Create issue ticket

考えれる44県の原因 生後6か月に発症

  • 脊髄性筋萎縮症

    I型は生後6か月ごろまでに発症、運動発達が停止し、体幹を動かすこともできません。支えなしに座ることができず、哺乳困難、 嚥下困難 、誤嚥、呼吸不全を伴います。舌の細かい振えがみられます。[nanbyou.or.jp]

  • 斜視

    内斜視 乳児(先天)内斜視 はじめに 乳児(先天)内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいいます。ほとんどは、生後1か月以降に発症します。 原因 遺伝、解剖学的原因、筋肉の異常、神経系の異常など諸説ありますが、はっきりとしていません。 症状 片眼が内側に大きくずれています。[jasa-web.jp] 発症の時期、成因、調節性の有無、斜視角の程度、変動などが分類の基準となっています。 乳児内斜視 乳児(先天)内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいいます。ほとんどは、生後1か月以降に発症します。原因ははっきりとしていません。乳児内斜視の診断には、発症時期の見極めが大切です。[yamaguchi-eye-clinic.com] 乳児内斜視 生後6か月以内に発症した内斜視で、ほとんどが生後1か月以内に発症する。 屈折性調節性内斜視 強い遠視が原因となって起こる内斜視。調節(ピントを合わせること)をするときの過剰な眼球の内寄せ(輻湊)により起こる。[takada-ganka.co.jp]

  • 食品アレルギー

    結果は,生後6か月から卵を摂取した群の卵アレルギー発症率8%に対して,プラセボ(除去)群では38%と,早期摂取により発症が予防できました( 図 )。[igaku-shoin.co.jp] ❸PETIT study 4) :筆者らが本邦で行った卵アレルギーの発症予防研究で,アトピー性皮膚炎乳児を対象に,生後6か月から卵摂取を開始する群と生後12か月まで除去する群を比較したRCTです。[igaku-shoin.co.jp] 図 卵アレルギー発症予防研究(PETIT study)( 文献4 より改変) 生後6か月から卵たんぱく摂取を開始した群が,生後12か月まで除去した群に比べて卵アレルギーの発症率が有意(p 0.0001)に低い。[igaku-shoin.co.jp]

  • 神経症性障害

    本誌の読者は主に学童期、思春期の子どもを扱う専門職の方々が多いので、まずパニック障害の発症前にみられるいろいろな不安障害について、発症年齢の若い順から略説していきます。 種々の不安障害 1.ひとみしり 恐怖とか不安といった感情は生後か月前後に初めて出てくるといわれています。[fuanclinic.com]

  • 内斜視

    内斜視 乳児(先天)内斜視 はじめに 乳児(先天)内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいいます。ほとんどは、生後1か月以降に発症します。 原因 遺伝、解剖学的原因、筋肉の異常、神経系の異常など諸説ありますが、はっきりとしていません。 症状 片眼が内側に大きくずれています。[jasa-web.jp] 発症の時期、成因、調節性の有無、斜視角の程度、変動などが分類の基準となっています。 乳児内斜視 乳児(先天)内斜視は、生後6か月以内に発症した内斜視のことをいいます。ほとんどは、生後1か月以降に発症します。原因ははっきりとしていません。乳児内斜視の診断には、発症時期の見極めが大切です。[yamaguchi-eye-clinic.com] 乳児内斜視 生後6か月以内に発症した内斜視で、ほとんどが生後1か月以内に発症する。 屈折性調節性内斜視 強い遠視が原因となって起こる内斜視。調節(ピントを合わせること)をするときの過剰な眼球の内寄せ(輻湊)により起こる。[takada-ganka.co.jp]

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    ・遊走性焦点発作を伴う乳児てんかん 多くは生後6か月以内に発症する症候群で、目が片側に寄る、瞼・顔面や上下肢のけいれん、口部の自動症、無呼吸などといった様々な発作症状が、左右一定せず発作の最中にも部位や形を変えながら連続して出現します。発作頻度は次第に増加して毎日出現するようになり、しばしば重積します。[epilepsy-info.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    発症年令は、抗体欠乏を主徴とする免疫不全症では胎盤移行抗体のなくなる生後6か月から2歳頃から発症し、好中球やT細胞機能の異常による免疫不全症では生後早期から発症する傾向があります。 4. この病気の原因はわかっているのですか 多くは免疫系に働く蛋白の遺伝子の異常です。[nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    発症年令は、抗体欠乏を主徴とする免疫不全症では胎盤移行抗体のなくなる生後6か月から2歳頃から発症し、好中球やT細胞機能の異常による免疫不全症では生後早期から発症する傾向があります。 4. この病気の原因はわかっているのですか 多くは免疫系に働く蛋白の遺伝子の異常です。[nanbyou.or.jp]

  • 熱性けいれん

    熱性痙攣発症前の明らかな神経学的異常もしくは発達遅滞 発症年齢が生後6か月未満あるいは5歳以降の発症 非定型発作 部分発作 発作の持続が15分 20分以上 24時間以内の発作の反復 無熱性痙攣の家族歴 ページの先頭へ 熱性けいれんの要注意因子 熱性けいれんが再発するかどうかに関して要注意因子となるものは以下の3つです。[hosp.ikeda.osaka.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    発症年令は、抗体欠乏を主徴とする免疫不全症では胎盤移行抗体のなくなる生後6か月から2歳頃から発症し、好中球やT細胞機能の異常による免疫不全症では生後早期から発症する傾向があります。 4. この病気の原因はわかっているのですか 多くは免疫系に働く蛋白の遺伝子の異常です。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状