Create issue ticket

考えれる4県の原因 界面活性物質不足

  • 無気肺

    集束(comet tail sign)など構造のねじれが認められる.胸水消失にもかかわらず肺の虚脱が残存したために生じることが多い.アスベスト暴露,感染性の胸水,うっ血性心不全,肺梗塞,悪性疾患,心臓手術後などで認められる.多くは数年間にわたり変化がない. 3)癒着性無気肺(adhesive atelectasis): サーファクタント(界面活性物質[kotobank.jp] )は維持表面張力を低く抑え,肺のコンプライアンスを増加させ虚脱を防いでいるため,その不足や不活性化によって肺胞の虚脱が生じる.新生児の呼吸促迫症候群(IRDS),急性呼吸促迫症候群(ARDS),急性放射性肺炎,肺血栓塞栓症,肺炎などにみられる. 4)瘢痕性無気肺(cicatrization atelectasis): 肺実質の線維化と破壊による[kotobank.jp]

  • 未熟児無呼吸

    これは、出生後の肺胞(はいほう)をふくらませるために必要な肺サーファクタントと呼ばれる界面活性物質不足していることによりおこる肺拡張不全です。 サーファクタントは、在胎22 25週ごろから産生されますが、RDSは、この肺サーファクタントの活性低下により生じます。[kotobank.jp]

  • 気管支圧迫

    集束(comet tail sign)など構造のねじれが認められる.胸水消失にもかかわらず肺の虚脱が残存したために生じることが多い.アスベスト暴露,感染性の胸水,うっ血性心不全,肺梗塞,悪性疾患,心臓手術後などで認められる.多くは数年間にわたり変化がない. 3)癒着性無気肺(adhesive atelectasis): サーファクタント(界面活性物質[kotobank.jp] )は維持表面張力を低く抑え,肺のコンプライアンスを増加させ虚脱を防いでいるため,その不足や不活性化によって肺胞の虚脱が生じる.新生児の呼吸促迫症候群(IRDS),急性呼吸促迫症候群(ARDS),急性放射性肺炎,肺血栓塞栓症,肺炎などにみられる. 4)瘢痕性無気肺(cicatrization atelectasis): 肺実質の線維化と破壊による[kotobank.jp]

  • 上輪部角結膜炎

    治療 暖めて圧出 温罨器 眼瞼マッサージ/清拭 圧出 抗生物質 人工涙液/脂質点眼 必須脂肪酸 性ホルモン 界面活性剤レンズ洗浄 導管内穿刺 鑑別診断 外麦粒腫 ― 眼瞼縁の局所的な腫脹 内麦粒腫 ― 柔らかな局所的な腫脹 霰粒腫 ― 慢性のマイボーム腺機能不全 上方輪部角結膜炎 所見 上方輪部の充血 浸潤細胞 マイクロパンヌス 角膜ステイニング[coopervision.jp] 涙液メニスカスに泡 閉鎖すると分泌物はない マイボーム腺の拡張や屈曲は球後透過法により観察する 症状 べたついた見え方 油汚れのレンズ ドライアイ レンズ不耐性 病理 MGDは後部の眼瞼炎の様相です マイボーム腺が閉塞 導管壁の角質化の進行 病因 導管表皮のターンオーバーが高まる マイボーム腺脂質の異常 -多量なケラチン蛋白 眼瞼の摩擦の不足[coopervision.jp]

さらなる症状