Create issue ticket

考えれる6県の原因 生後6-12か月に発症

  • 食品アレルギー

    ❸PETIT study 4) :筆者らが本邦で行った卵アレルギーの発症予防研究で,アトピー性皮膚炎乳児を対象に,生後6か月から卵摂取を開始する群と生後12か月まで除去する群を比較したRCTです。[igaku-shoin.co.jp] 図 卵アレルギー発症予防研究(PETIT study)( 文献4 より改変) 生後6か月から卵たんぱく摂取を開始した群が,生後12か月まで除去した群に比べて卵アレルギーの発症率が有意(p 0.0001)に低い。[igaku-shoin.co.jp] 結果は,生後6か月から卵を摂取した群の卵アレルギー発症率8%に対して,プラセボ(除去)群では38%と,早期摂取により発症が予防できました( 図 )。[igaku-shoin.co.jp]

  • 突発性発疹

    生後 12か月に多 くみられ、2歳未満がほとんどです。4か月未満の乳児は、母 からの移行抗体のため、ほとんど発症しません。 合併症 数%に熱性けいれんがあります。 まれに脳炎や肝炎があります。 治療 解熱剤や下痢止めなどの対症療法を行います。 予防 特別な予防方法はありません。また、その必要もないと思わ れます。[asamaghp.jp]

  • 先天性線維型不均衡ミオパチー

    通常、生後3 4か月で見られる首のすわり、生後6から8か月で見られる一人座り、生後12か月から14か月で見られる一人歩きといった発達が遅れる。 まれに成人になって発症するものもある。大半は(1)乳児重症型、(2)良性先天型、(3)成人型の三型に分けられます。一般に症状の進行は遅いが、呼吸筋を侵され、人工呼吸器が必要になることもある。[matome.naver.jp]

  • パラ百日咳菌

    (日本) 文政 年間、百日咳と呼ばれる [10] [12] 1906年 Bordetand Gengou らが百日咳菌を初めて分離 [13] アメリカ合衆国 [ 編集 ] 1999 - 2002年の アメリカ合衆国 ( イリノイ州 、 ジョージア州 、 マサチューセッツ州 、 ミネソタ州 )で百日咳を発症した生後12か月未満の乳児616人の[ja.wikipedia.org] 調査では、感染源不明57%、母親14%、兄弟姉妹8%、父親6%、祖父母4%、その他が11% [14] 。[ja.wikipedia.org]

  • 線状脂腺母斑症候群

    ウイルス感染症後、四肢、顔面に紅色丘疹が多発する「ジアノッティ・クロスティ症候群」を発症することがあります。生後6か月 12歳位に発症するとされていますが、ほとんどは1 2歳位の発症です。原因となるウイルスは多種あり、潜伏期間が2か月に渡るため、通常原因ウイルスを特定することはできません。[ayase-hifumi.com]

  • ヒトヘルペスウイルス 6

    生後 12か月に多 くみられ、2歳未満がほとんどです。4か月未満の乳児は、母 からの移行抗体のため、ほとんど発症しません。 合併症 数%に熱性けいれんがあります。 まれに脳炎や肝炎があります。 治療 解熱剤や下痢止めなどの対症療法を行います。 予防 特別な予防方法はありません。また、その必要もないと思わ れます。[asamaghp.jp]

さらなる症状