Create issue ticket

考えれる555県の原因 異常な眼球運動

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    同期して上転し,そのまま1 2秒間固定されて中 心位に戻り,再び反復する眼球運動を呈したが,抗けいれん薬などの薬物療法をす ることなく,当科受診後約10日間で急速に自然終息した.脳CT,脳MRIおよび脳波所 見は異常なかった.その後再発することなく,現在3歳で発達は正常である.本症は 1988年にOuvrierらによって報告された概念で,異常眼球運動[sleep.cocolog-nifty.com] 残りの症例では、運動失調、軽度の認知能力低下、眼球運動の障害が残るケースがあった。 本文 Ouvrier と Billson によって報告された幼年期の明らかに良性の眼球運動異常を伴う症候群で、 1988 年に、小児期の良性発作性強直性眼球上転( BPTU ) [1] と名付けられた。[k-net.org] ジストニア姿位やコレオアテトーシス、眼球運動異常(眼振、非対称性眼転位、斜視など)、自律神経症状(発汗、皮膚紅潮又は蒼白、呼吸不全など)を認める。発達障害、進行性の認知症状を随伴することが多い。睡眠で症状は消失する。てんかん発作を伴う症例も報告されている。家系内に軽症のAHCを認める事もある。[nanbyou.or.jp]

  • 斜視

    種類 A.斜視 1.斜視の種類と原因部位 2.内斜視 3.外斜視 4.上下斜視 5.非共同性斜視 6.白内障と斜視 B.眼球運動異常 1.眼球運動異常の種類と障害部位 2.核上性眼球運動異常 3.麻痺性斜視-神経原性斜視 4.背理性神経支配 5.筋原性斜視 6.機械的斜視 IV.統計・遺伝 1.斜視の頻度 2.斜視の統計 3.斜視手術統計[m-book.co.jp] 斜視の原因はさまざまですが、脳が左右の眼からの情報を重ね合わせる機能(融像機能)の異常など感覚系の異常、外眼筋が眼球に付いている位置の異常など眼球運動系の異常、屈折(近視、遠視、乱視など)の異常、調節(オートフォーカス機能)の異常などがあげられます。しかし、眼疾患や全身疾患が原因で斜視となる場合もありますし、遺伝性のものもあります。[ganka.w3.kanazawa-u.ac.jp] 4)眼の筋肉や神経の異常 眼を動かす筋肉や神経の異常のために眼球運動がうまくいかなくなると、眼の位置にズレを生じ斜視になります。このような斜視を麻痺性斜視(一般的には眼筋麻痺と呼ばれています)といい、その他の斜視を共同性斜視といって区別しています。[ogasawara-eye-clinic.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    典型的な症状は意識障害、眼球運動障害、運動失調などです。ほか にはビタミンB12欠乏によって起こる亜急性連合性脊髄変性症(下肢の感覚 異常や脱力などのほか、貧血の症状もみられます)や、ニコチン酸欠乏によ るペラグラ脳症(痴呆やせん妄などのほか、皮膚炎、下痢がみられます)など があげられます。[pref.akita.jp]

  • 眼筋障害

    眼振以外の異常眼球運動 [ 編集 ] 衝動性眼球運動混入、異常眼球運動眼球不随意運動をまとめる。律動性眼球運動混入ではオプソクローヌスや眼球粗動などが知られる。[ja.wikipedia.org] 異常眼球運動 [ 編集 ] サッケードの異常 パスートの異常 眼球運動失行 Balint症候群(バリント症候群) 精神性注視麻痺、視覚失調、視覚性注意障害を三徴とする症候群であり頭頂葉から後頭葉の両側性病変で生じ、特に中大脳動脈と後大脳動脈の分水嶺の梗塞で多い。[ja.wikipedia.org] 周期的な、往復眼球運動である。本来の眼振は固視を維持しようとしても視線が徐々に固視点からずれてしまうことから発現する異常眼球運動である。固視からゆっくりとしたズレが緩徐相であり、そのズレの修正が急速相である。眼振の方向は急速相の方向で示す。眼振は固視のための視覚系が正常に機能することを前庭としている。[ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    検査 1) 副交感神経、交感神経の機能亢進または低下を示す瞳孔反応の異常 2) 視覚空間周波数特性の明らかな閾値低下 3) 眼球運動異常、特に垂直面の滑動性追従運動障害(前庭神経障害を含む) 4) 神経内分泌系の異常 たとえばbuspirone投与後の prolactin値異常、 pyridostigmine投与あるいはdexamethasone[id.yamagata-u.ac.jp]

  • 起立性低血圧

    初期症状として起立性低血圧の症状がみられますが、進行すると自律神経症状だけでなく、小脳など広範囲にわたって運動神経が障害されてさまざまな症状を引き起こします。 失神やけいれん発作、食後低血圧、排尿障害や失禁、発汗異常眼球運動異常、さらには筋肉の萎縮などの症状が現れます。[medicalnote.jp]

  • 打撲傷

    まぶたの皮下出血 チェックポイント ・視力や眼球運動異常がなければ,1 2週間で吸収され後遺症はありません。 ・物が二つに見える場合(複視)は,眼窩底ふきぬけ骨折などを起こしている場合もあります。 医学知識 まぶたの皮下出血は,皮下血管の損傷によって起こってきます。[ocular.net]

  • 良性移動性舌炎

    視標追跡眼球運動検査:動く光の点を眼で追跡しているときの眼球運動を記録することで、脳や神経の異常を調べることができます。 視運動眼振検査:回転する光の線を見ている際の眼球の動きを器械で測定し、脳や神経の異常を調べます。 温度眼振検査:別名カロリックテストとも言います。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 末梢神経障害

    太ももやお尻の筋肉の萎縮や筋力低下 足の変形 上肢や下肢の痛みや痺れ症状 眼や顔面の異常 顔面の動きや感覚、眼球運動には脳神経が関与しています。この神経が障害されると以下の症状につながります。 眼球運動の障害 顔面神経麻痺など 泌尿器・生殖器系の異常 骨盤にある膀胱や生殖器の働きには自律神経が関わっています。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 眼球損傷

    むち打ちで頸部に異常が生じると、上行性の異常興奮となって、前庭神経を介して眼球運動異常をもたらすのです。 すると、眼球運動機能障害のため、複視になったり、うまく調節機能が働かず、視界がぼやけたりするのです。[jikosupport.jp] (図6) 図6 眼窩骨折 2)症 状 眼部腫脹、眼球運動時痛、眼球運動障害、頬部の知覚異常、場合によっては複視(ものが二重に見える)、視力低下などがあります。20歳以下の若年者の場合は打撲直後からの吐き気、強い眼球運動時痛を伴うこともあります。[hiroshima.med.or.jp] 両眼とも損傷を受けた場合や損傷していない眼の調節力に異常がある場合には、年齢別の調整力が参考される。 運動障害 運動障害とは、眼球を正しい位置に保っている6本の眼筋のうちいずれかが麻痺し、眼がずれてしまった結果、注視野が狭くなったり、複視が残ったりする 後遺障害 をいう。[koutsujiko.jp]

さらなる症状