Create issue ticket

考えれる15県の原因 甲状腺結合グロブリン減少

  • 門脈性肝硬変

    肝性脳症の主な誘因として血中アンモニアの上昇が考えられている。アンモニアは、食物や消化管出血などに由来するタンパク質が腸管内で腸内細菌(アンモニア産生菌)によって代謝される過程で産生される。腸管より吸収されたアンモニアは、肝機能が正常な場合、門脈を通じて肝臓に入り、代謝・解毒される。 しかし、肝硬変などにより肝細胞が障害を受けその代謝能が低下したり、門脈-大循環短絡路(シャント)が形成されると、アンモニアの血中濃度は上昇し、循環血を介して脳に到達し、肝性脳症を発症する。[…][aska-pharma.co.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 吸収不良症候群

    トップ 疾患一覧 消化器疾患 吸収不良症候群(腸内細菌異常増殖症候群,盲係蹄症候群など) 疾患メモ 吸収不良症候群(malabsorption syndrome)は,消化吸収機能の低下により種々の栄養障害をきたす疾患の総称である。 栄養素の消化吸収機構は消化管管腔での処理相,腸管粘膜での吸収相,そして小腸吸収上皮での処理相と全身循環への移送相にわけられ,各相での障害から本症候群を分類することが可能である( 表1 )。 診断には各種の消化吸収試験が用いられるが,近年登場した小腸内視鏡検査は病態把握や診断に直結する情報が得られることがあり,積極的に施行が勧められる。[…][jmedj.co.jp]

  • タンパク喪失性腸症

    犬のタンパク喪失性腸症とは、小腸に連なるリンパ管の流れが悪くなり、破損した管からリンパ液が漏れ出してしまった状態のことです。 小腸から吸収された栄養素は、微絨毛(びじゅうもう)内にある中心リンパ管から乳び管と呼ばれる細い管を通って近くにあるリンパ管に合流します。しかし、リンパ管の側に通過障害があると、本来そこへ入って行くべき体液が行き場を失い、しまいにはリンパ管の破損を招いてしまいます。これが「リンパ管拡張症」です。[…][koinuno-heya.com]

  • 粘液水腫

    粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。 クレチン病[…][ja.wikipedia.org]

  • 低アルブミン血症

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年8月 ) 低アルブミン血症 (ていアルブミンけっしょう)とは、 医学 用語のひとつで、 ヒト 血漿 において アルブミン の濃度が異常に下がることをいう。種々の 低蛋白血症 のひとつ。 アルブミンはヒト体内における主要な蛋白のひとつであり、 血清 においては蛋白のおよそ60%を占める。多くの ホルモン 、 薬剤 や分子化合物は血中でアルブミンと結合している。生物学的に活性を示すにはアルブミンから分離する必要がある。一例として、 カルシウム[…][ja.wikipedia.org]

  • 更年期卵巣障害

    更年期とは? 更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。 具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指しています。 今、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいですから、40代半ばから50代半ばまでの期間が、更年期にあたりますが、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。 更年期障害[…][tomita-cl.com]

さらなる症状