Create issue ticket

考えれる342県の原因 猩紅熱

  • 扁桃炎

    猩紅熱様発疹または非特異的な発疹も認められることがある。扁桃は腫脹および発赤し,しばしば膿性滲出液がある。圧痛を伴う頸部リンパ節腫脹が認められることがある。GABHSによる扁桃咽頭炎では発熱,リンパ節腫脹,口蓋の点状出血,および滲出液が,ウイルス性扁桃咽頭炎と比べ,いくぶん頻度が高いが,重複所見は多い。[msdmanuals.com]

  • 咽頭炎

    猩紅熱での体幹部、顔面の発疹と口囲蒼白 治療にはペニシリン系薬剤が第1選択薬であるが、アレルギーがある場合にはエリスロマイシンが適応となり、また第1世代のセフェムも使 用可能である。いずれの薬剤も少なくとも10日間は確実に投与することが必要である。[niid.go.jp] 乳幼児では咽頭炎、年長児や成人では扁桃炎が現れ、発赤毒素に免疫のない人は猩紅熱といわれる全身症状を呈する。気管支炎を起こすことも多い。発疹を伴うこともあり、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などの二次疾患を起こすこともある。[pref.okayama.jp] まれに重症化し、喉や舌、全身に発赤が広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行することがあります。合併症には肺炎、髄膜炎、敗血症、リウマチ熱、急性糸球体腎炎などがあります。 このページの先頭へ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎を予防するには A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防には、手洗い・うがいやマスクの着用等が有効です。[city.kushiro.lg.jp]

  • レンサ球菌感染

    アンナ・カレーニナ - オブロンスキイ家の子供たちが猩紅熱にかかるという描写がある。[ja.wikipedia.org] 侵入部位や組織によって多彩な臨床症状を引き起こしますが、よくみられる疾患としては急性咽頭炎、膿痂疹(とびひ)、蜂巣織炎、猩紅熱があります。その他にも肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎、骨膜炎などもあります。また、菌の直接の作用でなく、免疫機序を介してリウマチ熱や急性糸球体腎炎を引き起こす場合もあります。[lab.toho-u.ac.jp] 猩紅熱(しょうこうねつ): 発疹がまず顔に現れ、それが体幹や腕や脚に広がります。発疹に触れると、目の粗い紙やすりのように感じられます。発疹は、脚と体幹の間の屈曲部など、皮膚がこすれ合う部分で悪化します。発疹が治まると、皮膚が剥がれてきます。黄色味がかった白い膜で覆われた赤い隆起が舌に発生します。[msdmanuals.com]

  • 化膿レンサ球菌

    猩紅熱 - 主に乳幼児にみられる感染症で、化膿レンサ球菌の持つ毒素のために苺舌や発疹が出現する。 菌体抗原(M蛋白質)と生体組織の免疫的交差反応、或は菌体抗原と抗体複合物の生体内沈着により免疫反応によると考えられる疾患である。[ja.wikipedia.org] 猩紅熱 - 主に乳幼児にみられる感染症で、化膿レンサ球菌の持つ毒素のために苺舌や発疹が出現する。 感染症後遺症 [ 編集 ] 菌体抗原(M蛋白質)と生体組織の免疫的交差反応、或は菌体抗原と抗体複合物の生体内沈着により免疫反応によると考えられる疾患である。[ja.wikipedia.org] 猩紅熱に見られる全身性の発赤(発赤毒素)や毒素性ショック症候群などの毒素性疾患の主因であり、また壊死性筋膜炎との関連も指摘されている。この他、ヒアルロニダーゼやDNaseなどの分解酵素を菌体外に分泌しており、これらも組織破壊による感染巣拡大に関与すると考えられている。 化膿レンサ球菌は、ヒトに対して病原性を示す代表的な細菌であるといえる。[ja.wikipedia.org]

  • 猩紅熱

    アンナ・カレーニナ - オブロンスキイ家の子供たちが猩紅熱にかかるという描写がある。[ja.wikipedia.org] 猩紅熱を発症すると、主に全身に広がりうる皮膚の発疹と咽頭炎、扁桃炎などが現れます。猩紅熱は、主に幼児から児童にかけてみられることが多い病気とされています。 原因 猩紅熱は、「A群溶血性連鎖球菌」と呼ばれる細菌が原因となって発症します。[medicalnote.jp] このため、猩紅熱は 伝染病予防法 に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、 1998年 の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の 感染症法 ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎( 溶連菌感染症 )として診断・治療を行うことがほとんどである。[ja.wikipedia.org]

  • 急性中耳炎

    血行性 猩紅熱、ジフテリア、インフルエンザなどの感染症で血行性に感染することがある。まれではあるが、一般の中耳炎に比べ重症になりやすい。 耳痛、発熱、伝音性難聴、耳鳴、耳漏が主要な自覚症状である。また鼓膜は充血し、重症例では穿孔する。 症状と鼓膜所見によって診断される。[ja.wikipedia.org]

  • 糸球体腎炎

    溶連菌とはA群β溶血性連鎖球菌のことで、咽頭炎・扁桃腺炎、猩紅熱(猩とはおおきな猿の意味です)、脳皮症(おでき)、リウマチ熱などの原因にもなります。特に秋から春にかけて流行する溶連菌による扁桃腺炎は四 十歳のこども達に流行します。従って、急性腎炎もこの年齢のこども達がかかることが多く、どちらかというと男の子に多い傾向があります。[glico.co.jp]

  • 扁桃周囲膿瘍

    症状にはこのほか頭痛、吐き気や嘔吐、腹痛、筋肉痛 、猩紅熱様の発疹や口蓋点状出血などがあり、口蓋点状出血はあまり一般的にはみられないが、非常に特異的な所見である。レンサ球菌咽頭炎の症状発現までの潜伏期間は病原菌と接触してから1 3日程度である。[ja.wikipedia.org]

  • 川崎病

    翌年、非猩紅熱性落屑症候群の名前で千葉県小児科学会で報告、さらに自験50例をまとめた論文を雑誌『アレルギー』に発表し、注目を浴びた。最初は単純な疾患と考えられたが、病理学的に冠状動脈に動脈瘤が見られ、死亡例も多かったので川崎病Kawasaki diseaseが定着した。1990年に日赤医療センターを定年退職。[ja.wikipedia.org] 同様の症状を引き起こすその他の病気(麻疹[はしか]、猩紅熱、若年性特発性関節炎など)を否定するため、血液検査や血液とのどの培養検査も行われます。しばしば、小児の心疾患の治療を専門とする医師(小児心臓専門医)または小児の感染症の治療を専門とする医師へのコンサルテーションが行われます。[msdmanuals.com] 川崎病が現在のように認識される以前は、スティーブンス・ジョンソン症候群や猩紅熱と診断されることがよくありました。 スティーブンス・ジョンソン症候群には眼が目やにで塞がったり、体中の発疹に水ぶくれができたりという特徴があります。 猩紅熱はA群溶連菌という細菌でおこる病気です。[ketsukyo.or.jp]

  • 急性糸球体腎炎

    溶連菌とはA群β溶血性連鎖球菌のことで、咽頭炎・扁桃腺炎、猩紅熱(猩とはおおきな猿の意味です)、脳皮症(おでき)、リウマチ熱などの原因にもなります。特に秋から春にかけて流行する溶連菌による扁桃腺炎は四 十歳のこども達に流行します。従って、急性腎炎もこの年齢のこども達がかかることが多く、どちらかというと男の子に多い傾向があります。[glico.co.jp]

さらなる症状