Create issue ticket

考えれる50県の原因 生理的調整

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管迷走神経性失神

    ポスター 1-08 電気生理学・不整脈 2015年7月16日(木) 17:26 〜 18:02 ポスター会場 (1F オリオン A B) 座長:後藤 浩子 (岐阜県総合医療センター) I-P-039 I-P-044 キーワード:QT延長, 血管迷走神経性失神, 失神[…][confit.atlas.jp]

  • 低酸素症

    低酸素症(ていさんそしょう、Hypoxia)とは、生体の組織に十分酸素が行きわたらず、組織の酸化による代謝が不十分である状態のこと。呼吸機能の障害がもたらす低酸素血症(hypoxemia)については、血液ガス分析の項目を参照のこと。 肺胞換気不全などによる呼吸の障害、一酸化炭素中毒などによる血液の酸素運搬量の減少、シアン化合物中毒などによる組織自体が代謝できない場合などによるさまざまな原因が挙げられる。 軽度の低酸素症ならば、血液中の赤血球が増加し、心拍出量と心拍数が増加し、すぐに回復するが、 脳に低酸素が生じた場合、呼吸機能が減退、神経の働きが鈍くなるなどの症状があらわれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    パーキンソン病とよだれ(2017/07) パーキンソン病(PD)におけるよだれ(流涎)は、患者さんの社交性を妨げると同時に、口腔内の清潔維持を困難にし、唾液の誤嚥さらに誤嚥性肺炎につながる症状として重要です。頻度は報告によって様々ですが、10-84%とされ1)、決してまれではないのですが、有効な治療に関する報告はそれほど多くないのが現状です。[…][jsdnnm.com]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    椎骨脳底動脈循環不全(ついこつのうていどうみゃくじゅんかんふぜん、英: vertebrobasilar insufficiency; VBI)は、椎骨脳底動脈系の循環不全により、脳幹、小脳、後頭葉の機能障害による発作を繰り返す。 めまい(回転性、浮動性いずれも起こりうる) 眼前暗黒感 手足のしびれ 視力障害, 視覚異常 頭痛 歩行障害 意識障害 構音・嚥下障害 運動麻痺 1987年めまいの診断基準化委員会答申書[ja.wikipedia.org]

  • 脳底型片頭痛

    脳底型片頭痛 (Basilar-type migraine)は前兆のある片頭痛のサブフォームのひとつ。 構音障害、回転性めまい、耳鳴、難聴、複視、両眼の耳側および鼻側の両側にわたる視覚症状、運動失調、意識レベル低下、両側性の感覚障害など、片頭痛の前兆の責任病巣が、脳幹または両側大脳半球と考えられるもの。 脳底型発作は若年成人に最も多い。脳底型発作を有する患者は、典型的前兆のある発作も経験していることが多い。 運動麻痺(脱力)がある場合は片麻痺性片頭痛と診断する。[…][ameblo.jp]

  • 大麻乱用

    秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。6月30日(土)の放送では、厚生労働省 監視指導・麻薬対策課の牧角一信さんに、「身近にひそむ薬物乱用」について伺いました。 左から秋元才加、JOY、牧角一信さん[…][excite.co.jp]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    脳神経内科は、脳・脊髄の中枢神経系、末梢神経や、筋肉の病気を診る内科です。代表的な疾患は、脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・脳塞栓・一過性脳虚血)、認知症(アルツハイマー病・脳血管性認知症・軽度認知障害、その他 認知機能障害)、一過性全健忘、頭痛、てんかん、痙攣、感染性疾患(脳炎・髄膜炎)、神経難病(パーキンソン病・パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症・多 系統萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性筋炎・筋ジストロフィー等筋疾患、 等々)、脊髄疾患、神経根障害、末梢神経障害(炎症性・糖尿病性・ビタミン欠乏性等)などがあります。[…][seichokai.or.jp]

さらなる症状