Create issue ticket

考えれる6県の原因 異常な毛のパターン

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    ) 耳介脱毛症(パターン脱毛症) スタッドテール(尾腺過形成) 尾の吸引癖 全身性包虫症 アレルギー性皮膚炎 マラセチア皮膚炎 自己誘発性脱毛 外耳炎(マラセチア) 先天性脱毛症 先天性貧毛症 自己誘発性脱毛(対称性) 心因性脱毛症(神経性皮膚炎) 知覚過敏症候群(自虐性限局性脱毛) 猫先端色素沈着(温度依存性被毛異常) 全身性毛包虫症[kobe-flanders.com] アギーレ症候群) 白斑(鼻鏡眼周囲肉球など) 甲状腺機能亢進症(脱毛) 全身性紅斑性狼瘡 落葉状天疱瘡 紅斑性天疱瘡 接合部表皮水疱瘡(爪脱落) 先天性脱毛症 先天性貧毛症 自己誘発性脱毛(対称性) 心因性脱毛症(神経性皮膚炎) 知覚過敏症候群(ローリングスキンシンドローム) 腫瘍随伴脱毛(老令腹部) 周期性脱毛 猫先端色素沈着(温度依存性被異常[kobe-flanders.com]

  • 肋骨腫瘍

    猫で多い脱毛のパターンは左右対称にが薄くなるものです.とくに内股から腹部にかけてや,わき腹などが左右とも冒されます.これは昔は内分泌性脱毛症と呼んでいたのですが,現在では様々な原因でこれが発生することがわかったため,対称性脱毛症と呼んでいます.猫はかゆみに対して激しくかく場合と,なめる場合があります.掻いた場合には激しい炎症が起こったりするのですぐにわかるのですが[jbvp.org] かび),外部寄生虫,アレルギー,自己免疫疾患,腫瘍などがあります.また当初炎症を伴わなくてもかゆみを伴うものとして,やはりアレルギーが考えられます.そして一部の細菌や真菌による病気も,全く炎症を伴わないことがあるので,これらについても診断を行う必要があります.そして心因性脱毛と呼れるなめて毛を抜いてしまう脱毛症,また猫ではまれですがホルモン異常[jbvp.org]

  • 上強膜炎

    パターン脱毛、脱毛症X、刈り後脱毛、フォークト・小柳・原田様症候群(VKH)、脂漏症、脂腺炎、皮膚の腫瘍など よく掻いている、毛が抜けてきた、フケが多い、体を床に擦りつけるなど 気になる病状がありましたらご相談下さい。[aipetclinic.com] 細菌による皮膚病 膿皮症、膿瘍など 真菌による皮膚病 マラセチア症、皮膚糸状菌症など 寄生虫による皮膚病 ノミ、疥癬、毛包虫症など 過敏による皮膚病 アトピー、食事アレルギーなど 自己免疫による皮膚病 天疱瘡、エリテマトーデスなど その他の原因による皮膚病 副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症、性ホルモン関連性皮膚疾患、淡色被脱毛症、黒色被形成異常[aipetclinic.com]

  • 原発性線毛機能不全 25

    確定診断には先天的な線毛運動の異常を証明することが必要となる。 通常は、鼻粘膜または気管支から線上皮細胞を採取し、 高速ビデオ撮影によって線運動の速度やパターンを評価する。 線運動に異常があれば、電子顕微鏡による観察で 過半数の線毛に一定の微細構造異常が認められれば本症と診断できる。[blog.goo.ne.jp]

  • 多毛症

    後天性汎発性多毛症と関連する奇形として、多数の体毛がひとつの包から発することがある。 関連する奇形には逆まつげで見られるようなまつげでの異常な発パターンも含まれる。高血圧の治療における経口薬としてのミノキシジルの使用はこの症状を引き起こすことが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性線毛機能不全-色素性網膜炎症候群

    確定診断には先天的な線毛運動の異常を証明することが必要となる。 通常は、鼻粘膜または気管支から線上皮細胞を採取し、 高速ビデオ撮影によって線運動の速度やパターンを評価する。 線運動に異常があれば、電子顕微鏡による観察で 過半数の線毛に一定の微細構造異常が認められれば本症と診断できる。[blog.goo.ne.jp]

さらなる症状