Create issue ticket

考えれる27県の原因 異常な形の脊椎骨

  • 潜在性悪性腫瘍

    二分脊椎は,背骨のに生まれつき異常があり,本来背骨の中の脊柱管にあるべき脊髄神経がの外にあるために,さまざ まな神経障害がおこる病気です.原因はまだはっきりとわかっていません.二分脊椎には,2つのタイプがあります.1つは脊椎の異常が表面から見えるもので 顕在性二分脊椎といい,脊髄神経が露出しているものは脊髄髄膜瘤といいます.もう一つは脊椎[jsps.gr.jp]

  • 先端骨溶解症 優性タイプ

    脊椎肋骨形成異常-I型、晩発性脊椎端形成異常脊椎胸郭形成異常、脊椎性尾椎神経根障害、海綿腎、多性海綿芽腫、偶発低血糖症、スプレンゲル変形、春季眼炎、SRS、ST、ステールフィッシュ症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、びっくり病、てんかん重積状態、スティール-リチャードソン-オルゼウスキー症候群、スティーリーヘアー[biosciencedbc.jp] SCAIII)、脊髄小脳失調症III型(SCA 3)、脊髄小脳失調症IV型(SCAIV)、脊髄小脳失調症V 型(SCAV)、脊髄小脳失調症VI型(SCAVI)、脊髄小脳失調症VII型(SCAVII)、スピロヘータ黄疸、脾臓無形成症候群、脾臓下垂症、脾下垂症、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症、裂手変形症、脊椎関節炎[biosciencedbc.jp]

  • スプレンゲル変形

    脊椎肋骨形成異常-I型、晩発性脊椎端形成異常脊椎胸郭形成異常、脊椎性尾椎神経根障害、海綿腎、多性海綿芽腫、偶発低血糖症、スプレンゲル変形、春季眼炎、SRS、ST、ステールフィッシュ症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、びっくり病、てんかん重積状態、スティール-リチャードソン-オルゼウスキー症候群、スティーリーヘアー[biosciencedbc.jp] SCAIII)、脊髄小脳失調症III型(SCA 3)、脊髄小脳失調症IV型(SCAIV)、脊髄小脳失調症V 型(SCAV)、脊髄小脳失調症VI型(SCAVI)、脊髄小脳失調症VII型(SCAVII)、スピロヘータ黄疸、脾臓無形成症候群、脾臓下垂症、脾下垂症、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症、裂手変形症、脊椎関節炎[biosciencedbc.jp]

  • ワイバーン・メゾン症候群

    -I型、遅発性脊椎異形成症、椎骨胸の形成異常症、脊椎性尾側の神経根障害(Spondylotic Caudal Radiculopathy)、海綿腎、多性神経海綿芽細胞腫、特発性低血糖症、スプレンゲル奇形、春季眼結膜炎、SRS、ST、腐敗魚症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、スタートル(Startle)病、てんかん[ekouhou.net] 、脊髄小脳失調II型(SCAII)、脊髄小脳失調III型(SCAIII)、脊髄小脳失調IV型(SCAIV)、脊髄小脳失調V型(SCAV)、脊髄小脳失調VI型(SCAVI)、脊髄小脳失調VII型(SCAVII)、スピロヘータ黄疸、脾臓非形成症候群、脾臓下垂症、脾下垂症、裂手症奇形-下顎顔面骨形成不全症、裂手症奇形、椎骨関節炎、椎骨肋骨の形成異常[ekouhou.net]

  • 肺発育不全と形成異常

    脊椎端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵の椎体,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 大腿骨発育不全 - 大腿骨形成不全

    脊椎端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵の椎体,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • シングルトン・メルテン症候群

    脊椎肋骨形成異常-I型、晩発性脊椎端形成異常脊椎胸郭形成異常、脊椎性尾椎神経根障害、海綿腎、多性海綿芽腫、偶発低血糖症、スプレンゲル変形、春季眼炎、SRS、ST、ステールフィッシュ症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、びっくり病、てんかん重積状態、スティール-リチャードソン-オルゼウスキー症候群、スティーリーヘアー[ekouhou.net] -I型、遅発性脊椎異形成症、椎骨胸の形成異常症、脊椎性尾側の神経根障害(Spondylotic Caudal Radiculopathy)、海綿腎、多性神経海綿芽細胞腫、特発性低血糖症、スプレンゲル奇形、春季眼結膜炎、SRS、ST、腐敗魚症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、スタートル(Startle)病、てんかん[ekouhou.net] SCAIII)、脊髄小脳失調症III型(SCA 3)、脊髄小脳失調症IV型(SCAIV)、脊髄小脳失調症V 型(SCAV)、脊髄小脳失調症VI型(SCAVI)、脊髄小脳失調症VII型(SCAVII)、スピロヘータ黄疸、脾臓無形成症候群、脾臓下垂症、脾下垂症、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症、裂手変形症、脊椎関節炎[ekouhou.net]

  • 先天性皮膚形成不全

    脊椎端線異形成症 (80%) もっとも多く認められるX線画像異常には,軽度に平坦化した卵の椎体,変形した小さな大腿骨骨端,寛骨臼窩が浅くなった形成不全がある.その他の骨の異常はあまり見られない.[grj.umin.jp]

  • 先天性脊髄異常

    二分脊椎は,背骨のに生まれつき異常があり,本来背骨の中の脊柱管にあるべき脊髄神経がの外にあるために,さまざ まな神経障害がおこる病気です.原因はまだはっきりとわかっていません.二分脊椎には,2つのタイプがあります.1つは脊椎の異常が表面から見えるもので 顕在性二分脊椎といい,脊髄神経が露出しているものは脊髄髄膜瘤といいます.もう一つは脊椎[jsps.gr.jp]

  • Aagenaes症候群

    脊椎肋骨形成異常-I型、晩発性脊椎端形成異常脊椎胸郭形成異常、脊椎性尾椎神経根障害、海綿腎、多性海綿芽腫、偶発低血糖症、スプレンゲル変形、春季眼炎、SRS、ST、ステールフィッシュ症候群、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、シュタルガルト病、びっくり病、てんかん重積状態、スティール-リチャードソン-オルゼウスキー症候群、スティーリーヘアー[biosciencedbc.jp] SCAIII)、脊髄小脳失調症III型(SCA 3)、脊髄小脳失調症IV型(SCAIV)、脊髄小脳失調症V 型(SCAV)、脊髄小脳失調症VI型(SCAVI)、脊髄小脳失調症VII型(SCAVII)、スピロヘータ黄疸、脾臓無形成症候群、脾臓下垂症、脾下垂症、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症-下顎顔面形成異常、裂手変形症、裂手変形症、脊椎関節炎[biosciencedbc.jp]

さらなる症状