Create issue ticket

考えれる37県の原因 異常な痙攣のある眼球運動

  • 部分的幽門閉塞

    症状 易刺激性、振戦、眼球運動異常、低体温、嘔吐、筋緊張低下、不活発、無呼吸発作、痙攣、チアノーゼ、徐脈など。 診断 血糖値が全血40 mg/dl、血漿45 mg/dl以下の場合、低血糖と診断する。 予防、治療 低血糖のリスクがある児では、ブドウ糖輸液(4 6 mg/kg/min)を行なう。[www2.nms.ac.jp]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    症状 易刺激性、振戦、眼球運動異常、低体温、嘔吐、筋緊張低下、不活発、無呼吸発作、痙攣、チアノーゼ、徐脈など。 診断 血糖値が全血40 mg/dl、血漿45 mg/dl以下の場合、低血糖と診断する。 予防、治療 低血糖のリスクがある児では、ブドウ糖輸液(4 6 mg/kg/min)を行なう。[www2.nms.ac.jp]

  • 層状白内障

    神経眼科外来(毎週金曜午後、担当医:加島陽二、石川弘、古賀紀子) 神経眼科外来では ①原因がよくわからない見え方の異常、②複視(物が2つに見える症状)、③眼瞼(まぶた)の異常、④眼球の動きの異常(眼振)、⑤瞳の異常などを取り扱います。 疾患としては視神経疾患、斜視、眼瞼痙攣、眼瞼下垂、眼振、眼球運動異常、瞳孔異常などです。[med.nihon-u.ac.jp]

  • 新生児の一過性呼吸

    症状 易刺激性、振戦、眼球運動異常、低体温、嘔吐、筋緊張低下、不活発、無呼吸発作、痙攣、チアノーゼ、徐脈など。 診断 血糖値が全血40 mg/dl、血漿45 mg/dl以下の場合、低血糖と診断する。 予防、治療 低血糖のリスクがある児では、ブドウ糖輸液(4 6 mg/kg/min)を行なう。[www2.nms.ac.jp]

  • 未熟児無呼吸

    症状 易刺激性、振戦、眼球運動異常、低体温、嘔吐、筋緊張低下、不活発、無呼吸発作、痙攣、チアノーゼ、徐脈など。 診断 血糖値が全血40 mg/dl、血漿45 mg/dl以下の場合、低血糖と診断する。 予防、治療 低血糖のリスクがある児では、ブドウ糖輸液(4 6 mg/kg/min)を行なう。[www2.nms.ac.jp]

  • ゴーシェ病

    、知的退行、筋緊張の異常(後弓反跳、頚部後屈)、嚥下障害、呼吸障害(無呼吸、喉頭痙攣)、眼球運動障害(眼球運動失行、斜視)、痙攣、不随意運動(ミオクローヌス、ジストニア)、失調 図1 ゴーシェ病の基本病態 GlcCer: グルコセレブロシド、GlcSph: グルコシルスフィンゴシン、ACE: アンジオテンシン変換酵素、ACP: 酸性ホスファターゼ[med.tottori-u.ac.jp] 表1 ゴーシェ病の主症状 ①全身症状 臓器腫大 肝脾腫、腹部膨満 血液学的異常 貧血、血小板減少症、出血傾向 成長障害 体重増加不良、低身長 ②骨症状 骨塩減少症、局所性骨溶解性病変,骨硬化病変、大腿骨遠位のエルレンマイヤーフラスコ変形、病的骨折、無菌性骨壊死、骨痛、骨クリーゼ(急性の骨痛)、脊柱変形(亀背、側彎症) ③神経症状 精神運動発達遅滞[med.tottori-u.ac.jp]

  • 新生児無呼吸

    症状 易刺激性、振戦、眼球運動異常、低体温、嘔吐、筋緊張低下、不活発、無呼吸発作、痙攣、チアノーゼ、徐脈など。 診断 血糖値が全血40 mg/dl、血漿45 mg/dl以下の場合、低血糖と診断する。 予防、治療 低血糖のリスクがある児では、ブドウ糖輸液(4 6 mg/kg/min)を行なう。[www2.nms.ac.jp]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    B型(重症新生児型) B型はまずフランスで Saudubray et al [1976] により報告された.罹患した乳児は生化学的異常、低血糖、高アンモニア血症、高ナトリウム血症、食欲不振、肝腫大、痙攣、昏迷、筋緊張低下、錐体路徴候、異常行動(高振幅の振戦およびジスキネジアなど)、奇怪な眼球運動を呈する.[grj.umin.jp]

  • 角膜血液染色 

    神経眼科外来(毎週金曜午後、担当医:加島陽二、石川弘、古賀紀子) 神経眼科外来では ①原因がよくわからない見え方の異常、②複視(物が2つに見える症状)、③眼瞼(まぶた)の異常、④眼球の動きの異常(眼振)、⑤瞳の異常などを取り扱います。 疾患としては視神経疾患、斜視、眼瞼痙攣、眼瞼下垂、眼振、眼球運動異常、瞳孔異常などです。[med.nihon-u.ac.jp]

  • QT延長症候群 12

    、記憶障害、てんかん 末梢性ニューロパチー、協調運動異常、過眠症、弓なり緊張、失神、平衡障害、刺激無反応、運動障害、意識消失 眼障害 調節障害、眼球回転発作、眼瞼痙攣、視力低下 眼脂、結膜炎、網膜動脈閉塞、霧視、眼充血、眼瞼縁痂皮、眼乾燥、流涙増加、羞明、緑内障、術中虹彩緊張低下症候群 耳および迷路障害 耳痛、回転性めまい、耳鳴 心臓障害[kegg.jp] 症、悪夢、睡眠時遊行症 神経系障害 注3) アカシジア、振戦、傾眠、構音障害、ふらつき、頭痛、ジストニー 鎮静、めまい、立ちくらみ、運動低下、ジスキネジア、パーキンソニズム、錐体外路障害、精神運動亢進、無動、痙攣、注意力障害、構語障害、しびれ感、よだれ、仮面状顔貌、頭部不快感、嗜眠、錯感覚、意識レベルの低下、会話障害(舌のもつれ等)、味覚異常[kegg.jp]

さらなる症状