Create issue ticket

考えれる84県の原因 狭いQRS複合体, 鉄欠乏性貧血

  • 鉄欠乏性貧血

    若年女性などが偏食や無理な減量によって必要な量のを摂取していない場合は欠乏貧血に陥りやすい。 子宮筋腫の存在する女性が更年期近くになって出血量が増加し欠乏貧血になる例も多く見られる。 胃潰瘍 、 胃癌 、 痔 、 大腸癌 、などの消化管出血が欠乏の原因となることがある。特に右半大腸癌は欠乏貧血が唯一の症状であることがある。[ja.wikipedia.org] 小球低色素貧血 サラセミア 芽球貧血 欠乏貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球貧血(大球正色素貧血) 巨赤芽球貧血 悪性貧血 葉酸欠乏貧血 ビタミンB12欠乏貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 濃度 フェリチン濃度小球低色素貧血[ja.wikipedia.org] まれに他の 悪性腫瘍 が原因で慢性的に出血して欠乏貧血を生じる事もある。特に偏食をしているわけでもない男性が欠乏貧血であった場合、しばしば消化管からの慢性的な出血を疑う。 欠乏貧血の診断はさほど難しくはないが、診断・治療にあたっては下記のように原因を検索する必要があり、その際出血の有無、出血源を調べる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 食道炎
    不足: 狭いQRS複合体
  • 胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 消化管出血

    長期間の少量の出血は欠乏貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。 上部消化管出血は下部消化管出血より一般的である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 溶血性貧血

    溶血性貧血(ようけつせいひんけつ、hemolytic anemia)とは、赤血球が破壊されることによって起こる貧血。赤血球が破壊されることを溶血と言い、本症は溶血で起こる貧血なので溶血性貧血と言う。 原因としては細菌感染、何らかの毒素、血漿浸透圧の極度の低下などがある。一方、アレルギー(抗原抗体反応)によるものもあり、この場合、赤血球を異物と誤認して、抗体反応によって赤血球が破壊されて発生する。 抗酸化作用を有するビタミンEが欠乏し、生体膜で活性酸素が存在すると脂質過酸化反応により過酸化脂質が連鎖的に生成され、膜が損傷し、赤血球で溶血が起こるなど生体膜の機能障害が発生する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 肝硬変

    肝硬変(かんこうへん。英語、Liver[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 胃潰瘍
    不足: 狭いQRS複合体
  • 十二指腸潰瘍
    不足: 狭いQRS複合体
  • 心房細動

    第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました 第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)で、臨床上特に深刻となる頭蓋内出血については、プラザキサ 150mg 2回/日、110mg 2回/日の2用量とも、ワルファリンと比べて有意に発現を抑制しました 本邦で承認された用法・用量は、通常用量150mg(プラザキサ カプセル75mg 2カプセル) 2回/日、必要に応じ110mg(プラザキサ カプセル110mg[…][prtimes.jp]

    不足: 鉄欠乏性貧血

さらなる症状