Create issue ticket

考えれる7県の原因 環椎後頭不安定性

  • 眼球振盪

    眼球振盪(がんきゅうしんとう、英: nystagmus、独: Nystagmus)は、自分の意思とは関係なく眼球が動く現象。病的なものと生理的なものがある。一般的には眼振(がんしん)と略して呼ぶことが多い。 眼振は眼球の不随意的往復運動で、様々な基準で分類される。 眼球の往復運動の様式を基準にする場合には、 振子様眼振(一定速度で振子のような往復運動をする)[…][ja.wikipedia.org]

  • 偽性ハーラー・ポリジストロフィー

    多発骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp] 合併症として、脊髄の絞扼神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症I型

    多発骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp] 合併症として、脊髄の絞扼神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp]

  • 舌下神経疾患

    顔面神経麻痺 がんめんしんけいまひ 1.顔面神経麻痺とは[…][jscmfs.org]

  • 知覚障害

    [症状] 10年以上も前より、右大腿外側のシビレと知覚障害があり、病院その他転々とするが改善も無く、諦めていたところ、知人の紹介で当院を受診。 右足にシャワーをかけても、シャワーが当っている事すら、何も感じない。 右股間周辺が硬く、腰部ヘルニアがある。 イライラ・セッカチで血圧が高め。 [治療] 全身的に経絡診断を行い、加えて、右足の末梢神経・腰・股関節の状態を調べました。 右足の末梢神経は、気が少なく冷えた状態で、腰・股関節は、腱・靭帯が硬くなっている様です。[…][imai-hariq.jp]

  • ラロニダーゼ

    多発骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp] 合併症として、脊髄の絞扼神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp]

  • バクロフェン

    筋骨格痛: 圧痛及び筋肉痙攣を引き起こす筋骨格状態は、線維筋痛症、緊張型頭痛、筋筋膜疼痛症候群、咬合局面関節痛、 内部椎間板離開、体機能不全、脊椎骨折、化膿脊椎炎、リウマチ多発筋痛、軸関節の不安定関節疼痛、骨粗鬆症の脊椎骨の圧縮破壊、ショイエルマン病、 脊椎分離症、脊椎辷り症、棘突起間関節形成症、仙腸関節疼痛、仙椎の圧力骨折[biosciencedbc.jp]

さらなる症状