Create issue ticket

考えれる276県の原因 甲状腺クリーゼ

  • 出生

    体重258グラムで生まれた男の赤ちゃんが無事に成長して、20日退院することになり、入院先の長野県立こども病院が19日会見を開いて、赤ちゃんの健康状態などを説明しました。 病院によりますと、元気に退院する男の子としては世界で最も小さく生まれた赤ちゃんだということです。 これは19日、長野県安曇野市にある県立こども病院が会見で明らかにしました。 体重258グラムという小さな体で生まれたのは、軽井沢町の関野竜佑ちゃんです。 病院によりますと竜佑ちゃんは母親が妊娠中に血圧が上がり、このまま体内にいると成長に問題が生じる可能性があったため去年10月、妊娠24週の時に帝王切開で生まれたということです。[…][www3.nhk.or.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    ほとんどの方が外来で診断・治療開始になりますが、抗甲状腺薬の副作用(無顆粒球症、肝機能障害など)や甲状腺クリーゼを呈した場合、アイソトープ治療の場合には入院加療が必要となります。 無痛性甲状腺炎 背景に橋本病を有する患者さんに生じ、産後におきると産後甲状腺炎といわれます。[todai-jinnai.com]

  • 橋本甲状腺炎

    ほとんどの方が外来で診断・治療開始になりますが、抗甲状腺薬の副作用(無顆粒球症、肝機能障害など)や甲状腺クリーゼを呈した場合、アイソトープ治療の場合には入院加療が必要となります。 無痛性甲状腺炎 背景に橋本病を有する患者さんに生じ、産後におきると産後甲状腺炎といわれます。[todai-jinnai.com] 早期に適切な治療を開始すれば改善し、完治することも可能ですが、治療せずに悪化させた場合には、心臓病を併発したり、甲状腺クリーゼという状態になると命にかかわることがあります。 バセドウ病の治療について バセドウ病の治療については、①薬物療法、②手術療法、③放射性ヨード療法の大きく3つがありますが、当院では①の薬物療法を行います。[medicalplace.jp] バセドウ病を放置しておくと バセドウ病を治療もせずに放置しておくと、心臓病や甲状腺クリーゼのような命に関わる病気を引き起こしたり、女性では流産や早産の危険が高くなったり、さらには胎児に影響が出ることもあります。 そのため他の病気と同様にバセドウ病も早期に発見し、治療することが大切です。[sekiya-naika.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    この症状は眼の症状と同様に、甲状腺機能亢進症の他の症状と前後して始まることがあります。 甲状腺クリーゼ 甲状腺クリーゼとは、突然起こる極端な甲状腺機能の亢進のことで、生命を脅かす緊急事態です。すべての身体機能が危険な水準まで加速します。[msdmanuals.com] また、未治療の甲状腺機能亢進症に過度のストレス等が加わった結果、重い甲状腺機能亢進症となってしまうことがあります。これを甲状腺クリーゼと呼び、集中治療を要することがあります。 甲状腺機能亢進症に合併することのある主な病気 心房細動(しんぼうさいどう) 不整脈の1つで、脈が不規則でかつ非常に速くなります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] E052 CKR8 11 異所性中毒性甲状腺腫 E053 LE29 12 人為的甲状腺中毒症 E054 NDAG 13 甲状腺クリーゼ E055 S3PA 14 甲状腺中毒性昏睡 E055 AJ3V 15 下垂体性TSH分泌亢進症 E058 HLN6 16 下垂体性甲状腺機能亢進症 E058 GPDJ 17 二次性甲状腺機能亢進症 E058[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • バセドウ病

    ほかにも、病気を放置したり不十分な治療を受けたり、バセドウ病の大きな手術後や感染症にかかったりした場合には、甲状腺クリーゼと呼ばれる命に関わるような重篤な状態に陥ることがあります。また、甲状腺ホルモンは胎児の発育にも関与するため、妊娠前、妊娠中、授乳期には甲状腺の機能を良好にコントロールする必要があります。[saiseikai.or.jp] 甲状腺の治療で甲状腺ホルモン値を正常化させることが一番重要ですが、心不全や不整脈の治療も同時に行う必要があります。 甲状腺クリーゼ 十分な治療を行なっていない甲状腺機能亢進症を持つ方が、強いストレス(大きな手術、重い感染症など)を受けた時に起こりうる状態です。[kojin-kai.jp] 重篤な病態として、甲状腺クリーゼがあり致死率は 20% 以上との報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 肺塞栓症

    HOME 月刊誌 最新号 次号予告 バックナンバー 新しい診断と治療のABC 最新号 次号予告 バックナンバー 書籍 最新刊 好評発売中 書籍一覧 インターネット販売 最新医学 新しい診断と治療のABC 書籍 目次 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 57 / 血液6 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC (齋藤 英彦 編集) 我が国では両疾患とも生活習慣の欧米化などに伴い急速に増加しています。共通の特徴は,血栓症を基盤とすること,外科・内科・救急・産婦人科・整形外科などに横断的であること,そして迅速な対応が求められることです。[…][saishin-igaku.co.jp]

  • 甲状腺癌

    副甲状腺機能亢進症がある場合は,過形成性または腺腫様の副甲状腺の切除が必要となる。褐色細胞腫が存在する場合は,通常両側性である。術中に高血圧クリーゼを誘発する危険があるため,褐色細胞腫は甲状腺摘出術の前に同定して切除すべきである。髄様癌およびMEN 2A型の患者は長期生存が一般的であり,3分の2を上回る患者が10年時点で生存している。[msdmanuals.com]

  • 不安定狭心症
  • 大動脈弁狭窄症

    大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう、英Aortic valve stenosis:AS)は、大動脈弁口の狭窄によって全身に血液が送り出されにくくなる疾患である。 大動脈弁口の面積が減少すると抵抗が増し、心収縮期に血液が全身に送り出されにくくなる。その結果、収縮期血圧が低下し様々な臨床症状を呈するようになる。 正常な大動脈弁口の面積は3cm2程度で、1.5cm2以下になると臨床症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状