Create issue ticket

考えれる52県の原因 生存期間中央値:5-7年

  • 膀胱の悪性新生物

    全身化学療法を行った場合の5生存率は13-15%であり、生存期間中央は14-15か月である[ 7 ]。 2.診断 1)検診(スクリーニング) 一般集団に対する単回血尿検査、反復血尿検査、排尿細胞診によるスクリーニングが、膀胱がんによる死亡を減らすというエビデンスはなく、感度、特異度の点からも推奨されない。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 星細胞腫

    退形成乏突起神経膠腫の2生存率は57%、5生存率も33%ですが 3) 、1pと19qの欠失がある症例では予後が比較的良好(生存期間中央7年)です。そのため現在では1pと19qのLOHがあること自体が予後良好因子として認識され、LOH解析を考慮して病理診断をする施設が増えてきています 5) 。[ims.u-tokyo.ac.jp] 無増悪生存期間中央 PFSは,放射線治療を受けると5.3,待機すると3.4年でした。しかし生存期間中央7.4年と7.2年で変わりありませんでした。症候性てんかんのコントロールは早期放射線治療が優ったとのことです。しかし当然ながら,放射線治療による脳機能低下が生じる可能性は早期治療群で早まるはずです。[plaza.umin.ac.jp] 発症からの経過は長く、数以上という症例もあります(生存期間中央7-85生存率50-70% 3) 。主な治療法は手術であり、腫瘍をできるだけ安全に摘出します。最近は術後の神経症状の悪化を防ぐため、術中ナビゲーションシステム(カーナビのようなもの)や電気生理学的モニタリングをして神経の機能を温存しながら摘出するよう努めています。[ims.u-tokyo.ac.jp]

  • 上皮性卵巣癌

    GOG-0114およびGOG-0172の更新された併合解析には876人の患者が含まれ、追跡期間中央は10.7で以下の結果が報告された: [ 36 ] 生存期間中央はIP療法群で61.8ヵ月(95%CI、55.5-69.5)であったのに対し、IV療法群で51.4ヵ月(95%CI、46.0-58.2)であった。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 転移性卵巣上皮がん

    GOG-0114およびGOG-0172の更新された併合解析には876人の患者が含まれ、追跡期間中央は10.7で以下の結果が報告された: [ 36 ] 生存期間中央はIP療法群で61.8ヵ月(95%CI、55.5-69.5)であったのに対し、IV療法群で51.4ヵ月(95%CI、46.0-58.2)であった。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 卵巣の悪性中腎腫

    GOG-0114およびGOG-0172の更新された併合解析には876人の患者が含まれ、追跡期間中央は10.7で以下の結果が報告された: [ 36 ] 生存期間中央はIP療法群で61.8ヵ月(95%CI、55.5-69.5)であったのに対し、IV療法群で51.4ヵ月(95%CI、46.0-58.2)であった。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 胆管癌

    切除不能な進行胆道癌においては5生存はほぼ皆無である。 ゲムシタビン 単独投与の日本国内第II相試験において、生存期間中央7.6ヶ月と報告されている。 著名な罹患者 [ 編集 ] 川島なお美 ( 女優 、 2015年 9月24日 に死去) 関連項目 [ 編集 ] 胆道癌 悪性腫瘍 クールボアジェ徴候[ja.wikipedia.org]

  • 神経膠腫

    退形成乏突起神経膠腫の2生存率は57%、5生存率も33%ですが 3) 、1pと19qの欠失がある症例では予後が比較的良好(生存期間中央7年)です。そのため現在では1pと19qのLOHがあること自体が予後良好因子として認識され、LOH解析を考慮して病理診断をする施設が増えてきています 5) 。[ims.u-tokyo.ac.jp] ・全生存割合 9ヶ月;56% (40-69%)、12ヶ月;35% (21-49%)、2 17% (7-30%). 中央生存期間 9.5ヶ月(7.5-11.4ヶ月). ・2生存例が5例で、診断時の年齢の中央は13.6歳.[sites.google.com] 発症からの経過は長く、数以上という症例もあります(生存期間中央7-85生存率50-70% 3) 。主な治療法は手術であり、腫瘍をできるだけ安全に摘出します。最近は術後の神経症状の悪化を防ぐため、術中ナビゲーションシステム(カーナビのようなもの)や電気生理学的モニタリングをして神経の機能を温存しながら摘出するよう努めています。[ims.u-tokyo.ac.jp]

  • 星状細胞腫拡散

    無増悪生存期間中央 PFSは,放射線治療を受けると5.3,待機すると3.4年でした。しかし生存期間中央7.4年と7.2年で変わりありませんでした。症候性てんかんのコントロールは早期放射線治療が優ったとのことです。しかし当然ながら,放射線治療による脳機能低下が生じる可能性は早期治療群で早まるはずです。[plaza.umin.ac.jp]

  • 原発性縦隔大B細胞リンパ腫

    ) 生存期間中央) 無病生存期間 25 ヶ月 17 ヶ月 無増悪生存期間 32 ヶ月 21 ヶ月 全生存期間 88 ヶ月 27 ヶ月 5 無病生存割合 32% 53% 増悪生存割合 37% 57% 全生存割合 73% 85% 1)Rituximab併用化学療法61例のFLIPI risk群別治療成績 FLIPI risk group[hospital.fujita-hu.ac.jp] 12 (20.0%: n 60) FLIPI risk group Low / Intermediate / High 11 / 6 / 7 25 / 17 / 19 治療成績 完全奏効割合 15 (62.5%) 53 ( 88%) 全奏効割合 20 (83.3%) 60 (100%) 再発/再燃 12 (60.0%) 16 ( 26.7%[hospital.fujita-hu.ac.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    退形成乏突起神経膠腫の2生存率は57%、5生存率も33%ですが 3) 、1pと19qの欠失がある症例では予後が比較的良好(生存期間中央7年)です。そのため現在では1pと19qのLOHがあること自体が予後良好因子として認識され、LOH解析を考慮して病理診断をする施設が増えてきています 5) 。[ims.u-tokyo.ac.jp] 発症からの経過は長く、数以上という症例もあります(生存期間中央7-85生存率50-70% 3) 。主な治療法は手術であり、腫瘍をできるだけ安全に摘出します。最近は術後の神経症状の悪化を防ぐため、術中ナビゲーションシステム(カーナビのようなもの)や電気生理学的モニタリングをして神経の機能を温存しながら摘出するよう努めています。[ims.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状