Create issue ticket

考えれる7県の原因 環状皮膚病変

  • 連圏状ひ糠疹

    皮膚科学(ひふかがく、英: dermatology、cutaneous condition)は、主に皮膚を中心とした疾患を治療・研究する医学の一分科。外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行う。 ここでは、皮膚に発疹が出現する疾患を挙げている。 熱傷(やけど)(軽度のものから重症で植皮を要するものまで) 凍瘡(しもやけ) 凍傷 褥瘡(とこずれ) 放射線皮膚障害 虫刺症 動物咬傷 クラゲ刺傷 猫ひっかき病 アトピー性皮膚炎 脂漏性湿疹 接触性皮膚炎(例:おむつかぶれ) 皮脂欠乏性湿疹 貨幣状湿疹 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎[…][ja.wikipedia.org]

  • 梅毒

    (2014年11月07日改訂) 疫学 梅毒は世界中に広く分布している疾患である。1943 年にマホニーらがペニシリンによる治療に成功して以来、本薬の汎用によって発生は激減したが、その後、各国で幾度かの再流行が見られている。1960 年代半ばには日本も含め、世界的な再流行が見られた。日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例[…][niid.go.jp]

  • 多形性紅斑
  • 体部白癬

    皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう、英: dermatophytosis)とは子嚢菌門の皮膚糸状菌群の感染を原因とする感染症。皮膚糸状菌は表皮の角質層、被毛、爪鉤において増殖する。人獣共通感染症の一つ。皮膚真菌症に含まれる。 Microsporum属(小胞子菌属)、Trichophyton属(白癬菌属)、Epidermophyton属(表皮菌属)が知られている。一例としてT. verrucosmはウシやヒトに感染する。 白癬 皮膚カンジダ症 癜風 ウッド灯検査 - M. canis や M. equinum などが被毛で増殖している場合、ウッド灯を当てると黄緑色蛍光を発する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭部白癬
  • 遠心性環状紅斑
  • サルコイドーシス

    局面型水平方向に伸展する病型であり環状の形態を示す場合と斑状の病変とがある。環状病変が多い。環状病変は辺縁がやや堤防上に隆起し、中央部は正常皮膚色でやや萎縮性である。種々の大きさを示し手掌大になることもある。前額部に好発し多発する傾向がある。心サルコイドーシスの合併率が他の皮膚病変に比べて大きい。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状