Create issue ticket

考えれる152県の原因 狭いQRS複合体, 運動耐性障害

  • 心房細動

    第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました 第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)で、臨床上特に深刻となる頭蓋内出血については、プラザキサ 150mg 2回/日、110mg 2回/日の2用量とも、ワルファリンと比べて有意に発現を抑制しました 本邦で承認された用法・用量は、通常用量150mg(プラザキサ カプセル75mg 2カプセル) 2回/日、必要に応じ110mg(プラザキサ カプセル110mg[…][prtimes.jp]

  • 心房粗動

    心臓の病気について 心房粗動 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 奥山 裕司 1.始めに 心房粗動は、弁膜症や心筋症といった心房に負荷がかかるような心臓病がある場合や、高血圧のため心肥大がある場合などにおこりやすい不整脈です。いろいろと検査してもこれと言って異常の無い場合もあります。心房は1分間に240以上の回数で興奮(収縮)していますが、心室に伝わる割合が様々であり症状も多様です。 心房粗動では心房の中に血栓ができて、それが剥がれて流れて行き、脳梗塞を発生することがあるため、少なくともずっと心房粗動が続いているような場合には血栓の予防薬を服用する方が良いです。 2.心房粗動とは[…][new.jhrs.or.jp]

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 病的肥満

    ホーム 先行研究ほかデータベース テキサス州の州境2地域における病的肥満率の動向は、身体活動・座位中心の行動・食行動の傾向によって裏付けられるか? [Do Trends in Physical Activity, Sedentary, and Dietary Behaviors Support Trends in Obesity Prevalence in 2 Border Regions in Texas? ] 2011年 著者:Ezendam, Nicole P. M.; Springer, Andrew E.; Brug, Johannes; Oenema, Anke; Hoelscher, Deanna H.[…][m-alliance.j-milk.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 慢性疲労症候群

    そのほかにも、微熱、リンパの腫れ、頭痛、筋肉痛や関節痛、咽頭痛、筋力低下、脱力感、記憶力や集中力の低下、睡眠障害、起立不耐性(長時間立位、座位が保てない)など、多系統にわたる慢性の症状が長期間続きます。 運動失調、歩行障害などの症状を持つ患者もいます。[markhouse-projects.com]

    不足: 狭いQRS複合体
  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

    不足: 狭いQRS複合体

さらなる症状