Create issue ticket

考えれる764県の原因 甲状腺不全

  • 浮腫

    全身性浮腫の頻度としては心不全、腎不全、肝硬変などが多い。非圧痕浮腫の場合は甲状腺機能低下症による全身性浮腫の可能性が高く、頸静脈の怒脹やBNP高値を認める場合は心不全の可能性が高い。全身性浮腫の可能性が低いと判断したら局所性浮腫を疑う。局所性浮腫には閉塞性と非閉塞性の原因がある。[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    利尿薬服薬歴、甲状腺機能低下症、副腎不全、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)などを考える。 以下のような表が有名である。 しかし、臨床的には実際の濃度より進行速度とよく相関することが知られている。とはいえ急変時の重症度をみるには濃度が進行速度と比例するため有効である。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンD欠乏症

    低カルシウム血症 は、皮下注射後、1週間で起こりやすく、腎不全などビタミンDの作用不全のある人におきます。副甲状腺ホルモン(PTH)は代償性に上昇します。カルシウムと同時にビタミンD製剤を投与します。[nagasaki-clinic.com] I型ビタミンD依存症 肝硬変、肝癌、慢性腎不全 参考 ・臨床検査値ハンドブック 第3版、じほう ・臨床検査データブック2017-2018、医学書院[crc-group.co.jp] 末期腎不全患者でとんでもない事に 末期腎不全患者にデノスマブ(商品名:プラリア)投与すると、血中カルシウム(Ca),リン(P)は減少し、急激な2次性副甲状腺機能亢進症を来します。一時的に、Ca剤・ビタミンD製剤の増量が必要になります。)[nagasaki-clinic.com]

  • 外陰炎

    甲状腺機能低下症 甲状腺腫 喉頭がん 高尿酸血症 更年期障害 高プロラクチン血症 肛門周囲膿瘍 五十肩 骨形成不全 骨腫瘍 骨粗しょう症 骨肉腫 骨盤骨折 さかさまつげ 坐骨神経痛 嗄声 産後の母乳ケア 三叉神経鞘腫 痔 C型肝炎 シェーグレン症候群 歯科矯正 歯科審美治療 耳下腺がん 歯科治療に対する恐怖症 色覚異常 子宮下垂 子宮がん[t-pec.jp] 起立性調節障害 近視 緊張性頭痛 クラミジア感染症 グリオーマ クローン病 群発頭痛 頚肩腕症候群 痙性斜頸 頚椎後縦靭帯骨化症 頚椎症性脊髄症 けいれん 劇症肝炎 毛じらみ 月経不順 結腸がん ケロイド 腱鞘炎 腱板断裂 口腔乾燥症(ドライマウス) 高血圧症 膠原病 高山病 高次脳機能障害 口臭 後十字靱帯損傷 甲状腺炎 甲状腺がん 甲状腺眼症 甲状腺機能亢進症[t-pec.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    腎臓から出るエリスロポエチンの不足は慢性腎不全で起こり、治療として注射での補充を行います。内分泌系疾患(下垂体・甲状腺・副腎皮質・副甲状腺・性腺などの病気)によるホルモンの不足に対してはそれぞれのホルモン補充を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    レビューの論点 甲状腺機能低下症に対し、中薬(中医学の薬草療法)はどのような 効果 があるか? 背景 甲状腺機能低下症は、「甲状腺機能不全」または「甲状腺ホルモン不足」の症状としても知られ、甲状腺が十分な量の甲状腺ホルモンを産生しない状態である。甲状腺ホルモンは多数の身体機能(代謝)に 重要 である。[cochrane.org] 2つめは先天性甲状腺機能低下症で、ヨウ素の有機化が障害され甲状腺のホルモン生合成を障害したり、甲状腺形成不全により生じます。また、アビシニアンでは、遺伝性のヨウ素有機化障害が報告されています。医原性は成猫で多く、先天性は仔猫が多くそれぞれ症状が異なります。[aipetclinic.com] 私が甲状腺機能不全患者だったら、このこの組み合わせを試すのを躊躇しないでしょう。 ケルプ(Kelp/Fucus vesiculosis コンブの種類) ケルプには多量のヨウ素をはじめ必須ミネラルもたっぷり含有しているので、体内での甲状腺ホルモンの生成量を正常な状態に戻そうとします。[ecoshop-tibijin.co.jp]

  • 貧血

    腎臓から出るエリスロポエチンの不足は慢性腎不全で起こり、治療として注射での補充を行います。内分泌系疾患(下垂体・甲状腺・副腎皮質・副甲状腺・性腺などの病気)によるホルモンの不足に対してはそれぞれのホルモン補充を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 鉄欠乏症

    腎臓から出るエリスロポエチンの不足は慢性腎不全で起こり、治療として注射での補充を行います。内分泌系疾患(下垂体・甲状腺・副腎皮質・副甲状腺・性腺などの病気)によるホルモンの不足に対してはそれぞれのホルモン補充を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 粘液水腫

    全身性浮腫の頻度としては心不全、腎不全、肝硬変などが多い。非圧痕浮腫の場合は甲状腺機能低下症による全身性浮腫の可能性が高く、頸静脈の怒脹やBNP高値を認める場合は心不全の可能性が高い。全身性浮腫の可能性が低いと判断したら局所性浮腫を疑う。局所性浮腫には閉塞性と非閉塞性の原因がある。[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    図.2 Vicious Cycle (悪循環) 表.2 高血圧の成因分類 I.脈圧の大きい収縮高血圧 拍出量の増加 1.大動脈弁閉鎖不全 2.甲状腺機能亢進症 3.発熱 4.動静脈ろう II.収縮期 -拡張期とも高い血圧を示すもの 1.腎性高血圧症 慢性腎盂腎炎 急性および慢性糸球体腎炎 多嚢胞腎 腎血管性高血圧および腎梗塞 糖尿病性腎症[hokuriku-hosp.jp] 甲状腺機能亢進症、b. 大動脈弁閉鎖不全症などの高心拍出状態を呈する疾患がある。拡張期血圧はむしろ低下している場合が多い(参照問題A)。主訴、理学所見、検査所見のキーワードを列挙した。 a. 甲状腺機能亢進症: 主訴:動悸、振戦、発汗、体重減少、易疲労感 理学所見:頻脈、眼球突出、甲状腺腫大 検査所見:TSH 、FT4 b.[e-resident.jp]

さらなる症状