画像検査も同様に発展してきており,リスクを考慮しつつ,補完的に画像検査を組み合わせることが,安全で優れた膵疾患診療につながると考えられる[saishin-igaku.co.jp] 東京医科大学 消化器内科 糸井 隆夫 東京医科大学 消化器内科 主任教授 要旨 近年,本邦でも超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)による診断法が普及し,画像で腫瘤として認識できる膵病変はこの対象となるため,手技に伴う術後膵炎が起りうる,診断的内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)が行われることは少なくなっている.しかし,膵管造影像での微細な異常所見[saishin-igaku.co.jp]

  • 徐脈性不整脈

    心室に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在して心臓を興奮させることにより頻拍を生ずる場合 心筋梗塞後などの障害心筋の周りを興奮が旋回して頻拍を生じる場合 致死的な不整脈である心室粗細動に移行したり、心機能が低下したりすることがあります。 治療は、異常興奮部位のアブレーション、もしくはリエントリー回路のアブレーションでの離断です。[ykh.gr.jp] カテーテルアブレーション で根治可能なものもあれば、薬剤と 特殊なペースメーカー治療(ICD, CRT, CRTD) の適応となるものもあります。 心室頻拍 (1)心室に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在して心臓を興奮させることにより頻拍を生ずる場合と、(2)心筋梗塞後などの障害心筋の周りを興奮が旋回して頻拍を生じる場合があります。[kchnet.or.jp] 心室性不整脈には心室頻拍や心室細動があり、これらを引き起こす原因がさまざまな治療によっても取り除けない場合は植込み型除細動器の適応となります。 心室頻拍とは? 下記の2種類があります。[ykh.gr.jp]

  • 発作性結節性頻拍

    カテーテルアブレーション で根治可能なものもあれば、薬剤と 特殊なペースメーカー治療(ICD, CRT, CRTD) の適応となるものもあります。 心室頻拍 (1)心室に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在して心臓を興奮させることにより頻拍を生ずる場合と、(2)心筋梗塞後などの障害心筋の周りを興奮が旋回して頻拍を生じる場合があります。[kchnet.or.jp]

  • 徐脈

    カテーテルアブレーション で根治可能なものもあれば、薬剤と 特殊なペースメーカー治療(ICD, CRT, CRTD) の適応となるものもあります。 心室頻拍 (1)心室に異常な興奮性を有する心筋細胞が存在して心臓を興奮させることにより頻拍を生ずる場合と、(2)心筋梗塞後などの障害心筋の周りを興奮が旋回して頻拍を生じる場合があります。[kchnet.or.jp]

  • 切迫流産

    それ以外に無症状だが経腟超音波検査にて枯死卵を認める場合を稽留流産といい、これも子宮内容除去の適応となる。 40歳以上で染色体異常が起こりやすい理由は 発生学 によって解明されている。女性の生殖細胞は、胎生期の原始生殖細胞が卵祖細胞そして卵母細胞に分化することで生じる。[ja.wikipedia.org]

  • ラフォラ病

    図7 乳幼児期に重篤なけいれん発作を発症し、画像検査で脳形成異常が発見されると脳外科治療の適応となる場合があります。大脳の神経細胞の配列が乱れ(a)、大きな神経細胞が出現したり(b)、異型に分化(成長)したグリア細胞(c)などが出現することがあります。[igakuken.or.jp]

さらなる症状