Create issue ticket

考えれる82県の原因 甲状腺刺激ホルモン増加

  • 橋本甲状腺炎

    その場合、脳の下垂体から出て、甲状腺ホルモンを出すように命令する甲状腺刺激ホルモン増加が見られます。 甲状腺の抗体の検査 甲状腺に含まれる成分に対して自己抗体が作られ、抗サイログロブリン抗体と抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体が橋本病では陽性になります。[morisue-clinic.com] からだの新陳代謝活動のようすを示す基礎代謝率、甲状腺の活動性を示す甲状腺の放射性ヨード( 123 I 、 131 I)摂取率も低下し、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)やコレステロールが増加してきます。 そのほか、貧血や、胸部X線撮影では心臓の陰影の拡大、心電図検査では低電位差(活動の低下を示す)がみられる場合もあります。[kotobank.jp] TSH TSHは下垂体前葉から分泌されるホルモンで、甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンの合成、分泌を促進する。TSHの分泌は視床下部から分泌されるTRHによって促進される。血液中の甲状腺ホルモンが増加すると、下垂体のTSH分泌細胞の機能が抑制されると同時にTRH分泌も抑制されるため、TSH分泌が抑制される。[senoopc.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳房の腺癌
  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 気管支原性癌
  • 甲状腺腺腫

    という別のホルモンが出されており、このTSHによって甲状腺機能は調節されています。 正常では、甲状腺ホルモンが少なくなるとこのTSHの分泌が増加して甲状腺刺激し、甲状腺から出る甲状腺ホルモン増加します。 逆に、甲状腺ホルモンが多すぎるとTSHの分泌が減少し、甲状腺も働きが低下して甲状腺ホルモンが減少します。[houtokukai.jp] 【診断のための検査】 少量の採血を行い、その中の甲状腺ホルモン(2種類)および甲状腺刺激ホルモンを測定し甲状腺ホルモンの増加を確認することで診断がつけられる様になりました。更に重要な検査として血液中のTSH受容体に対する抗体(TSH受容体抗体)の検出があり、陽性であればバセドウ病と診断されます。[shizume-clinic.com] 甲状腺細胞を刺激する抗体が体内で産生され甲状腺細胞の数を増加させホルモン産生能も高めます。結果として甲状腺全体が腫大し、血中甲状腺ホルモン濃度が高まり、通常以上に新陳代謝が高まります。 動悸・発汗・手の振るえ(手指振戦)・体重減少・疲れなどの症状が現れます。時として眼球の裏側の軟部組織が肥大し目が前方に出る(眼球突出)こともあります。[ryujinkai.or.jp]

  • 下垂体腺腫

    2018.11.17 05:01 一時休養することになったお笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ 【拡大】 女性お笑いコンビ、ガンバレルーヤのボケ担当、よしこ(28)が下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)の治療で一時休養することが16日、分かった。 脳の下にある内分泌器官、下垂体にできる脳腫瘍の一種。所属事務所によると、人間ドックを受診した際、ホルモン産生の良性の腫瘍が見つかり、担当医師と相談した結果、腫瘍を除去する手術を決断した。復帰時期については術後の経過をみながら決める。[…][sanspo.com]

  • ヨード誘発性甲状腺機能低下症

    検査・診断 (日本甲状腺学会:甲状腺疾患診断ガイドライン 2013 参照,図1) ①血液中の FT 3 ,FT 4 の増加,同時に TSH が低値(検出限界以下が多い). ②TSH 受容体抗体(TRAb・TBⅡ)あるいは甲状腺刺激抗体(TSAb)陽性. ③甲状腺ホルモン増加が破壊性のものか否かの鑑別には放射性ヨード摂取率がもっとも有効である[primary-care.sysmex.co.jp] どのような検査か TSHは脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンで、甲状腺ホルモン(T3,T4)の生産を調整する働きをしています。血液中の甲状腺ホルモンが低くなるとTSHは増加し、逆に甲状腺ホルモンが多くなるとTSHは減少します。 このようにして私たちの血液中の甲状腺ホルモンの濃度は一定に保たれています。[oyumino-central.jp] 目次に戻る 第4章 甲状腺疾患の管理・治療 妊娠出産時甲状腺疾患の薬物療法と選択基準 坪井久美子 東邦大学医学部附属大森病院糖尿病代謝内分泌センター 講師 要旨 妊娠中は甲状腺刺激ホルモン(TSH),ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG),甲状腺ホルモン脱ヨード酵素(MID)により母体甲状腺ホルモンが増加し,胎児甲状腺ホルモン需要増加に応えている[saishin-igaku.co.jp]

  • 粘液水腫

    粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。 クレチン病[…][ja.wikipedia.org]

  • Woodhouse-Sakati 症候群

さらなる症状