Create issue ticket

考えれる397県の原因 異常な粘液

  • 風邪

    症状としてはくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどのいがらっぽさなど、鼻やのどの粘膜の異常が顕著にみられます。 鼻みずは症状が進むにつれて、サラサラした「水様」から粘り気のある「粘液性」へと移行していきます。発熱はあっても微熱程度で、頭痛や全身倦怠感など全身症状があっても軽いのが特徴です。[brand.taisho.co.jp]

  • 気管支炎

    これは気道粘膜の線毛系に先天異常がある病気です。(粘液線毛輸送系の機能不全を起こし、肺感染症を繰り返します) 症状として、慢性の咳、膿性痰が特徴です。感染が加わると痰の量は増え、血痰や喀血もしばしばみられます。 慢性副鼻腔炎 を合併していることが多く、肺炎や膿胸、肺膿瘍などの肺感染症を合併することもあります。[saiseikai.or.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    下気道感染症と関連する症状・病気 コラム 用語解説 東京医科大学名誉教授 高崎優 カタル性炎症 粘膜の炎症で、粘膜血管の充血、間質組織の浮腫、分泌上皮細胞の腫大を伴い、表面上に粘液異常な層が形成される病態をいいます。[qlife.jp]

  • 外陰炎

    月経 前( 黄体期 )、 妊娠 中、 ピル の服用- 女性の膣内は普段 乳酸桿菌 の作用による酸性の粘液で保護され、必要以上の常在菌の増殖を抑えているが、ホルモンバランスの変化により膣粘液の自浄能力が低下すると、常在菌が異常増殖する場合がある。[ja.wikipedia.org] 免疫療法、体調不良、過労、 ストレス - 体力・免疫力が落ち、菌に対する抵抗性が低下すると、常在菌が異常増殖する [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 膣カンジダ症

    女性の膣内は普段は必要以上の真菌の増殖を抑えていますが、ホルモンバランスの変化により膣粘液の自浄能力が低下すると、真菌が異常増殖する場合があります。また、カンジダ菌はあたたかくて湿気のある環境を好むので、パンティストッキングやジーンズの着用でも発症しやすくなると言われています。[ikanpo.jp] 免疫療法、体調不良、過労、ストレス- 体力・免疫力が落ち、菌に対する抵抗性が低下すると、常在菌が異常増殖する。 月経前(黄体期)、妊娠中、ピルの服用- 女性の膣内は普段乳酸桿菌の作用による酸性の粘液で保護され、必要以上の常在菌の増殖を抑えているが、ホルモンバランスの変化により膣粘液の自浄能力が低下すると、常在菌が異常増殖する場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    肥大型心筋症 HCM 高血圧や弁膜症などの心肥大を起こす明らかな原因が無いにも関わらず、左室ないしは右室心筋の異常な肥大を起こす疾患です。 左房粘液腫 他の臓器と同様に心臓にも腫瘍が発生します。頻度的には、全剖検例の0.1%以下と稀な疾患 (約70%が良性腫瘍・30%が悪性腫瘍)。[keio-minicv.com]

  • 胃食道逆流症

    なぜ逆流が起こるのか ――その原因は一過性に下部食道の括約筋が弛緩することと、もう一つは食道の蠕動運動の低下により、食道内の粘液による食道粘膜の清掃(クリアランス)機能が低下することによるものとされています。このような機能の異常に伴って、胃酸を中心とする胃内容物の食道内への逆流が胸焼けを中心とした様々な症状を引き起こすことになります。[self-medication.ne.jp]

  • 脊柱側弯症

    、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他) 神経原性疾患(脊髄性筋萎縮症、[nanbyou.or.jp] は除く 〇遺伝学的診断・免疫学的診断がつかない場合に考慮すべき疾患 代謝性筋疾患(ミトコンドリア病、糖原病、脂質代謝異常) 炎症性筋疾患(多発性筋炎/皮膚筋炎、封入体筋炎、サルコイドミオパチー等) 筋チャネル病(周期性四肢麻痺、ミオトニー症候群) 筋無力症候群(重症筋無力症、先天性筋無力症候群) 内分泌性ミオパチー(甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫[nanbyou.or.jp]

  • モラクセラ・カタラーリス

    甲状腺クリーゼ (甲状腺緊急症)、 粘液水腫性昏睡 との鑑別のため甲状腺ホルモン測定するも異常ありません。高齢者の 甲状腺機能低下症 に起こると、 粘液水腫性昏睡 と紛らわしいですが、感染症により低体温なく、頻脈、高血圧等を認めるため鑑別できます。[nagasaki-clinic.com]

  • 嚢胞性線維症

    全身性の疾患ですが、水分代謝の異常による粘液の大量分泌による気道障害(呼吸困難、感染症)が主要な死因となっています。欧米における発症率はきわめて高く(特定の民族においては、新生児の2〜3千分の1)、成人に達する前に多くの患者様が亡くなっています。[iromgroup.co.jp] 原因は塩素イオンチャネル(CFTR)の遺伝子異常で、水分の流れに異常をきたし粘液の粘度が高くなる。鼻汁の粘性が強くなると副鼻腔に痛みを感じ、痰の粘性が強くなると、気道を閉塞し肺炎を繰り返すようになり、ついには気管支拡張症をきたす。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症も併発しやすい。[ja.wikipedia.org] 例えば、 嚢胞性線維症(29) では、異常粘液を産生して病気を引き起こす遺伝子は劣性アレルです。したがって、このような劣性アレルのコピーを一つだけ受け継いだ人は、正常なアレルが優性であるため発病しません。しかしこういった人は 保因者(30) であり、子孫に変異した劣性アレルを1/2の確率で引き継いでいきます。[shikoku-cc.go.jp]

さらなる症状