Create issue ticket

考えれる53県の原因 異常な形の耳

  • 良性移動性舌炎

    また口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんには、心臓の異常や手足の異常など、体の他の部分に合併した病気が見つかることも多いようですので、細部にわたる全身的な検査を受けておくことが大切です。 治療としては、生まれつき離れて開いてしまっている裂の部分を閉じ合わせて通常の形に戻し、正常な機能を回復できるようにします。[ha-niigata.jp]

  • 脂肪浮腫

    表在性先天異常(生まれつきの体の表面のや色の異常、あざなど) 体の表面のや色に関する生まれつきの異常は全て形成外科で行います。、口、鼻、まぶた、へそ、性器、手指などの多くの病気があります。赤あざ、青あざ、黒あざなど種々のあざの治療も行います。 美容外科 美容外科(私費診療)・色素疾患(肌のしみ・くすみ、あざ等)の治療も行います。[nadogaya.com]

  • 小耳症

    出典 小学館 家庭医学館について 情報 世界大百科事典 第2版 の解説 しょうじしょう【小耳症 microtia】 介が正常と比べて異常に小さい奇形をいう。介が正常のをしていて,ただ小さいだけということはまれで,ほとんどの場合が形態の著しい変化を伴う。[kotobank.jp] さまざまな介の変形 介は、複雑な形態をしていますので、異常が生じやすいのかもしれません。 細かく見ると、しばしば、見られます。 折れ 耳が折れて倒れているもの 埋没耳 耳介の上前端が埋まった状態。引き出すとちゃんと出てくることが多い。 立ち耳 耳が立ちすぎて、横に広がった状態ですが、アジア人は白人よりも立ち耳気味です。[plaza.umin.ac.jp] DPC Web辞書 DPC傷病名一覧 (2014/15年度) 140190 小耳症・異常・外耳道閉鎖 ツリー図と日数・点数 ツリー図(樹図) 番号 診断群分類番号 第Ⅰ日 第Ⅱ日 第Ⅲ日 期間Ⅰ点数 期間Ⅱ点数 期間Ⅲ点数 説明文 140190 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖 手術 なし (2483) 140190xx99xxxx 出来高算定[bone.jp]

  • エプーリス

    また口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんには、心臓の異常や手足の異常など、体の他の部分に合併した病気が見つかることも多いようですので、細部にわたる全身的な検査を受けておくことが大切です。 治療としては、生まれつき離れて開いてしまっている裂の部分を閉じ合わせて通常の形に戻し、正常な機能を回復できるようにします。[ha-niigata.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    発作間欠時脳波には、中心部から側頭中部(の上あたり)に特有のをした棘波が睡眠中にたくさん出現します。脳波だけをみると異常が強いようにみえますが、経過は良好です。中学生くらいの年齢で発作は起こらなくなり、脳波もその後正常化します。 このてんかんの診断は知的障害や運動障害のない子どもにのみ適用されます。[otani-clinic.net]

  • パトウ症候群

    また、産まれつき身体が小さく、数多くの外表的な異常を伴います。 たとえば、以下が挙げられます。 頭が小さい 口唇口蓋裂 眼球が小さい や位置が正常と異なる 指が異常な屈曲をしている 指が多い など 13トリソミーでは、呼吸や循環器に異常がみられることも多いです。特に先天性心疾患を80%以上に伴い、循環動態に異常が生じます。[medicalnote.jp]

  • 中耳真珠腫

    中耳炎のなかでも聴力改善が困難なものの一つですが、患者さん自身の骨や、軟骨を使って小骨を再建するなどの手術が行われます。 小骨先天異常 生まれつき小骨が欠損していたり、が変形しているため、音の伝わりに障害が起きて難聴が生じる病気です。[tokyokita-jadecom.jp]

  • 後天性血管浮腫

    2)頭蓋変形(先天性頭蓋骨早期癒合症・クルーゾン氏病など) 頭のの変形、目の周囲の変形がある患者さんに対して、脳外科とともに治療に当たります。 3)面形態異常(小耳症・介変形・眼瞼下垂・鼻の形態異常・第一二鰓弓症候群など) 耳の作成・眼瞼の修正・下顎骨の延長など顔面発育障害を再建しております。[eph.pref.ehime.jp]

  • 特発性全般てんかん

    発作間欠時脳波には、中心部から側頭中部(の上あたり)に特有のをした棘波が睡眠中にたくさん出現します。脳波だけをみると異常が強いようにみえますが、経過は良好です。中学生くらいの年齢で発作は起こらなくなり、脳波もその後正常化します。 このてんかんの診断は知的障害や運動障害のない子どもにのみ適用されます。[otani-clinic.net]

  • 耳硬化症

    中耳炎のなかでも聴力改善が困難なものの一つですが、患者さん自身の骨や、軟骨を使って小骨を再建するなどの手術が行われます。 小骨先天異常 生まれつき小骨が欠損していたり、が変形しているため、音の伝わりに障害が起きて難聴が生じる病気です。[tokyokita-jadecom.jp]

さらなる症状