Create issue ticket

考えれる2県の原因 環椎後頭不安定性

  • 偽性ハーラー・ポリジストロフィー

    多発骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp] 合併症として、脊髄の絞扼神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症I型

    多発骨形成不全は関節を含む脊椎の不安定をもたらしかねない。姿勢には十分な注意を払い、頸部の過伸展を避けることが必要である。 いかなる目的であれ、適切な気道確保が困難であるため麻酔の導入は難しくなりうる。気管が狭く声帯が肥厚していることがあるため、気管内挿管に通常より径の小さな気管チューブが必要になることがある。[grj.umin.jp] 合併症として、脊髄の絞扼神経障害、急性脊髄障害、関節不安定症などを認めることがある。 鎖骨は短く、肥厚していて、不整である。長骨は短く、骨幹の幅は広い。膝は外反や内反しやすい。軟骨内の成長板は肥厚かつ変形している。典型的には、骨盤の形成は不良である。大腿骨頭は小さく外反股であることが多い。[grj.umin.jp]

さらなる症状