Create issue ticket

考えれる61県の原因 甲状腺障害, 皮膚小稜の欠損または薄い

  • 甲状腺髄様癌
    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • シスチン症
    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • こむら返り

    代謝性疾患アルコール依存症、甲状腺機能低下症 神経系障害 末梢神経障害、神経叢障害、神経根障害、運動ニューロン疾患 マッカードル病、里吉病など 薬剤の副作用ならば原因薬剤の投与中止を検討する。何らかの疾患の症候として現れている場合は、原因疾患の治療が行われる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 胃食道逆流症

    一方、副作用が少ないとされているアルミニウム含有製剤では、甲状腺障害を起こすことがあると報告されている。 胃液の分泌を抑えるタイプの薬剤は、長期服用により重篤な副作用を生じる事がある。詳細はそれぞれの薬剤の項を参照。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 不眠症

    周期性四肢運動障害(PLMD)は、睡眠中に起こりいつの間にか覚醒する。 特定の神経疾患、脳損傷、外傷性脳損傷の病歴。 甲状腺機能亢進症 。 関節リウマチ。 ホルモンは、月経の前や更年期では変化する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 高血圧症

    甲状腺機能異常 甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症より改名)。 高カルシウム血症この他、脳血管障害の急性期に著明な高血圧を来すことが知られている。脳出血では応急的な降圧が必要だが、脳梗塞では寧ろ脳血流を保てなくなる恐れがある為、降圧は行われない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 妊娠

    新生児で甲状腺機能障害を起こしたという報告。また本剤を妊娠中に用いた場合、心血管系奇形を起こす可能性示唆するデータがある。[drugsinfo.jp]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 気分変調性障害

    増強にはリチウム治療、甲状腺ホルモン増強、アミスルプリド、ブスピロン、ブプロピオン、精神刺激薬、およびミルタザピンが含まれうる。季節性情動障害に光療法が有効だとされているが、他の気分障害では証拠の質は低いが治療によく反応していることが示されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 末梢神経障害

    続いて緩徐な回復が見られるが多くの症例では筋力低下、感覚障害、痛みが残存する。 糖尿病性単ニューロパチー 単ニューロパチーがおこる。脳神経領域で瞳孔回避を伴う動眼神経麻痺などが有名である。 甲状腺機能低下症 [ 編集 ] 甲状腺機能低下症では近位部のミオパチーとよく関連するがニューロパチーをきたす場合もある。[ja.wikipedia.org] 何らかの原因で手根管内の圧力が高まると正中神経の絞扼性障害が出現する。橈骨骨折、腫瘍、ガングリオン、手根骨の骨折、妊娠、糖尿病、甲状腺機能低下症、長期の血液透析などが原因として知られているが原因不明なことも多い。通常は利き手側に発症し症状も強いが、中年女性の半数以上は両側性である。橈側の3指の異常感覚で発症し夜間に増悪する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い
  • 甲状腺機能低下症

    また子供のクレチン症の場合は生育に必要な甲状腺ホルモンが欠如するので、発育障害や知的障害にいたる場合がある。 甲状腺機能低下症のその他の症状のうち、うつ症状、鼻閉、便秘/腸閉塞、多関節炎が非定型的で見逃されやすく、注意を要する。 もっとも多いのが橋本病である。二次性、三次性のものは脳腫瘍が原因となることが多い。[ja.wikipedia.org] 自己免疫障害によって甲状腺が攻撃される橋本病では、甲状腺が慢性炎症を起こして機能が低下する。これは原発性に分類される。発展途上国では甲状腺ホルモンの材料であるヨウ素の摂取不足により甲状腺ホルモン自体を合成できないことが原因となることがある。[ja.wikipedia.org] 先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 皮膚小稜の欠損または薄い

さらなる症状