Create issue ticket

考えれる18県の原因 男性思春期遅発症

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全
  • クラインフェルター症候群

    クラインフェルター症候群(クラインフェルターしょうこうぐん、英: Klinefelter syndrome)とは、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる一連の症候群。1942年にハリー・クラインフェルターによって初めて報告された。この症候群の男性は通常、生殖能力が無く他の男性と比較して糖尿病、慢性肺疾患、静脈瘤、甲状腺機能低下症、乳がんを発症しやすい傾向にあるとされている。 通常の男性の性染色体は「XY」であるが、これにX染色体が過剰で「XXY」となっている。一般に「47 XXY」やモザイク型の「47XY/47XXY[…][ja.wikipedia.org]

  • 精巣疾患
  • 若年性関節リウマチ
  • ハイドログラフィス

    2018.03.06 来る3月11日(日)、長野市の もんぜんぷら座 (長野県長野市南長野新田町1485 1)6階の601会議室にて、水頭症の方やご家族が集まって交流する会『ぱどりんぐ』が開催されます。13時〜17時くらいまで。お近くの方はお気軽にご参加ください。 2018.02.20 昨年末より、不具合がありまして、このページが表示されない状態が続いておりましたが、ようやく復旧しました。ご迷惑をおかけしました。 2015.05.05[…][suitoushou.net]

  • 成長ホルモン分泌不全

    下垂体性矮小症(かすいたいせいわいしょうしょう)とは発育期以前に下垂体からの成長ホルモン(GH)の分泌が低下することにより成長不良などを示す病態。犬や牛で認められる。犬ではジャーマン・シェパードに好発。下垂体前葉の発生異常、脱落、萎縮などによりGHの合成あるいは分泌が抑制されるために生じる。成長不良や皮膚症状を示す。血漿中のGHあるいはインスリン様成長因子-1(IGF-1)の低値をもって診断する。治療にはヒトGHを用いる。 クロニジン刺激試験 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006[ja.wikipedia.org]

  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

  • 吸収不良症候群
  • ムコ多糖症

    HOME トピックス一覧 「湘南乃風」の若旦那さんが製作中の、ムコネットオリジナル曲の試聴ができます。 「湘南乃風」の若旦那さんが製作中の、ムコネットオリジナル曲の試聴ができます。 2007/01/25 昨夏以来、当会をご支援くださっている人気音楽ユニット「湘南乃風」のメンバー・若旦那さんが、ムコ多糖症の患者たちを励ますための楽曲製作を始められました。1月12日、都内の音楽スタジオでスタートした曲作り。タイトルはまだ決まっていませんが、メロディーと歌詞の1番までができたので、経過報告として製作途中の曲を試聴していただけるようにしました。[…][muconet.jp]

さらなる症状