Create issue ticket

考えれる3県の原因 生後2-4週間で症状発症

つまり: 生後2-4週間で症状発

  • RSウイルス感染症

    潜伏期間は4 5日であり、その後発症して1週間 10日程度症状が続きます。 生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%が感染しますが、免疫ができにくいため、何度でも感染します。新生児、乳幼児や免疫の弱った方が重症化しやすく、年長児や成人では重症化することはあまりありませんが、感染源となるので注意が必要です。[city.matsuyama.ehime.jp] 潜伏期間は4、5日であり、その後発症して1週間から10日程度症状が続きます。 生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染し、その後再感染する場合もあります。新生児、乳幼児や免疫の弱った方が重症化しやすく、年長児や成人では重症化することはあまりありませんが、感染源となるので注意が必要です。[pref.ehime.jp]

  • 末期先天性梅毒

    (2)乳児梅毒 出生時は一見、正常にみえるが、生後3週間から3 4か月で発症する。全身症状は、栄養状態不良、顔面蒼白 (そうはく) 、不安および不機嫌で、発熱がときにみられる。皮膚症状は、びまん性皮膚浸潤で、皮膚は肥厚して弾力を失い、暗赤色を呈する。斑 (はん) 状丘疹 (きゅうしん) が顔面から四肢に広がり、淡紅色から暗赤色となる。[kotobank.jp]

  • ハッチンソン歯

    (2)乳児梅毒 出生時は一見、正常にみえるが、生後3週間から3 4か月で発症する。全身症状は、栄養状態不良、顔面蒼白 (そうはく) 、不安および不機嫌で、発熱がときにみられる。皮膚症状は、びまん性皮膚浸潤で、皮膚は肥厚して弾力を失い、暗赤色を呈する。斑 (はん) 状丘疹 (きゅうしん) が顔面から四肢に広がり、淡紅色から暗赤色となる。[kotobank.jp]

さらなる症状